隣のオッサンは青いか?[夫婦編] Vol.67
2018.08.13
FAMILY

父としての自己評価は平均60点。忙しくてもいいパパになるには?

「隣のオッサンは青いか?」を最初から読む

2018年も、あっという間に上半期が終了。年の初めに、「今年こそ、家族との時間を大切にする」といった具合に目標を立てたオトーチャンも多いだろうが、この半年間の自分の“成績”はどうだっただろうか。36〜44歳の子供がいる既婚男性200人に、2018年上半期を振り返って自身の成績をつけてもらった(アンケート協力:アイリサーチ)。

2018年上半期、オトーチャンの平均点は「60.22点」

2018年上半期、オトーチャンの平均点は「60.22点」

2018年上半期、「父親としての自分の成績」を100点満点で自己採点してもらったところ、平均点は「60.22点」。

「100点:週末・平日問わず、理想の父親としての役割を果たすことができた」「50点:理想とまではいかずとも、父親として最低限の役割を果たすことができた」「0点:全く父親の役割を果たせなかった」という採点基準を鑑みると、オトーチャンとして「要所要所は押さえられた」といったところだろうか。

好成績の要因は?

好成績の要因は?

では、自己評価が高かった人たちは、この上半期、父親としてどのように過ごしてきたのだろうか。以下、好成績者のコメントを紹介しよう。

【99点】
「父親として時間があれば、子供や家のことに時間を使っていた。家族との時間を第一に働いていた」(36歳)

満点にほど近い男性は、この上半期で「家族第一」のライフスタイルを確立できた様子。空いた時間は自分のためではなく、まずは “子供”や“家事”のために使い、オトーチャンとしての役割を遺憾なく果たせたようだ。

【80点】
「家族を大切にしている。家事を増やし、掃除や手入れなどを習慣化した」(41歳)

この男性の高評価のポイントは、家事の“習慣化”。「妻に言われて取り組む」という人も多いなか、自主的に継続して家事に取り組むという姿勢は、ぜひ見習いたいものだ。

【70点】
「保育園の送迎や習い事の送迎、風呂入れやオムツ替えなど、やれることはやっている」(70点/36歳)

「自分ができることを精一杯やった」という点で、高得点をつけたオトーチャンも。子育てや家事を全て担うのはなかなか難しいが、まずは自分のできることをやる、というのがはじめの一歩なのかもしれない。

NEXT PAGE /

平均点以下のオトーチャンの“傾向”は?

平均点以下のオトーチャンの“傾向”は?

一方、自己評価が平均点を下回ったオトーチャンたちの意見を見てみると、以下の“傾向”がうかがえる。

【傾向1:仕事を優先し過ぎた】
「まだまだ仕事と両立ができていない。週末だけパパになるので」(50点/42歳)
「仕事ばかりでほとんど父親の役割を果たしていないので」(30点/41歳)
「仕事ばかりであまり子供に構っていないから」(0点/41歳)

【傾向2:収入面での反省】
「もう少し、家のためにしっかりと稼げれば良かった」(50点/43歳)
「持病のため欠勤する期間もあり、一家の大黒柱としては及第点には至れていない。しかし、できる限り働き、家族のためにも尽くすことができたとも思えるのでやや赤点程度かと思いました」(40点/38歳)

【傾向3:父親の役割がわからない】
「父親として、どこか子育てを放棄したいという気持ちがあり、我に帰ると情けなく感じる」(30点/39歳)
「父親の役割がいまいちわからないから」(10点/42歳)

どうやら低成績をつけた男性は、「父親として担うべき役割が果たし切れていない」、もしくは「そもそも父親としての役割がわからない」と、悩んでいるケースが多いようだ。

下半期、父として成績UPを狙うには……

下半期、父として成績UPを狙うには……

好成績者のなかには、

「父親としてどうあるべきか探っている状況のなかで、子供の悩みを聞き、愛情を注ぎ、笑いの絶えない家庭をつくり、律し、教え、正すことを自分なりに頑張っていると思うから」(80点/39歳)

と点数が低い人同様、「父親としてあるべき姿」に悩みつつも、できることを精一杯することで、自己評価を高められた人もいる。

父親として担う役割や、理想の父親像は各家庭によって違ってくる。理想の父親像を見つけるためには、家族が何を求めているのか、自分は何ができるのかを、正しく判断することが第一歩。

山あり谷ありの長い人生。うまくいかないことも多々あるだろうが、徐々にできることを増やして自己評価を高めつつ、「オトーチャンとしての満点」を目指したいものだ。

文=フジアマネ

# アンケート# 父親# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む