左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.108
2019.11.20
LIFE STYLE

まさに音のタイムマシン! 懐かしくも新しい「ウォークマン40周年記念モデル」の魅力

>連載「オッサンIT化計画」を読む

ウォークマン

「ウォークマン」の誕生40周年記念モデルとして、ソニーからポータブル音楽プレイヤー「NW-A100TPS」(実勢価格:4万6200円[税込]/編集部調べ)が、2019年12月15日までの期間限定で注文受付中。カセット世代には懐かしすぎるギミックを搭載しつつも、ハイレゾ音質に加えストリーミングサービスにも対応した注目の最新機種だ。

「お、ウォークマンじゃん、懐かしいモン持ってるね!」と青春時代をともに過ごした同世代から注目されることは必至。細部にまでこだわり抜かれた質感は目を見張るものがあるが、中身はあくまで“最新”。スマホで音楽を聴くことにすっかり慣れてしまった“今”でも遜色なく、むしろ新しい感覚で聴くことができるはずだ。“ウォークマン世代”の40男ならずとも見逃せない、ウォークマン40周年記念モデルの魅力をレポートしよう。

 

発売当時のデザインに最先端機能を詰め込んだ特別モデル

「音楽を持ち歩く」ことを可能にした、20世紀を代表する発明品のひとつである、ソニーのポータブルカセットプレイヤー「ウォークマン」。1979年に発売された初号機「TPS-L2」(当時の販売価格は3万3000円)を使っていたという人は、さすがに少ないかもしれないが、40代男性の多くが、ウォークマンに代表されるポータブルカセットプレイヤーのお世話になっていたに違いない。

今回レポートする「NW-A100TPS」は、そんなウォークマンの誕生40周年を記念して発売された限定モデルである。同時に発売されたポータブル音楽プレイヤー「NW-A105」(実勢価格:3万5200円[税込]/編集部調べ)と機能は同等だが、初号機「TPS-L2」をイメージした専用カバーが付属しているほか、ウォークマンの登場とともに幕を開けた80年代を彷彿させるパッケージなど、記念モデルにふさわしい特別仕様となっている。

ウォークマン
誕生当時のロゴをメインに据えた「NW-A100TPS」の外箱。 
ウォークマン
限定モデルらしく、内箱も凝った仕様に。
ウォークマン
内箱を開けたところ。「TPS-L2」そっくりな専用カバー(左)が付属している。本体背面には、40周年記念ロゴがプリントされている。
ウォークマン
40周年記念の「シール」(2種)がオマケに。いかにも80年代的な遊び心を感じさせる。

写真をみればわかるように、外箱からワクワクさせてくれるデザインになっているのは、流石の一言。機能的には同等品の「NW-A105」に比べ1万円ほど高価だが、その価値は見た目だけでも十二分にあるといえるだろう。

NEXT PAGE /

総削り出しのアルミキャビネットなど音質へのこだわりも最先端

今どき「音楽を持ち歩く」ツールといえばスマートフォンが一般的になっている一方、音質や操作性の良さを求めて、ポータブル音楽プレイヤーを選ぶ人も少なくない。その点でも「NW-A100TPS」は、値段以上の価値を提供してくれる。

総削り出しのアルミキャビネットに象徴されるように、本体素材や設計から音質にこだわっているほか、ソニーのフルデジタルアンプ技術「S-Master HX」や5基の高分子コンデンサー搭載など、当然ながらスマートフォンとは一線を画す、高音質を追求した特徴を備えている。

本体のボタンで音楽回りの基本操作が完結しているのも、スマートフォンにはないメリットだ。

ウォークマン
もっともよく利用すると考えられる音量調整ボタンが一回り大きくデザインされているなど、使い勝手にもこだわった「NW-A100TPS」の側面ボタン類。

ハイレゾ対応の高級ヘッドホンやイヤホンのなかには、音楽コントロール機能を備えていない製品もあるため、本体の操作ボタンが使いやすく工夫されているのは、うれしい配慮といえるだろう。

遂にAmazon MusicやSpotifyなどストリーミングサービス対応

またしてもスマートフォンとの比較になってしまうが、実は「NW-A100TPS」(NW-A100シリーズ)はOSにAndroidを採用している(OSのバージョンは9)。3.6型(1280×720ドット)のタッチパネルでの操作は、まさにスマートフォンそのものだ。

