隣のオッサンは青いか?[ライフスタイル編] Vol.18
2020.02.07
LIFE STYLE

3人に1人が悩んでいた! 40代男性の“冷え性”白書

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

実は近頃、男性でも冷え性で悩んでいる人が増えているという。女性同士が冷え性に関するさまざまな悩みを共有し、対策を講じている姿は容易に想像がつくけれど、「実はオレ、冷え性なんだ」と言い出せない男性って、意外と多いのではないかと。立春を過ぎたとはいえ、寒い時期はまだまだ続く。そこで今回は、隣の40代男性の冷え性の実態を調査してみた。

隣のオッサン

40代男性の30%以上が冷え性で悩んでいた!

Q.あなたは冷え性ですか?
・冷え性である 32.6%
・冷え性でない 67.4%

まず、40代男性の中で冷え性である、と答えた人は30%以上という結果に。女性では冷え性で悩む人の割合がおよそ7割とされることと比較すれば少なく感じるものの、「3人に1人の男が冷え性」と考えると、「オレ、冷え性なんだよね」っていうヤツ、そんなにいるか?と意外な気もしてくる。では具体的にどこの冷えに悩む人が多いのか? 次の回答結果を見てみよう。

Q.(冷え性であると答えた人に)体のどの部分に冷えを感じますか?(※複数選択式のため回答比率で表記)

・足 91.8%
・手 63.9%
・下半身 8.2%
・腰 4.9%
・内臓 4.9%
・腹 1.6%

これはド定番の末端部分の冷えに回答が集中。足の冷えは9割、手の冷えは6割と、とにかく多い。ダウンブーツやダウンスリッパの人気が高いこともうなずける結果だ。一方で、女性に多い“腹の冷え”を選択した人は非常に少ない。男の腹巻は、そんなに需要がないのかもしれない。

NEXT PAGE /

隣のオッサン

男の冷え性は恥ではない。積極的に対策を!

Q.(冷え性であると答えた人に)どんな冷え性対策をしているか教えてください。(※複数選択式のため回答比率で表記)

・体が温まる食べ物をとる 47.5%
・シャワーだけでなく入浴をする 39.5%
・タイツを履く 34.4%
・靴下を二重にして履く 29.5%
・軽い運動を習慣にする 19.7%
・冷たい飲み物を飲まない 9.8%
・その他 3.3%
・特にない 18.0%

次に、男性の冷え性対策としてどのような方法が支持されているのが見ていこう。多かったのは「体が温まる食べ物をとる」や「入浴をする」という回答。男性としては手軽かつ取り入れやすい方法といえる。ヒートテックなどでお馴染みのタイツも、男の冷え対策アイテムとしてすっかり市民権を得ているようだ。また、足の冷えに悩んでいる人が多かったことの裏付けとして、「靴下を二重に履く」という回答も約30%の人が選択している。さらに、軽い運動によって血行を促進することで冷えを解消するという人も少なくない。道具に頼らず根本から改善しようする意識の高い人も20%弱。これは冷え性対策だけにとどまらない、健康志向の高まりが垣間見える。

Q.(冷え性であると答えた人に)冷え性であることをまわりに秘密にしていますか?
・秘密にしている 9.8%
・秘密にしていない 90.2%

最後に、やっぱり冷え性であることをまわりに言うのは男として憚られると考える男性諸君。結果は意外や意外、「冷え性であることを秘密にしている」と答えた人はごくわずか。コチラの認識がもはや古かったことを痛感させられる結果である。「女性みたいで格好悪い」「ジジイくさいと思われる」などとコソコソする必要は、もうないのだ。情報収集もかねて、職場の女性に冷え性に関するお悩み相談をしてみるのもアリかもしれない。

ファストアスク=アンケート協力
対象:40代男性195人

# アンケート# 冷え性# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む