知ってるつもりの彼女のキモチ Vol.6
2019.12.05
FAMILY

家事ができない夫、必読! 平和で幸せな家庭に「ある」ことと「ない」こと

知ってるつもりの彼女のキモチ●あなたは、そばにいる女性の気持ちを、本当にわかっているだろうか? 服装、遊び、家事、仕事。どこか、ひとりよがりになってはいないだろうか? 会社の部下、同僚、取引先のあの人、妻……彼女たちの本音を知って、我がふり直せ。

「打算ではなく愛情」。これまで1000件以上の夫婦や家族の相談に乗ってきたコラムニスト、ミセス・パンプキンさんに、家事のみならず、夫婦関係を良好に保つための心構えを賜った前回

では、家事に不得手な夫たちに成す術はないのか? 答えは否。できないなら、できないなりに心がけるべきことがあった!


PROFILE
ミセス・パンプキン●4人の子を育て、ニューヨーク州弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士と、それぞれの道へ羽ばたかせたスーパーマザー。その経験をもとに、2013年から、東洋経済オンラインにてミセス・パンプキンの人生相談室を連載。のべ1000件以上もの夫婦間、家族間の相談にのってきた。『世界中のエリートの働き方を一冊にまとめてみた』『最強の働き方』(ともに東洋経済新報社)の著者であり、実子のひとり、ムーギー・キム氏との共著、『一流の育て方』(ダイヤモンド社)、『最強の人生相談』(東洋経済新報社)も話題。


「幸せには“仕合わせ”がある」

前回のお話を聞いて、家事に対する考えを改めた読者もいるかもしれません。

とはいえ、仕事をサボってまで家事をする必要はないですよ(笑)。無理なくできることをするのが第一。なかには、共働きのご夫婦ですと当番制の話も耳にします。けれど、それは変な話だと私は思うのです。

例えば、食事の準備が妻の役割だとして、先に夫が仕事からお腹を空かせて帰ってくるとしますでしょ。でも食事の準備は自分の役割じゃないから妻が帰ってくるまで何もせず待っているなんて、すごくナンセンスだと思いません? 自分が料理をしたら奥様は絶対に楽ですよね。それが本当の助け合いだと思うんです。

広辞苑で「幸せ」を調べたら「仕合わせ」という言葉が出てきます。仕事を分けずにふたり合わせて考える。それが家事をする上では大切。いい言葉だと思いますね。

—なかには、家事が苦手という夫もいると思います……。

例えば料理をするうえで、最高の楽しみは何か分かりますか?

—やはり食べることですかね〜。

「美味しい」と言って食べてもらうことです。言われたらまた次も頑張って作ろうとなりますから。料理家の栗原はるみさんが『ごちそうさまが、ききたくて。』というタイトルの本を出してらっしゃいましたけど、まさにその通りだと思います。

みんな「美味しかった」が聞きたくて作るんですよ。それも毎日。「家にいたら家事くらいしかやることないでしょ」、みたいな態度をとるよりも、毎日「美味しかった。ありがとう」と言ってください。それは場合によっては、手伝いよりも何倍も妻は嬉しいと思いますよ。

—ひと言かけるだけでも違うんですね。

些細なことでもいいのです。子供の相手をするだけでもいい。育児中の母親は、みなさんが思っているほどゆっくり子供と話してあげられないのです。だから、それだけでも本当にありがたい。料理や掃除が得意じゃなくても、お互いのためにやれることはたくさんあるんですよ。

NEXT PAGE /

「家事のことで相手を責めない」

—勉強になります!

それこそ、家事に終わりはないわけでしょ。永遠と続いていくもの。掃除であれば本当にキレイにしようと思うと、毎日それこそタンスの裏も天井も丁寧にやらないといけません。完璧なんて目指したらキリがない。だから、自分でやる場合も、自分ができなくて妻に任せている場合でも完璧を求めず、「埃ひとつで死ぬわけではないから」と寛容な心でいること。とにかく、家事のことで相手を責めない。それはとっても重要です。

—それもひとつのサポートの形なんですね。

家事にゴールはないですし、完璧もありません。キレイに掃除してもどこからともなく出てくるのが埃。小さいことで妻にイライラしていたら、男としての度量が疑われますよね。だから、広い心で、パートナーを少しでも楽にさせてあげるように。「今日もありがとう」「これ作るの大変だったでしょ?」「これ、すごく美味しいよ」など、ひと言声をかけるだけでも、全然違います。そしてそれは、下手ながらも頑張って家事をしようとする夫へも同じですが。

 

「何よりのご褒美は、自由な時間があること」

—ほかに妻が喜ぶことといえば?

どうでしょうねぇ。人それぞれだとは思いますが、私の場合、夫が月に一度、私が友達と過ごせる自由な時間をつくれるようにしてくれていました。まあ友達との飲み会ですね(笑)。それがもう嬉しくてねぇ。日々、大家族の料理、お風呂、掃除、子供の面倒をずっとやっているわけです。でも、それがあったから頑張れるところはありましたね。

—それ、いいかもしれませんね! とにかくやってるよアピールは無意味?

バレてますからね(笑)。

—すみません!

そう。自分のパートナーを幸せにできないで、他人を幸せにはできないですから。外面ばかり良くて、家では何もせず、口だけ出して怒っているような夫はいただけません。女優のカトリーヌ・ドヌーブさんがおっしゃるには、人は25歳を超えてからは心が顔に出るそうです。ぜひ、皆さんも愛情を持って相手を思いやりながら、素敵な表情で日々を過ごしていただきたいですね。

 

どうしても家事ができなくても、妻を支え、幸せにする方法はたくさんある。そのベースにあるのは、「やっぱり愛情ですよ」とミセス・パンプキンさんは言う。

そして、不倫、お金、ギャンブル、暴力、もしくは実家の嫁姑問題など、普段彼女のもとに届く相談はいっそう深刻なものばかりだという。そのため、「そもそも家事の分担や掃除でもめているなんてのは、お互いに感謝すべき平和でハッピーな家族ということよ」とニッコリ。

 

菊地 亮=文

# 女性目線# # 家事
更に読み込む