https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0614-6/

中野のおでんバルで、天才的な絵を描く看板娘にキュンとした

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板娘という名の愉悦 Vol.18
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

中野駅南口に丸井の脇を上る坂がある。通称、レンガ坂。ひっきりなしに人が行き交う大人の竹下通りだ。

人気の飲食店が軒を連ねる

5メートルごとにさまざまな食べ物の匂いが鼻腔をくすぐる。向かったのは、坂の中ほどに店を構える「バッカス」。ローマ神話に出てくるお酒の神様の名前を冠する店で、ここの常連客である友人が「看板娘いますよ」と言うので一緒に訪れた。

開放的な入り口

レンガ坂には、こうしたオープンエアの店が多い。さっそく入店しよう。

あれが看板娘だろうか
そうでした

こちらは麻美さん(29歳)。店の立ち上げから携わっている。

「もともと、父が中野でいくつかの飲食店を経営していて、20歳の頃からその下で働いていたんです。そして、新たにここに店を出そうというタイミングで『私にやらせてほしい』と直談判しました」

オススメのドリンクはレモンサワー(580円)。

ほんのり甘い青春の味
このエントリーをはてなブックマークに追加
六本木のハッカーズバーで、看板娘にハートをハッキングされた
2018.08.09 / 37.5歳からの愉悦
中野の熟成肉ビストロで、群馬産の看板娘のアミノ酸を味わった
2018.08.02 / 37.5歳からの愉悦
代田橋の沖縄バルで、酔うと閃く看板娘に生ビールをごちそうした
2018.07.26 / 37.5歳からの愉悦
新宿の鰻&ジビエの店で、イニエスタを愛する看板娘が優勝した
2018.07.19 / 37.5歳からの愉悦
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15
夏の男と一目でわかる。青×カモ柄って合うんだね
2018.08.14
ブランドならではのトートの素材感。これ、大人の選び方
2018.08.14
全身黒? いや足元に「白」。かっこいいとしか言えない!
2018.08.13
カメラをアクセがわりに。アメカジにそれは反則かも?
2018.08.13
上から順に黒白……。このまとめ方、お見事!
2018.08.13
黒系の色ながら表情豊か。バッグが絶妙アクセント
2018.08.13
白の無地Tとミラーサングラスがベストマッチのシンプルスタイル
2018.08.12
オーバーオールを今っぽく。こんなにお洒落でかっこいい!
2018.08.12
ビッグシルエットをメガネで締める。知的に着こなすミリタリー
2018.08.11