左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.70
2019.03.05
LIFE STYLE

語学音痴の強い味方。リアルタイム翻訳機、最新2機種の性能を検証

>連載「オッサンIT化計画」を読む

ビジネス英会話

グローバル化が進むご時世で必須のスキルとされてはいるものの、この歳で語学を学ぶなんて正直シンドイ……と思っているオッサンも多いはず。そこで注目したいのが、ヒット商品となった「ポケトーク」を皮切りに、続々と登場しているリアルタイム翻訳機だ。

今回は、その中でもユニークな特徴を備えた最新2機種の使い勝手をレポート。イマドキの翻訳機は、僕らが憧れた“ほんやくコンニャク”に、どれだけ近づいているのだろうか?

 

音声はもちろん写真の文字まで翻訳してくれる「KAZUNA eTalk 5」

今回体験したのは「KAZUNA eTalk 5(以下カズナ)」(KAZUNA)と、以前にも別の記事で紹介した「WT2 Plus(以下WT2)」(タイムケトル)の2機種。

これらのガジェットを携帯することでコミュニケーションの取り方がいかに変わるかも含めて考えてみる。なお、どちらも価格は税込2万6870円(希望小売価格)。先行するポケトークを含め、リアルタイム翻訳機の価格は、2万円台後半から3万円程度に収まっているようだ。

まずは、カズナから見ていこう。こちらはポケトークと同じく、スマートフォンに似た情報端末型の翻訳機だ。

カズナ

メインとなる「しゃべって翻訳」の使い方は、まさにスマートフォンの翻訳アプリと同様。会話をする2人が使用する言語を選び、互いに端末のボタンを押しながら、マイクに向かって話しかける仕組みになっている。

カズナ

翻訳結果は音声のほか、画面上のテキストでも確認が可能だ。翻訳できる言語は70種類以上。中国語なら北京語、広東語というように、広いエリアで使用されている言語に関しては、いわゆる“方言”にも対応できる。

カズナ

先ほど「スマートフォンの翻訳アプリと同様」と書いたが、実際のところカズナやWT2を含む大半のリアルタイム翻訳機は、翻訳アプリと同様にGoogleやNICT(情報通信研究機構)などが提供する翻訳エンジンを利用している。言語にあわせ複数の翻訳エンジンを切り替えることで、翻訳の精度を高めているようだが、それでもスマホアプリに比べ、劇的に精度が高いとまではいかないようだ。

そこで評価のポイントとなるのが、アプリにはない使い勝手や専用端末ならではの“付加価値”ということになる。

カズナの場合、大きな魅力となるのは内蔵カメラで撮影した文字を翻訳する「撮って翻訳」機能だろう。

カズナ

「しゃべって翻訳」に比べ対応言語は少ないものの、日本人にとって比較的馴染みのあるエリアの言語はほぼ対応している。空港や駅の案内版やレストランのメニューなどに書かれた内容を、すぐ把握できるのはうれしいところだ。

SIMカードを差すことで、Wi-Fiルーターとして使えたり、カズナを持つ人同士限定だが、翻訳しながらのチャット(翻訳チャット)ができたりするのもユニークな特徴。

カズナ

ちなみに、電波が届かない場所でも内蔵の翻訳エンジンを使うことにより、対応言語数や精度は下がるもののオフライン翻訳ができる。こうした特徴を考えると、カズナはリアルタイム翻訳機の中でも、特に海外旅行のお供に適した機種といえるだろう。

NEXT PAGE /

ハンズフリーで会話できる点が魅力の「WT2 Plus」

一方のWT2は、写真のとおりイヤホン型のリアルタイム翻訳機だ。専用アプリをインストールしたスマートフォンと、Bluetooth経由で接続し利用するスタイルになる。

WT2 Plus

2個セットになっているため、うっかり両耳にはめてしまいそうだが、片方は自分用、もう片方は会話をする相手(ゲスト)用の端末だ。

WT2 Plus

翻訳機としての使い方は基本的にカズナと同様だが、WT2の場合、話を始めると自動的に録音→翻訳→相手側の端末で翻訳された音声の再生が実行される「自動モード」が用意されている点が大きな魅力と言える。

スマホ画面

なるべくゆっくり明瞭に発声したり、会話の“間”を多めにとったりといった配慮は必要だが、会話中に操作が必要ないところは、かなり“ほんやくコンニャク”に近い存在と言えるだろう。

雑音が多い環境で翻訳の精度を高めたい場合は、端末のセンサー(指紋の部分)をタッチ、またはアプリの画面上にあるボタンをタップすることで聞き取りを始める「タッチモード」を使う。

スマホ画面

いずれの場合でも、イヤホン型の端末だけに、翻訳された音声が直接耳に届く感じが、いかにも“リアルタイム”な印象を醸す。特に自動モードなら両手がフリーになるため、メモを取りながらの会話や、身振り手振りを交えた会話も可能になる。

とはいえ、自動モードは騒がしい環境では上手く動作しない弱点があるため、屋外での使用はちょっと厳しいところ。自動モードを中心に考えれば、海外旅行ならネイティブとより一層親交を深めることや、商談や打ち合わせなどビジネスシーンでの活用に向いている機種といえるかもしれない。

今回、2つのリアルタイム翻訳機を使ってみて思ったのは、海外旅行やビジネスシーンにおける“実戦登用”はもちろん、語学学習の教材としても、かなり役立つのでは? ということだった。

例えば、ユーチューブにアップされているTEDのスピーチ動画も、翻訳機を使えば字幕なしで、ある程度意味を理解できるため、いわゆる“聞き流し”学習の効果が期待できそう。実際、「ポケトーク」を含め多くの翻訳機が語学学習のためにも活用されているようだ。

結局は、語学学習の呪縛から逃れられない運命なのかもしれない……と思うかもしれないが、それでもリアルタイム翻訳機があれば、語学コンプレックスがかなり解消されるし、何よりコミュニケーションの補助としては打ってつけ。リアルタイム翻訳機は、グローバル社会に取り残されたくないオッサンにこそ、使ってほしいガジェットなのである。

石井敏郎=文

# オッサンIT化計画# ガジェット# 翻訳
更に読み込む
一覧を見る