37.5歳からの愉悦 Vol.108
2019.08.29
FOOD&DRINK

由比ヶ浜の海の家で、「チョッピー」の波音を聞きながら看板娘を堪能した

シーズン連載「海辺の看板娘という名の愉悦」
酒を通して人を探求する大好評ドキュメンタリー連載、「看板娘という名の愉悦」。普段は首都圏の飲み屋街を練り歩く筆者だが、せっかくの夏。趣向を変えて、我々の大好きな「海」へと繰り出すことにした。この夏は、潮香る海辺で出会った看板娘たちに酔いしれよう。

「海辺の看板娘」、ラストは由比ヶ浜の海の家。

地図
海水浴場として有名なスポットだ。
由比ヶ浜駅
鎌倉駅から江ノ電に乗り、2駅目で下車する。

自然派ワインに特化した角打ちに後ろ髪を引かれつつビーチを目指す。

外観
100年以上続く老舗酒店。

絶好の海水浴日和とあってビーチは大いに賑わっていた。

海の家
海の家が立ち並ぶ。

お伺いしたのは、厳選された国産黒毛和牛を提供する「かまくらBBQくらぶ」。

外観
今年の7月にオープンしたばかり。

店内には看板娘の姿。

看板娘
キッズコーナーを片付けていた。

好きなお酒を聞くと「芋焼酎の水割りですね」と力強いご回答。海の家で焼酎の水割り。いいではないか。

メニュー
「からり芋の水割り」(700円)をいただきましょう。
NEXT PAGE /

看板娘、登場

看板娘
「お待たせしました〜」

こちらは汐里さん(23歳)。名前も海の家の看板娘にふさわしい。

「趣味ですか? うーん、サーフィンとお酒を飲むことぐらいです(笑)」

彼女の失敗談が面白い。

「六本木のクラブイベントで飲みすぎて、ドレス姿のままクラブの裏口で寝ちゃったんです。目の前のガールズバーの女の子が心配して『コートあげるから帰りなよ』って。お礼を言って素直に借りて帰りました(笑)」

海
海を眺めながら聞くお酒の失敗談はオツなものだ。

 

そんな汐里さんは義侠心も持ち合わせている。

「これもほろ酔いの朝帰りで京急に乗ったときの話ですが、中学生の野球部の集団がめっちゃうるさくて。小さい子供が立っているのに席も譲らなくて、思わず注意しました。さらに、Tシャツに学校名が書いてあったからあとで電話してクレームを入れました(笑)」

昔の写真
2歳の頃。姉とお祭りに行く前の写真だそうです。

ここでオーナーの奥村さんが登場。彼もサーファーだ。

オーナー
焼肉屋から仕入れているという自慢の肉。

奥村さんいわく、「今日は『チョッピー』といって海から浜に打ち寄せる、バラバラな形の悪い波。。形が崩れるからサーフィンには向いていないんですよ」。

海
こんな波でした。
ジェットスキー
三浦のマリーナでジェットスキーに乗る汐里さん。

なお、奥村さんは「Looser」というウェットスーツブランドもプロデュースしている。汐里さんはその専属モデルでもある。体にジャストフィットするフルオーダースーツで3万7000円。

記念
お兄さんとともに。
NEXT PAGE /

海の家は開放感もあり、お客さんとの距離もぐっと縮まる。汐里さん目当てで毎年来てくれる人も多いという。

小学生とツーショット
こちらの小学生もそのひとり。

「ずっとお話しして仲良くなったんですが、後日『遊んでくれてありがとう』という動画メッセージを送ってくれました」

女性スタッフにも汐里さんの印象を聞いてみた。

「アイドル的存在。まず、笑顔が目を引くでしょう。仕事を覚えるのも早いし、まさに看板娘」

看板娘
「また、来年の夏に会おうね」

さて、小腹が空いたのでフードもいただこう。

メニュー
肉も気になるが……。

注文したのは「鎌倉侍カレー」(1500円)。鎌倉といえば鎌倉幕府を開いた武将の源頼朝である。芋焼酎の水割りもお代わりした。

内観
完璧なマッチング。

濃厚なルーとカラッと揚がったカツ。素晴らしい。

カレー
「チョッピー」の音を聞きながらいただく。

「海辺の看板娘」、ラストにぴったりのお店でした。今年の営業は8月31日まで。汐里さん、駆け込みで来る人、あるいは来年を目指す人に向けてメッセージをお願いします。

メッセージ
「しおぴ」と呼んでください。

 

【取材協力】
かまくらBBQくらぶ
住所:神奈川県鎌倉市由比ヶ浜4-1101-26地先
電話番号:080-3394-7319
www.kamakurabbq.com

連載「看板娘という名の愉悦」を読む

石原たきび=取材・文

# かまくらBBQくらぶ# 海辺の看板娘# 由比ヶ浜# 看板娘
更に読み込む