https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019_0117_7/

御徒町のビアバーで、ニーチェ推しの看板娘に元気をもらった

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板娘という名の愉悦 Vol.48
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

世界のビールを供する店は珍しくない。しかし、世界の「生ビール」となると相当レアだろう。旅人気分で訪れたのは御徒町。

アメ横前の横断歩道
上野駅とアメ横で繋がっている。

JR御徒町駅から徒歩20秒という好立地にある「Hitch×kakeru*(ヒッチとカケル)」は、世界一周を果たした夫婦が営む店だ。

外観の写真
店はカラフルな階段の上。

常連客からは「ヒチカケ」という愛称で親しまれている。ドアを開けると楽しそうに働く看板娘の姿が見えた。

店内の様子
毎日がパーティーのような賑やかな内装。

冷蔵庫には見たこともない世界のビールがずらりと並んでいた。

世界のビール
70種類以上のビールが選び放題という天国。

しかし、お目当ては4基のサーバーから注がれる生ビールだ。「レアな樽は1日で空いちゃうこともあります」と看板娘。では、オススメをいただこう。

生樽の種類は日々変わるため、まさに「一期一会」の出合い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12