https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-1011-5/

祐天寺の蕎麦居酒屋で、看板娘のリンゴのような笑顔に癒された

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板娘という名の愉悦 Vol.35
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

新蕎麦の季節である。ここはひとつ、連れの女性に「蕎麦の実が収穫されてから1、2カ月以内に提供されるものを新蕎麦と言うんだよ」といった蘊蓄を披露しつつ、蕎麦をズルッと啜り上げたいものだ。

そんなわけで、訪れたのは東横線で渋谷から3駅の祐天寺。残念ながら連れの女性はいない。

東口を出て、
栄通り商店街を進むこと2分。
目指す店に到着。

蕎麦と日本酒の店、「星ノ灯(あかり)」。入り口には「新そば打ち始めました」の文字。

力強い宣言。

店内に入ると看板娘らしき女性が開店の準備をしていた。

おそらく、この子だろう。

席に座ってドリンクメニューを開く。

「日本酒利き酒セット」が気になる。

世に数多ある「セット」の中で一番好きなセットだ。味の違いを詳説する語彙は持っていないが、何となくトクした気分になる。

厳選された日本酒たち。
このエントリーをはてなブックマークに追加
下板橋の居酒屋で、ささ身のようにレアな看板娘に舌鼓を打った
2019.01.31 / 37.5歳からの愉悦
歌舞伎町の居酒屋で、看板娘の口ピと舌ピに目が釘付けになった
2019.01.24 / 37.5歳からの愉悦
三軒茶屋の餃子バルで、看板娘の笑顔にひき肉のように包まれた
2019.01.10 / 37.5歳からの愉悦
有楽町のソーシャルバーで、OLラッパーの看板娘にノセられた
2018.12.27 / 37.5歳からの愉悦
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19
グレー基調のベーシックな装いを、ワイドパンツでフレッシュに
2019.02.19
お堅いコートも挿し色と小物で自分らしい装いに変化する
2019.02.18
ノーブルな装いに光るアイテム。フリースのキャップにやられた!
2019.02.17