ウォークマン
「NW-A100TPS」の起動画面。Androidスマートフォンのユーザーなら、まったく迷わずに操作できるはずだ。
ウォークマン
ネットに接続していれば、GmailやYouTubeなどのアプリも利用可能。GPSは内蔵されていないので、本体のみで地図アプリを使うのは、精度的に難しいかもしれない。
ウォークマン
画面サイズは小さめだが、Webサイトの閲覧もちゃんとできる。

アプリストア「Googleプレイ」にも対応しているので、ゲームを含めほとんどのアプリがインストール可能。そこで、もっとも注目すべきなのは、ハイレゾ音源の提供を開始したAmazon MusicやSpotifyといったストリーミングサービスを、スマートフォンと同様に利用できる点だろう。

ウォークマン
「Amazon Music」アプリの再生画面。通常のスマートフォンとまったく同様に操作できた。

ウォークマン40年の歴史のなかでも、これは特筆すべき進化といえる。ネット接続が前提になるとはいえ、あらかじめカセットテープを用意したり、本体のメモリにダウンロードしたりすることなく、思いついたその場所で、聴きたい曲を聴くことができるのだから。

しかも非ハイレゾ対応のストリーミング音源でも、独自技術の「DSEE HX」により、ハイレゾ級の音質にアップスケーリングしてくれるというから驚き。これぞ、専用機ならではのメリットだ。

その昔、初めてウォークマンを持って街に出かけたとき、目に映る光景のすべてが「BGMつき」になる体験に衝撃を受けたという人って、筆者のほかにも結構多いはず。それがストリーミングサービスを使えば“BGM”の選択肢は、ほぼ無限大となる。たとえばあの日、放課後の校庭で見たような夕焼けに偶然遭遇した感動を、当時よく聴いたヒット曲を検索して再生すれば、さらに盛り上げることだって簡単にできてしまうのだ。

もちろん、ストリーミングサービスの利用は他モデルでも可能だが、レトロなカバーを身にまとうことができる40周年記念モデルなら、音楽が持つ一種の「タイムマシン」的効果を一層高めてくれるに違いない。

NEXT PAGE /

音質でデザインが変わるカセットテープの再生画面が面白すぎる!

「タイムマシン」という点でいえば、CDからリッピングした音源データなどを再生する、ソニーのプレイヤーアプリ「w.(ダブルドット)ミュージック」も、「NW-A100TPS」(NW-A100シリーズ)に搭載されたバージョンでは、ユニークな機能を装備している。

ウォークマン
「w.ミュージック」の基本画面。使い勝手は、一般的な音楽プレイヤーとほぼ同等。画面を上下左右にスライドさせることで、さまざまな機能にアクセスできる。

端末またはメモリカードに保存されたハイレゾ音源の高音質再生に適しているのはもちろんだが、なんと再生中の待機画面に、カセットテープの画像(しかもちゃんとリールが回転している!)が表示されるのだ。

ウォークマン
「w.ミュージック」の再生中に表示されるカセットテープの“再生動画”。もちろん「METALLIC 46」は、実在したソニー製カセットテープだ。残念ながら、ストリーミングサービスの音源はダウンロードしても「w.ミュージック」では再生できない。

似たような機能を持つ音楽再生アプリはあるものの、こちらについては表示されるカセットテープのデザインが、かつてソニーで発売されていた商品そのままになっているのが大きな魅力。しかも、低音質のMP3音源ならノーマル、FLACなどの高音質音源ならメタルというように、音質でテープの種類が切り替わるギミックまで用意されている。

ウォークマン
専用カバーを装着したところ。窓の部分から、テープが回転する様子を確認できるようになっているのが、まったく当時そのままで感動的。

ラジオのエアチェックはノーマルで、友達から借りたレコードはメタルで録音、というようにシチュエーションでテープの種類を選んでいた世代なら、文字通りタイムマシンで過去に戻ったかのような錯覚におちいってしまうはず。ビニール盤に続きカセットテープを再評価しだしたという若い世代にとっても、新鮮な感覚で楽しめるだろう。

ウォークマン

このように、これでもか! というほど、ハード&ソフトの両面に40年の集大成を詰め込んだ記念モデル「NW-A100TPS」。音質だけでなくデザインやギミックに込められた遊び心を通じ、音楽を楽しむというユーザー体験を提供してくれる点は、ソニーの面目躍如といったところだ。受付終了後はプレミアがつくこと必至。少しでも気になった人は、早めに注文を済ませておくべきだろう。

 

石井敏郎=写真・文

# NW-A100TPS# ウォークマン# オッサンIT化計画# ソニー
更に読み込む