オーシャンズな男は「ずばりDENIMに戻りたい」 Vol.20
2019.10.07
HEALTH

飲まずに老け込む? 飲んで若返る? 最強朝メシ “コールドプレスジュース” のすすめ

「コールドプレスジュース」という飲み物をご存じか? これはスロージューサーと呼ばれる低速回転式ジューサーを使い、野菜や果物に熱を加えることなく低温(コールド)で、ゆっくり強い圧力(プレス)をかけて、すりつぶして搾るジュースのこと。

最近、健康意識の高いアスリートやセレブリティたちの間で、朝メシ代わりのコールドプレスジュースが大流行している。その効果や簡単レシピについて聞いてみた。

 

野菜や果物の栄養を超・効率よく摂取する方法

教えてくれるのは…… 都田恵理子さん
コスメブランドのPRで活躍していた2013年に、体質改善を図るため、ヘルシーな食生活へシフト。ローフードマイスター(日本リビングビューティー協会)の資格を取得する。体の内側から健康になることをテーマにブランドPRや講演、イベントなどで活躍中。趣味はサーフィン。

人気の理由をローフードマイスターの都田恵理子さんはこう語る。

「スムージーのようにミキサーやブレンダーで作ると、超高速回転する刃で作るため、材料に熱が加わって酸化しやすくなり、野菜や果物に含まれるビタミンや酵素が失われがち……。その点、コールドプレスジュースは低速回転でゆっくりプレスするため、熱の発生が少なくて済むのです」。

つまり、食材の持つ栄養や味わいをそのまんま摂取できる、というわけ。

「そもそもローフードの考え方では、午前中は排泄の時間帯とされ、できるだけ胃腸を休めたほうがいいとされています。生の果物や野菜をそのまま食べたり、スムージーを飲む場合は、不溶性の繊維質が豊富に含まれているため、消化に時間がかかります。

ところがコールドプレスジュースは野菜や果物の繊維部分を含まないため、消化が早く栄養吸収率も高いことがわかっています。つまり、コールドプレスジュースなら、胃腸への負担を最小限に抑えつつ、必要なビタミンや酵素をたっぷり摂取できるんです」。

ヒューロムスロージューサー アドバンスド100
「ヒューロムスロージューサー アドバンスド100」スロージューサー界の王様ブランドといえば、ヒューロム。都田さんも愛用するフラッグシップモデルの「アドバンスド100」はスクリューと樹脂製フィルターで食材を搾る“分離搾汁方式”を採用した次世代モデル。網目のない樹脂製フィルターのおかげで、これまでの約6分の1の時間で洗浄を完了できるスグレモノだ。H46.2×W29.3×D21.1cm 4万9800円/ヒューロム 0120-288-859

実際に都田さんが作ってくれたものを飲んでみて、びっくり仰天! 果物や野菜の味が信じられないほど新鮮で、濃厚な味わいがする。サラサラとして飲みやすいだけでなく、水溶性の食物繊維がたっぷりと含まれているため、排便の促進や腸内環境の改善もばっちり期待できるとか。

「飲み始めて以来、私も夫も明らかに疲れが取れやすくなり、ほとんど風邪を引かなくなりました。朝、食事代わりに飲むと頭がシャキッとして、仕事がどんどんはかどります」。

朝イチのコールドプレスジュース。これはオーシャンズ世代にとって、最高の若返り朝メシとなりそうだ。

NEXT PAGE /

オーシャンズ世代のお悩み別CPJレシピ

「食材本来の味が引き出せるので、とにかく美味しいコールドプレスジュース。無農薬の食材が手に入ったときは皮ごと搾りましょう。搾って残ったものは、カレーやサラダに入れて食べましょう」と都田さん。今回はオーシャンズ世代の悩みを解消するためのレシピを教えてもらった!

