https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0614-6/

中野のおでんバルで、天才的な絵を描く看板娘にキュンとした

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板娘という名の愉悦 Vol.18
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

中野駅南口に丸井の脇を上る坂がある。通称、レンガ坂。ひっきりなしに人が行き交う大人の竹下通りだ。

人気の飲食店が軒を連ねる

5メートルごとにさまざまな食べ物の匂いが鼻腔をくすぐる。向かったのは、坂の中ほどに店を構える「バッカス」。ローマ神話に出てくるお酒の神様の名前を冠する店で、ここの常連客である友人が「看板娘いますよ」と言うので一緒に訪れた。

開放的な入り口

レンガ坂には、こうしたオープンエアの店が多い。さっそく入店しよう。

あれが看板娘だろうか
そうでした

こちらは麻美さん(29歳)。店の立ち上げから携わっている。

「もともと、父が中野でいくつかの飲食店を経営していて、20歳の頃からその下で働いていたんです。そして、新たにここに店を出そうというタイミングで『私にやらせてほしい』と直談判しました」

オススメのドリンクはレモンサワー(580円)。

ほんのり甘い青春の味
このエントリーをはてなブックマークに追加
原宿のラーメン店で、ストイックな修行を続ける看板娘を応援した
2018.06.07 / 37.5歳からの愉悦
荻窪のお座敷スナックで、実家の農作業を手伝う看板娘に涙ぐんだ
2018.05.31 / 37.5歳からの愉悦
渋谷の焼酎ダイニングで、酔って裸足で帰宅した看板娘に昂ぶった
2018.05.24 / 37.5歳からの愉悦
原宿の名居酒屋で、原宿生まれの看板娘の気配りに拍手を送った
2018.05.17 / 37.5歳からの愉悦
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21