https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0614-6/

中野のおでんバルで、天才的な絵を描く看板娘にキュンとした

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板娘という名の愉悦 Vol.18
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

中野駅南口に丸井の脇を上る坂がある。通称、レンガ坂。ひっきりなしに人が行き交う大人の竹下通りだ。

人気の飲食店が軒を連ねる

5メートルごとにさまざまな食べ物の匂いが鼻腔をくすぐる。向かったのは、坂の中ほどに店を構える「バッカス」。ローマ神話に出てくるお酒の神様の名前を冠する店で、ここの常連客である友人が「看板娘いますよ」と言うので一緒に訪れた。

開放的な入り口

レンガ坂には、こうしたオープンエアの店が多い。さっそく入店しよう。

あれが看板娘だろうか
そうでした

こちらは麻美さん(29歳)。店の立ち上げから携わっている。

「もともと、父が中野でいくつかの飲食店を経営していて、20歳の頃からその下で働いていたんです。そして、新たにここに店を出そうというタイミングで『私にやらせてほしい』と直談判しました」

オススメのドリンクはレモンサワー(580円)。

ほんのり甘い青春の味
このエントリーをはてなブックマークに追加
赤羽の串焼屋で、看板娘が「成人したら飲みたい」お酒を注文した
2018.11.22 / 37.5歳からの愉悦
高円寺のイタリアン居酒屋で、看板娘のお酒がもみじ色に染まった
2018.11.15 / 37.5歳からの愉悦
二子玉川のビストロで、看板娘が人生で初めて飲んだお酒に酔った
2018.11.08 / 37.5歳からの愉悦
中野のカラオケバーで、ハロウィン仕様の看板娘にお菓子をあげた
2018.11.01 / 37.5歳からの愉悦
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08
渋さが欲しいなら、 “イタリア”に力を借りてみる
2018.11.05
力強く清潔感もある。そんなスタイルが好みなら
2018.11.02
色落ちブルーデニムでアメカジを。そんなときこそ“ジャスト”を選ぶ
2018.10.30
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30