「コールドプレスジュースレシピ」風邪を吹き飛ばすなら…… ビタミンとミネラルの宝庫・小松菜で勝負

風邪を吹き飛ばすなら……
ビタミンとミネラルの宝庫・小松菜で勝負
「カラダを温める小松菜に、自然治癒力を高めるリンゴ、消化促進効果が期待できる生姜を。体内の不要なものをデトックスして、体の機能を回復させるのが狙い。小松菜はカルシウムやビタミンC、鉄分が豊富なうえ、アクがなくて優しい味なのでジュースにしても飲みやすいんです」

【材料(1人分)】小松菜80g、リンゴ小1個、生姜ひとかけ
【作り方】小松菜は根元を切り落として長さ3〜4cmに切る。リンゴは6等分にする。生姜は皮をむいて薄切りに。材料をスロージューサーで搾汁して出来上がり。

 

NEXT PAGE /

「コールドプレスジュースレシピ」精力・スタミナをアップさせたいなら…… トマトとスパイス、オイルで胃腸を元気に

精力・スタミナをアップさせたいなら……
トマトとスパイス、オイルで胃腸を元気に
「精力やスタミナを向上させるには胃腸を元気にするのが先決。そのためにはビタミンCが豊富なトマトとスパイスとなる黒コショウの組み合わせがグッド。さらにオリーブオイルを加えるとトマトの持つ抗酸化物質・リコピンの吸収力がアップ。疲労回復効果のあるレモンの酸味もアクセントに」。

【材料(1人分)】トマト1個、セロリ50g、レモン1/2個、黒コショウ少々、エクストラバージンオリーブオイル少々
【作り方】トマトはヘタを取り、ひと口大に切る。セロリは長さ3〜4cmに、レモンは皮をむいて切る。搾汁したあと、オリーブオイルを数滴たらし、黒コショウを振る。

 

NEXT PAGE /

 

「コールドプレスジュースレシピ」夏バテが続くカラダをシャキッとするには…… オレンジとレモンのリモネンで心身リフレッシュ

夏バテが残るカラダをシャキッとさせるには……
オレンジとレモンのリモネンで心身リフレッシュ
「夏バテになると水分不足に加え、冷えた胃腸が弱ってしまい、消化力が衰えます。そこでリンゴの繊維で腸内の善玉菌を増やしつつ、生姜で胃の消化機能を促進させましょう。抗酸化作用のあるウコンも少々加えます。オレンジの香り成分・リモネンはリフレッシュ効果にも優れます」。

【材料(1人分)】リンゴ小1個、オレンジ大1/2個、生姜ひとかけ、レモン1/4個、ウコンパウダー少々
【作り方】オレンジとレモンは皮を向いてひと口大に、生姜は皮をむいて薄切りにする。リンゴは6等分にする。搾汁したあと、ウコンパウダーを振る。

 

NEXT PAGE /

 

「コールドプレスジュースレシピ」目の疲れを回復するには…… 疲れ目にはぶどうのアントシアニンが◎

目の疲れを回復するには……
疲れ目にはぶどうのアントシアニンが◎
「ポイントはぶどう。皮に豊富に含まれるポリフェノールの一種・アントシアニンには、眼精疲労の予防や抗酸化作用、老化防止、そして免疫力向上の働きが。食物繊維もしっかり摂れるので、便秘の解消にも役立ちます。目と粘膜のビタミンといわれるビタミンAが豊富なニンジンも忘れずに」。

【材料(1人分)】ぶどう200g、梨1/3個、ニンジン80g、レモン1/2個
【作り方】ニンジンとレモンは皮をむいてひと口大に切り、ぶどうは花軸から外しておく。梨は6等分にする。材料をスロージューサーに入れて搾汁すれば完成。

 

 

小林孝至(イタルスタジオ)、上樂博之=写真 押条良太(押条事務所)=編集・文

 

# STAY YOUNG# コールドプレスジュース# レシピ# ローフード
更に読み込む