十人十色の夫婦関係 Vol.9
2018.12.26
LIFE STYLE

フェアな関係を望み、選んだ「事実婚」。自分らしい”結婚”を実現した夫婦【後編】

[前編はこちら

事実婚の良さは、自分たちらしく「カスタマイズ」できること

一般的な法律婚であれば、基本的には婚姻届の提出をもって「結婚」は成立する。受理後、法律に則って夫婦の義務や権利が生じることになる。

一方、「事実婚」の場合、法律婚と同等レベルの夫婦関係を作るためには、さまざまな手続きを踏む必要がある。ただ、それをどこまでやるかはあくまで当人たち次第。夫婦の状況や希望に合わせ、“カスタマイズ”できるのが事実婚の特徴だと晋太朗さんは言う。

晋太朗さん「事実婚という言葉の定義は広く、簡単に言ってしまえば“法律婚ではない結婚関係の形はすべて事実婚”ということになります。ですから、人によってスタンスもやり方も全く違う。法律でパッケージ化された法律婚とは異なり、自分たちの意思で互いの権利や義務を設定し、ありたい形にするのが事実婚なのではないかと考えています」。

例えば、ふたりの住民票の世帯を同一化することで、事実婚の証明とするケースもあれば、夫婦間で契約書などを交わし、法律婚における権利や義務を明文化することもある。

晋太朗さんと萌子さんの場合、「責任ある家庭生活を確立させたい」という意思のもと、「事実婚に関する契約公正証書」を作成。契約書を交わすことで、夫婦別姓を維持したまま法的な結婚に近い関係を結んでいる。

取材では、実際の公正証書と遺言書を見せていただいた。

萌子さん「契約書は全部で25カ条。行政書士の水口尚亮さんのサポートを受けながら作成しました。水口さん自身も事実婚をされていて公正証書も作成していたので、水口さんの契約書の雛形をベースに、自分たちに合う形に変更しています」。

NEXT PAGE /

契約書や遺言書により可視化される「結婚の責任」

25カ条の内容は多岐にわたる。例えば、不貞行為を働いた際の罰則や、契約解除(法律婚における離婚と同等)の際の子供の親権、財産の分配にまつわる取り決めなど、かなり踏み込んだ内容も含まれている。これから人生をともに歩もうとするふたりが交わす書面としては、ややドライな印象も受けるが……。

晋太朗さん「でも、実はそれは法律婚でも同じことなんです。法律婚における民放の条文には、例えば配偶者に不貞な行為があった場合、離婚の訴えを提起することができると定められています。つまり、法律に則って結婚している夫婦も、目に見える形の契約書こそ交わしていなくても、婚姻届を出すことで発生する多くの権利や義務を負っているんです。ただ、それを意識されている方は少ないのではないでしょうか」。

確かに、結婚にあたり法律婚の民法の条文をきちんと把握してから臨むカップルは、そう多くないだろう。その点、晋太朗さんと萌子さんは、契約書を交わすことで結婚に伴う責任や違反を犯した際のリスクをしっかりと認識し、そのうえで夫婦生活をスタートさせている。そこには法律婚以上に堅実で、強い覚悟が感じられる。

晋太朗さん「結婚って、夫婦や家族関係が円満なうちは何も問題はないんです。それが例えば離婚するとなった途端、親権や財産をはじめさまざまな問題が一気に噴出する。どちらかが死んだ際には遺産の行方なども発生します。それらの問題を先送りせず、あらかじめ想定しておくことは、事実婚、法律婚に関わらず大事なことだと思います」。

萌子さん「もちろん、感情的なことを考えると、そこまでやらなくてもいいんじゃないか、せっかくの幸せな気持ちに水を差してしまうんじゃないか、という意見もあると思うんです。ただ、いつ何があるかわからないし、もしかしたら災害や事故でどちらかが急に亡くなることだってあるかもしれません。ですから、私たちは契約書と別に遺言書もお互いに用意して、もしものときに備えています」。

晋太朗さん「遺言書を書いておくことで、自分に何かあったときでもパートナーや子供を安心させられます。それに、遺言書を書くことで自身のライフプランを見つめ直し、これから先の人生について真剣に考えるきっかけにもなりました。20代、30代でこれから結婚しようという人って、自分が50年後に死ぬことなんてなかなか考えられないと思うんです。それを今のうちから考え、パートナーと共有しておくのは、夫婦生活や自身の人生を考える上でもいい経験になるはずです」。

NEXT PAGE /

いつかは法律婚を選ぶかもしれない。でも、今はこの形が合っている

事実婚を選ぶにあたり、さまざまなシミュレーションを行ったふたり。特に、法律婚をしていないことで直面しそうな問題については、徹底的に調べたという。

晋太朗さん「例えば、事実婚だと住宅ローンを夫婦の共有名義にできない、また、生命保険の保険金の受取人にパートナーを指定できない、といったデメリットがあると言われています。もちろん、そういった傾向はあると思いますが、最近は事実婚の夫婦に対しても柔軟に対応してくれる銀行や保険会社も増えてきています。世の中の流れや盛り上がりに応じて社会は変わっていきますので、そこはあまり心配していません。事実婚夫婦やLGBTのパートナー同士にも対応した住宅ローンや保険商品が出てくるのも、おそらく時間の問題でしょう」。

それでも懸念点はある。萌子さんが特に不安視するのは、子供の気持ちだ。

萌子さん「今、子供は私の戸籍に入っています。そのうえで、夫が子供を認知することで親子関係を証明していますが、夫と子供は苗字が異なります。子供がもう少し成長すれば、『どうしてお父さんと苗字が違うの?』と、疑問を持つと思うんです。そのときに傷つけることなく理解してもらうにはどうすればいいのか? その答えは、まだ用意できていません」。

そのほかにも、この先さまざまな壁にぶつかる可能性はある。それでも頑なに事実婚を貫くのだろうか?

萌子さん「私たちも法律婚の可能性を完全に排除しているわけではありません。やはり、ぶつかってみないと分からない困難はあると思いますし、法律婚したくなったらすればいいと考えています。ただ、現状の私たちにはこの形が合っているのかなと」。

もちろん、ふたりにとって最も望ましいのは法律自体が変わり、夫婦別姓を含む多様な結婚の在り方が認められること。晋太朗さんは、こう期待を寄せる。

「今まさに夫婦別姓の裁判が行われていますが、それが認められるだけで、これまで法律婚をためらっていた多くの人たちが一気に結婚へと流れるかもしれません。日本はまだまだジェンダーギャップが強い国だと思います。法律は本来、すべての人を保護するための仕組みであり、そうあるために時代とともに変化していくべきなんです。

私たち夫婦のようなケースだけでなく、ほかにも例えば非婚出産など、さまざまな夫婦・家族の形があります。これだけ多様な生き方や価値観が存在する時代、社会的にコンセンサスを作りながら、時代にマッチした新しい法律婚があって然るべきなのではないか。そう考えています」。

榎並紀行(やじろべえ)=取材・文

# 事実婚# 十人十色の夫婦関係
更に読み込む