週末ファーマーズライフ Vol.2
2019.08.17
LIFE STYLE

知識ゼロ・手ぶらでOK。月1万円以内でオーガニック畑を手に入れる方法

連載「週末ファーマーズライフ」を最初から読む

連載「週末ファーマーズライフ」
都市部に住む大人の男の間で、ちょっとした話題となっている「週末農業」。子供の食育にもいいし、なにより土をいじって野菜と向き合えば、心も体もキモチいい! 週末ファーマーズ志願者たちに送る、農業スタイル提案。

シェア畑

自分で育てた野菜を美味しく食べる。自給自足とはいかないまでも、趣味と実益を兼ねた「プチ農業」に憧れを持つ人って、特に都会で暮らす男性の中に多いのではないだろうか。

そこでオススメしたいのが、農業の知識がまったくない人でも、気軽に農園での野菜づくりに挑戦できる、新しいタイプの貸し農園サービスだ。

その中から今回は、食育イベントなども積極的に開催している株式会社アグリメディアが運営する貸し農園サービス『シェア畑』を紹介しよう。

「挑戦したいけど難しそう」という悩みを解消する、サポート体制を整備

設備

都市部に住む人が菜園を持つための選択肢として、比較的メジャーなのは、いわゆる「市民農園」だろう。公立の市民農園も古くから各地で運営されており、安価にプチ農業が楽しめるサービスとして、ここ数年特に人気が高まっている。

とはいえ、そうした市民農園を借りれば、誰でもすぐに、簡単に野菜づくりを楽しめる、というわけではない。多くの市民農園が「農地を貸し出す」以上のサービスを行っていないため、農業の基本的な知識がない人や、小まめに農地を管理する時間の余裕がない人の中には、せっかく農地を借りたのに、途中で挫折してしまうケースが少なくないという。

そこで最近注目を集めているのが、『シェア畑』のような新しいタイプの貸し農園サービスである。

多田さん
ご自身も自宅から徒歩5分の場所のシェア畑で野菜づくりに勤しんでいるという多田さん。お子さんと畑に行くのが何よりの楽しみだとか。

「『市民農園を借りたものの、ノウハウが足りないために挫折してしまった』『憧れはあるが、大変そうなイメージがあるため、実践は諦めてしまった』といった声が多くありました。そんな野菜づくりをしたくても諦めてきた人たちの課題を解消するためのサポート体制を備えている点が、『シェア畑』の特徴です」(株式会社アグリメディア広報・多田正大さん)。

2012年からサービスを開始している『シェア畑』は、こうした新しい貸し農園のパイオニア的存在。提供エリアも、都市部及びその近郊が中心となっている。

のぼり

「例えば東京都内だけでも、現在30カ所以上の『シェア畑』を運営しています。農地に指定されているものの、実際には機能していない遊休地や、高齢化や後継者不足で管理が行き届かなくなっている土地って、都市部にも結構あるんですよね。そうした土地を有効活用することで利用者だけでなく、土地のオーナーにも好評をいただいています」(多田さん)。

NEXT PAGE /

農具・種苗・肥料、すべてを農園側が用意。日々の管理も代行可能

提供されるサービスのなかで、初心者にとって特に魅力的なのは、やはり「菜園アドバイザー」と呼ばれるスタッフの存在だろう。

シェア畑

主に野菜づくり経験者が担当しており、農作業のノウハウや基本的な知識を教えてくれるという。

「時期によってどんな野菜を育てると良いかなどをまとめた『作付計画』も、運営側で作成したものが利用できるようになっています。種苗もサービスの内に含まれているので、利用者が用意する必要はありません」(多田さん)。

ウネ
いつ・どの作物を植えるべきか、掲示板などでも教えてくれる。この写真はお手本となる畑。

さらに、農作業に必要な器具や肥料など、すべてのアイテムを農園側で完備している点も『シェア畑』の特色だ。

スコップ
スコップをはじめとした、基本的な農作業の器具はすべて借りられる。

つまり、ほぼ手ぶらに近い状態で野菜づくりを楽しむことができるのである。

設備
草刈鎌、麻ひも、肥料を計る計量カップまで常備。なんとも心強い。

野菜づくりといえば、小まめな世話が欠かせないと思っている人も多いだろうが、『シェア畑』の場合は、その心配もないという。

「畑での野菜づくりは、プランターでの野菜づくりとは異なり、毎日水をあげたりする必要はないため、頻繁に農園を訪れなくても大丈夫。夏場なら週に1度程度来園して、雑草取りや追肥などの作業を行うだけで、すくすくと野菜が育つはずです。さらにそれでも通う期間が空いてしまう場合は、有料オプションで作業の代行も行なっています」(多田さん)。

ちなみに『シェア畑』の野菜は、化学農薬を使用せず、自然由来の有機肥料で栽培されているため、子供たちと一緒に農作業をしたり、食育に役立てたりする場合でも安心できるそうだ。

シェア畑

できるだけ手軽に農業体験をしたい人はもちろん、農業を通じて家族や仲間との絆を深めたい人にとって、かなり魅力的な存在といえる『シェア畑』。

エリアや区画の大きさによって価格は農園ごとに異なるが、月に6000円から1万円程度。ほとんどの場合、9000円前後で自分の菜園が持つことができる(別途入会金が必要)。週末ファーマーを目指すなら、ぜひチェックしてほしい。


石井敏郎=取材・文 山本恭平=写真

# シェア畑# 農業# 週末ファーマーズライフ
更に読み込む