2019.10.11
LIFE STYLE

自己破産は怖くない? 弁護士に聞いた「借金を返せないとどうなるの?」

連載「賢い借金」
ローンや借金というと、ネガティブに捉えがち。でもちょっと待った! 借金とは、いわば“未来のお金を先に使うこと”。使い方次第で利用価値は大いにある。家やクルマといった大きな買い物も増える年代。一度フラットに借金を考え直してみよう。

住宅やクルマのローンなど、30代後半になれば「借金」を利用したいシーンも増えてくる。そこで前回、債務整理3000件の相談実績を持つ“敏腕”弁護士の鈴木淳也氏に「賢い借金」のコツを教えてもらった。

このとき言われたのが「たとえ借金を返せなくなっても、十分にやり直せる」との言葉。けっこう半信半疑だけど、先生が言うなら詳しく聞いてみたい! ということで、返済不可の場合にどうなるのか、いろいろと質問をぶつけてみた!

鈴木さん鈴木淳也/大手法律事務所で活躍したのち、2018年4月に鈴木淳也総合法律事務所を設立。借金の債務整理から企業法務など幅広く対応。気象予報士や防災士の資格も保有するマルチ弁護士。


自己破産は、あまり痛くない?

鈴木先生

--3000件も債務整理の相談を受けていると、いろんな人を見ていますよね。「もう人生終わりだ」みたいに落ち込んでいる人とか……。

まあ、それはそうですね(笑)。でも、その逆もありますよ。

--逆ですか?

はい。あるとき、借金が返せず債務整理の相談に来た方は、自分がはめている腕時計の自慢をし始めて……。「手動でネジを巻くんです」とか。正直、心の中で「今はそんな場合じゃないでしょう」と思ったり(笑)。

--楽観的というか何というか……。そんなケースでも、先生の敏腕でうまく債務整理を成功させるんですか?

債務整理といっても、そんなに難しいことはありません。私たちはその手続きを担うのがメインで、揉めることは少ないですね。ほぼ成功します。

--ほんとですか? 借金を返せなくなって債務整理って、人生の終わりだと思っているんですけど。

皆さんそう思いますよね。前回少し話しましたが、人生終わらないですよ。債務整理は、自己破産や民事再生、任意整理といった「返済不可の場合の解決手段」の総称ですが、どれもそのあとのダメージは決して大きくない。

破産手続開始・免責許可申立書
債務整理を行う人に記入してもらう、「破産手続開始・免責許可申立書」。なかなかハードな書類に見えるが……。

--自己破産も? “破産”って言葉のインパクトわかっています?

わかっています(笑)。自己破産の場合、税金などの一部を除いてほとんどの借金が帳消しになります。その分、失うものが多いかというと、そうでもないんですね

--みんなに知られて仕事辞めなきゃいけないとかは?

それはないですね。基本的に、お金を貸している業者は正当な理由なく勝手に職場へ連絡してはいけないんです。職場からの借入がない限り、職場に知られる可能性も低いですね。

--怖い人が取り立てに来たりは?

今はその辺のルールもかなり厳しくて、正当な理由なく、早朝や夜間に業者が勝手に押しかけるのは絶対NG。押しかけても「帰ってください」と言われたら業者は帰らないといけません。連絡の時間帯も、早朝や深夜はダメなんですよ。そもそも、弁護士に債務整理を依頼すれば、その後業者は取り立てや直接連絡はできなくなります。債務整理の手続きをきちんと取っていれば大丈夫なんですよ。


NEXT PAGE /

結婚していれば、債務整理のあとも今まで通り

鈴木先生

--そうなんですか……。マンガとVシネの世界を信じていたので。

それは昔の話、あるいは相当な闇の世界の話ですね。一般的な業者なら、返済できていなくてもきちんと連絡すれば大丈夫です。

--でも、自己破産すると当然大きな買い物はできないですよね。いわゆるブラックリストに載るという……。

信用情報ですね。過去の延滞実績や債務整理の有無はひとり一人記録されています。でも、私の肌感覚ではその記録は10年も残らない。記録は消えていきます。

--10年耐えれば……。

耐えるといっても、債務整理の直後にまたすぐ大きな借金をしようとは思いませんよね。あと、結婚している方はほとんど支障もありません。

--どうしてですか?

もしも旦那さんが債務整理をしても、奥さんは関係ないですから。クレジットカードも奥さんのものなら今まで通り使えるし、収入があれば奥さん名義でローンも組めます

--ほお……。

自己破産をしても、今まで通りの生活をしている人が多いんですよ。そう考えると、すごくありがたい制度じゃないですか。その辺りの思考の切り替えですよね。これが前回話した「柔軟性」ですよ。

--なんか鼻につきますが、確かにそうかも。

自己破産のマイナス面を挙げるなら、弁護士などの士業や警備員など、一定の職種にしばらく就けなくなること。ただ、それも期間限定。それ以外の職業なら、たとえば企業も自己破産した社員をクビにすることはできません。

--他の人にバレることは?

「官報」という国の発行物に記載されますが、一般の方は見る機会がないですよ。まず影響はありません。

NEXT PAGE /

業者も「返さない場合」を織り込み済み?

書籍
鈴木先生の執務室にあった参考文献の数々。法律の世界には、知らないだけでぼくらを守ってくれている制度が存在する。

--そういえば、民事再生は自己破産とどう違うんですか?

民事再生は、借金を帳消しにするのではなく、圧縮する形。減額してもらうんですね。たとえば住宅ローンきっかけで、キャッシングなどの負債をした人は、住宅ローンは今まで通り支払って、ほかの借金を5分の1にしてもらうなど。

--自己破産のほうが良さそうですけど、民事再生にメリットはあるんですか?

さっき言った職種の制限などがないことですね。対象の職種の方は自己破産で失職してしまうので、民事再生を選ぶ人も多い。それと、遊興費やギャンブルなどで高額な借金を負った方は、自己破産をしても借金が免責されない可能性が高い。そのために民事再生を選ぶこともあります。ただ、こちらも自己破産と同様にそれほどのマイナスはありません。

--ほかにも債務整理の種類を挙げていましたよね。

任意整理ですね。自己破産や民事再生は裁判を行いますが、任意整理は当事者同士で折り合いをつける形。示談みたいなものです。主な債務整理は、その辺りでしょうか。

--ふと思ったんですが、貸す側はそんな制度を受け入れてくれるんですか? 自己破産とかガンガンされたら、商売あがったりじゃないですか。

貸金業者もビジネスですから、そこまで計算に入れて、トータルでプラスになるように全体の金利を設定しています。だから事業として続けられるわけです。逆に言えば、それだけ皆さんきちんと返済しているんですよ。

--なるほど。

何より大切なのは、こういった債務整理の詳細を知っておくこと。それだけで借金への怖さが薄れるんじゃないですか。最初から返さないつもりはダメですが、返せない場合の救済制度をきちんと知っておくと見方が変わりますよね。

--返せるかどうか不安で足踏みするなら、返せない場合の制度を知ったほうが先に進めそうですね。

そうですね。たとえば家を買いたいとき、事業を起こしたいとき、こういうことを知ったほうがずっとチャレンジしやすいわけです。

--なるほど、だいぶ借金の見方が変わりました。

あとは、すでに借金をしている人にもタメになる知恵がありますよ。もしよろしければこの後話しましょうか? 過払金のこととかも。

--なんだかんだ先生もお話好きですね。では次回お願いします!


有井太郎=取材・文 小島マサヒロ=写真

# 自己破産# 賢い借金# 返済
更に読み込む