37.5歳の人生スナップ Vol.33
2018.11.27
LIFE STYLE

“負けず嫌い”がゆえに、東京パラリンピックを目指すことになった男【後編】

前編の続き

パラスポーツに出会い、前向きさを取り戻した小林幸平さん

36歳、妻の影響でバドミントンと出会う

パラスポーツに出会い、前向きさを取り戻した小林幸平さん(39歳)。

車いすバスケットボールに打ち込むためにも、障害者職業能力開発校に通い、ブリヂストンに入社することになった。しかし、練習が忙しく、仕事が中途半端になることへの後ろめたさを感じるようになり、夢中になった車いすバスケを引退することを決める。

会社員とアスリートという両立の難しさを痛感するなか、36歳で車いすバドミントンを始めたのは、妻・悦子さんの影響だった。

「妻の練習相手になるうちに、競技のおもしろさにどんどんハマってしまいました」。

実は悦子さんも車いすバドミントンの選手。以前は車いすバスケの選手として活躍し、日本代表に選ばれた経歴をもつ。

「交通事故に遭った後、最初に車いすバスケを観に行く機会があったときに、僕を迎えに来てくれたのが妻でした」。

数年後、本気で車いすバスケに取り組むことを決めたときも、いつも先に練習場所にいたのも、悦子さんだった。

「いつ体育館に行っても先にいて、シュート練習してたりするんですよ(笑)。真剣で、熱意があって、バスケのことをいろいろ教えてもらうなかで、距離が縮まった感じです」。

照れくさそうに話す小林さんだが、言葉の端々から悦子さんへの愛が伝わってくる。妻と二人三脚で、今度は車いすバドミントンの世界に魅了されることになったわけだ。

「それまでバドミントンって見たことしかなくて、正直少しなめてたんです(笑)。バスケもできたから、すぐにできるだろうと」。

先にはじめていた悦子さんの練習に付き合ったことで、すぐにそれが甘い考えであったことがわかった。練習相手にすらなれない悔しさから猛練習を重ねた。

「車いすバドミントンって、駆け引きの世界なんです。どこに打つか、自分の戦略も重要だし、相手がどこに打ってくるか読めても技術が伴っていなければうまくいかない。これまた負けず嫌いの心に火がついてしまいました」。

NEXT PAGE /

2020年、夫婦でパラリンピックを目指したい

夫婦でパラリンピックを目指す小林幸平さん

そこから小林さんは本気で車いすバドミントンにのめりこみ、大会で勝利を重ねるようになる。一方、仕事の合間をぬって練習に取り組む小林さんの努力を見て、上司も後押しをしてくれるようになった。

一度は諦めた会社員とアスリートの両立を、会社が可能にしてくれたのだ。車いすバドミントンが2020年からパラリンピックの正式種目になったこともあり、さらにその熱は加速した。

「夫婦で2020年東京大会の出場を目指したいと思いました」。

とはいえ、小林さんが車いすバドミントンをスタートしたのはほんの3年前。パラリンピックまで時間も限られているなかで、競技を始めた時期が遅いことへの不安はなかったのだろうか。

「自分はできないって、あんまり思わないんです。そこが強みかな。まずはやってみようっていうのは、常に自分のなかにありますね」。

競技参加の年月や年齢に左右されないのは、パラスポーツの特徴でもあると小林さんは言う。健常者の場合、オリンピックを目指すほどの選手は幼い頃からその道を進む人がほとんどだが、障がい者は、社会復帰後に競技をスタートする人も多いため、可能性に満ちている。

「諦めなければ、障がいが重くても経験が短くても、勝てる可能性がある。自分の限界を決めずに楽しめるし、長く活躍できるのがパラスポーツのいいところです」。


積み重ねたものがあれば、いつかうまくいく日がくる

パラリンピック強化選手となった現在、当然視野にいれているのは2020年の東京パラリンピック。そのために、今は毎日、車いすバドミントンと向き合っている。年齢を重ねてくると、なかなかひとつのことに夢中になり続けることが難しいと感じる人は多いが、熱中し続けるためのコツはどこにあるのだろうか。

「同じことをやるにしても、意識を変えながら行うことでしょうか。例えばコートの奥に打つ、という同じメニューでも、相手を騙すように打つのか、自分が決めるために打つのかでは全く違う。同じことの繰り返しにみえても意識を変えるだけで、新たな発見があります」。

パフォーマンスを向上させるために、毎日の体温や食べたもの、練習時の気づきなどスマホのアプリを使ったメモは欠かさない。常に自身の日常のサイクルを見直し、戦略を練っているという小林さん。「できることがあれば、なんでも試したい。取りこぼしたくない」と語る貪欲さも、強さの秘訣なのかもしれない。

「10年後、20年後を見据えて、舞台に立ち続けたいです。一度は諦めた、会社員でありアスリートであり、という二足のわらじをはかせてもらえる会社には感謝していますし、仕事はもちろん、選手活動を通じて、会社に還元できる人間になりたいと思っています」。

うまくいかないときはどんなに無理をして頑張っても、うまくいかない、と小林さんは言う。それでも積み重ねたものがあれば、いつか、ふとしたタイミングで、物事が好転し始めるときが必ずくる。

「どんな状況でも自分が今できることを、ただ一生懸命やるだけだと思います」。

“諦めの悪い”小林さんの人生哲学は、人生の好機をただ待つだけではダメなのだと教えてくれる。苦しいときも、絶好調のときも、目の前のことを精一杯こなすことが、いつか大きな勝利に繫がる。

2020年に控えた大舞台で、小林さんは妻・悦子さんとともに、それを証明してくれるのではないだろうか。


小島マサヒロ=撮影 藤野ゆり(清談社)=取材・文

【関連リンク】
TEAM BRIDGESTONE /小林幸平
www.bridgestone.co.jp/chaseyourdream/team/kk.html


# 37.5歳の人生スナップ# バドミントン# パラリンピック
更に読み込む