https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0714-1/

英会話に、プログラミング教育も必修化。小学校に入る前に習いごとは必要か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

37.5歳でパパになるキミへ「O父CHANSの心得」Vol.8
出産準備から小学校入学までの間、オレ中心ながらもきめ細やかな気配りで妻や子供を満足させるスマートなオトーチャンズ。そんなオトーチャンズの心得を紹介するこの連載の第8回は、プログラミング教育をはじめとした「習いごと」との向き合い方だ。

「O父CHANSの心得」を最初から読む

「おれ、小さい頃ピアノやっていたんだよねー」

とは、今となってはドレミも弾けない友人オトーチャンズの口癖だ。幼少期からピアノを習っていたとなれば、それなりの月謝も払っていたはず。友人のご両親は、この自慢話とも昔話ともつかないセリフを吐かせるためにお金を費やしたわけではなかろうに。

大半の親は、我が子をピアニストにさせるためにピアノをあてがうわけではない。バレリーナにさせるためにバレエ教室に通わせるわけでもない。すべては「子供の可能性」のため。しかし、その「可能性」とやらが、実際にどう花開いたのかは目に見えてわかるものでもない。そこが、習いごとの難しいところだ。そして、3、4歳くらいになると夫婦間で習いごとの「要・不要」論が巻き起こる。さて、オトーチャンズ、どうする?

このエントリーをはてなブックマークに追加
イヤイヤ期の子供に嫌われまくるパパの盲点
2018.06.28
ゼロ歳児の父が見落としがちな3つの“子供目線”
2018.06.07
夫の育児参加は、赤ちゃんの時こそ試される。
2018.06.01
妻が里帰り出産! その時、夫がやってはいけないこと
2018.05.24
カンカン帽にストライプ。クラシカルに洗練したサマースタイル
2018.08.18
キーカラーにこだわり、相性良く。スポーティをシャレて見せるコツ
2018.08.18
自然体な着こなしにカルティエを。アーバンな大人の袖捲り演出術
2018.08.18
無地にショーツにサンダルに……ユルさを引き締めるハイテクバッグ
2018.08.17
緑が効いたシティ派モード。シルバーバングルで自分らしさを演出
2018.08.17
ブルーグラデに隠れた仕掛け。首元のカモフラ柄がハマってる
2018.08.17
ひと目でわかるリッチ感。涼しげなシャツからもセンスが伝わる
2018.08.16
ロングシャツをタイトに着こなす。足元の”遊び”で絶妙なバランスに
2018.08.16
夏感あふれるモノトーン。ショーツの丈感もちょうどいい
2018.08.16
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15