https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-1011-5/

祐天寺の蕎麦居酒屋で、看板娘のリンゴのような笑顔に癒された

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板娘という名の愉悦 Vol.35
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

新蕎麦の季節である。ここはひとつ、連れの女性に「蕎麦の実が収穫されてから1、2カ月以内に提供されるものを新蕎麦と言うんだよ」といった蘊蓄を披露しつつ、蕎麦をズルッと啜り上げたいものだ。

そんなわけで、訪れたのは東横線で渋谷から3駅の祐天寺。残念ながら連れの女性はいない。

東口を出て、
栄通り商店街を進むこと2分。
目指す店に到着。

蕎麦と日本酒の店、「星ノ灯(あかり)」。入り口には「新そば打ち始めました」の文字。

力強い宣言。

店内に入ると看板娘らしき女性が開店の準備をしていた。

おそらく、この子だろう。

席に座ってドリンクメニューを開く。

「日本酒利き酒セット」が気になる。

世に数多ある「セット」の中で一番好きなセットだ。味の違いを詳説する語彙は持っていないが、何となくトクした気分になる。

厳選された日本酒たち。
このエントリーをはてなブックマークに追加
南浦和のもつ焼き屋で、都会の生活に染まれない看板娘に涙した
2019.04.04 / 37.5歳からの愉悦
奥渋谷の立ち飲み屋で、看板娘が宇宙に繋がる穴を教えてくれた
2019.03.28 / 37.5歳からの愉悦
半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
2019.03.21 / 37.5歳からの愉悦
人形町のスペインバルで、看板娘から∞の幸せオーラを受け取った
2019.03.07 / 37.5歳からの愉悦
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12