https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0404-8/

南浦和のもつ焼き屋で、都会の生活に染まれない看板娘に涙した

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板娘という名の愉悦 Vol.59
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

知人が看板娘を紹介してくれた。ありがたい話である。しかも、店主いわく「ウチのスーパーエース」とのこと。期待に胸を膨らませつつ、向かったのは南浦和。

南浦和駅
新宿駅から埼京線と京浜東北線を乗り継いで約30分。
満開の桜
公園の桜が見事に満開だった。

5分ほど歩いて「もつ焼き酒場 ひと声」に到着。

お店外観
なかなかお目にかかれない「生ホッピー」を取り扱っている。

店内を覗くと看板娘が働いていた。

店内
カウンターを拭くスーパーエース。

注文はもちろん「生ホッピー」。

サーバーから注ぐ看板娘
専用サーバーから丁寧に注いでくれる。

ほどなくして満面の笑みとともに「生ホッピー」が運ばれてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
奥渋谷の立ち飲み屋で、看板娘が宇宙に繋がる穴を教えてくれた
2019.03.28 / 37.5歳からの愉悦
半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
2019.03.21 / 37.5歳からの愉悦
人形町のスペインバルで、看板娘から∞の幸せオーラを受け取った
2019.03.07 / 37.5歳からの愉悦
鷺宮の焼きとん屋で、看板娘のピュアなトークに体温が4℃になった
2019.02.28 / 37.5歳からの愉悦
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12