自転車ライフ 2.0 Vol.26
2020.10.27
LEISURE

専門家が5万円台で厳選! クロスバイクの人気メーカー別エントリーモデル5種

「自転車ライフ 2.0」とは…… 

生活様式の変化とともに、急速に注目を集めつつある自転車。「ママチャリ以来、ご無沙汰です」という大人も多いだろうが、その間に自転車事情も一変、大きな進化を遂げている。

そこで、日本最大級のスポーツサイクル専門店、ワイズロードの協力を得て、今、本当に乗るべき自転車は何かを紐解いてみた。

話を聞いたのは…
大澤知秦さん
ワイズロード屈指の自転車愛を持つ男。現在乗っている愛機は、ロードバイクが『オルベア』のオルカ、グラベルロードバイクが『ボムトラック』のフック2。

 

自転車デビュー=クロスバイクの理由

気軽に街乗りしたいなら、やはりクロスバイクがオススメだ。

クロスバイクとはスポーツバイクの一種で、フラットなストレートハンドルだから無理のないライディング姿勢を保て、高い安定感が得られる。

フラットハンドルで乗りやすさとスピードを両立するクロスバイク。

レースなどで使われるロードバイクよりもタイヤが太くてタフだが、ママチャリよりも断然速いスピードが出せる、まさにオールマイティな存在だ。今回はさまざまなメーカーのなかから、5万円台で買える人気エントリーモデルを5つ厳選してもらったゾ。

 

①クロスバイク界のリーバイス
「ジャイアント」のエスケープR3

真っ先に名前が挙がったのは、台湾発の実力派「ジャイアント」。ファッションで言えばリーバイスに当たるほど、クロスバイク界では王道のメーカーである。

「コスパが良いとはよく言われますが、ライディング能力も確かです。車体は軽量で乗りやすさも抜群ですから、初めての人でも扱いやすいと思います」。

5万2000円/ジャイアント(ワイズロード 新宿クロスバイク館 03-5312-1485)

さらに大澤さんは、“501”的なモデルに次を挙げる。

「手始めに選ぶならエスケープのR3がいいのではないでしょうか。10.7㎏と軽量で(一般的なクロスバイクが約12㎏)、今年はフレームの形状を変えたり、タイヤをこれまでの28mmから30mmに太くしているので、いっそう乗り心地が良くなっています」。

「ジャイアントもそうですが、最近ではディスクブレーキ(写真右)を採用しているところも増えてきました。もともとマウンテンバイクで使用されていたブレーキシステムで、銀色のローター部分を挟むことで減速します。ホイールを挟んで減速する、一般的なVブレーキシステム(写真左)よりも少力で止まることができ、雨天でも制動力が落ちにくいので安心です」。

その分やや予算も上がるが、新しいモノ好きはぜひトライを。

NEXT PAGE /

②アメリカで絶大な人気を誇る銘柄
「トレック」のFX1

「ウチで人気のあるメーカーは『トレック』です。特徴としてはまず、タイヤが太いこと。太くなると振動吸収も良く、乗り心地もすこぶる良くなります。舗装されている市街地でも、細いタイヤで走っていると振動が体に伝わってきますが、それもかなり軽減され、マイルドな走りになりますね。段差を越えるときも安心感があります」。

1976年、アメリカ・ウィスコンシン州で創業したトレックは、スポーツ自転車の発展に大きく寄与した実績を持ち、今や全米でもトップクラスのシェアを誇る。

「乗り手のことをよく考えて作っていると思います。クロスバイクもスポーツバイクの一種なので、やはりどうしても乗車姿勢は前傾になってしまいます。でも、トレックはハンドルをやや高めに設定していますから、ロードバイクよりも上体が起き上がり、自然な姿勢を保つことができるんです」。

そんなトレックの入門機としてオススメなのがコチラ。

5万5000円/トレック(ワイズロード 新宿クロスバイク館 03-5312-1485) 

「このFX1は初心者の方でも存分に楽しめると思いますよ。フレームがアルミで、フォーク(フレームとタイヤをつなぐパーツ)は鉄。後ろが7段の変速ギアでディスクブレーキを搭載していますが、ディスクブレーキの構造が簡易的なので、値段は抑えめ。メンテナンスも簡単です」。

NEXT PAGE /

③フレームにこだわるなら
「キャノンデール」のクイックディスク5

フレームは自転車の命と言っても過言ではない。そこに強みを持つのが、1971年にアメリカで誕生した「キャノンデール」だ。

キャノンデールは、スチールフレームが一般的だった当時、ほかに先駆けてアルミフレームに挑戦。新たな可能性を模索した革命者である。

「全米でもトップレベルの認知度を誇るキャノンデールですが、特に彼ら独自のアルミフレームは業界内でも有名なんです。乗り心地が非常に快適で、軽量だから持ち運びも苦にならない。高級素材のカーボンフレームにも匹敵するクオリティですよ」。

5万5000円/キャノンデール(ワイズロード 新宿クロスバイク館 03-5312-1485) 

まずはスタンダードなクイックディスク5をお試しあれ、と大澤さん。

「クイックディスクは、5、4、3とシリーズになっていますが、5がいちばんスタンダードなモデルになります。“SAVEマイクロサスペンション”が衝撃を吸収し、軽量でハンドリングもスムーズ。機敏で快適なライディングを楽しめるので、街乗りにもってこいだと思います」。

また、フレームには360°から視認できる反射デカールが貼られているため、車から認知されやすいのもポイントだ。

NEXT PAGE /

④ヴィンテージ好きなら
「ジオス」のミストラル

洋服でも感じられることだが、ヨーロッパのデザインにはどこか優雅さや気品が感じられる。デザインをより重視するなら、自転車はイタリア屈指の名門を頼るといいだろう。

「ジオス」は、1948年創業の老舗イタリア自転車メーカー。創業者のトルミーノ・ジオス氏は元プロサイクリストで、そのクオリティへの執着は並じゃない。

「日本の街でもよく見かけるメーカーですが、ヨーロッパではその名を知らない人はいないでしょう」。そんなジオスのエントリーモデルがミストラルである。

5万1000円/ジオス(ワイズロード 新宿クロスバイク館 03-5312-1485) 

「クロスバイクと聞くと、どうしてもフレームが太めのスポーツタイプを思い浮かべるかと思います。ジオスのクラシックな雰囲気は、スポーティ過ぎる車体を敬遠する人にとってもオススメですね」。

金額もお手頃で、クロスバイクに馴染みの薄い人にでもとっつきやすい。かといって性能に妥協は見られない。

「使用しているパーツは、日本ブランドのシマノ製。しかも、R500という、ロードバイクの入門機にも使われるほど優秀なホイールを使っています。この価格帯で、これほど優れたパーツをデフォルトで備えているのですから、非常にコスパが高いと言えますね」。

NEXT PAGE /

⑤日本が誇る新進気鋭のメーカー
「ネスト」のリミット2

“ジャパンブランド”の安心感は、自転車界でも健在だ。なにせ日本が世界に誇るシマノ社は、自転車部品の製造メーカーのトップランナー。同社のパーツは、世界シェアの約8割ほどを占めている。

大澤さんが胸を張ってオススメする自転車の国内ブランドが「ネスト」だ。

ネストは“ネクスト スタンダード”をコンセプトに生まれたメーカー。オールジャパンメイドに加え、ビギナーからハイアマチュアまで応える幅広いラインナップとコスパの高さで知られ、ここ3〜4年で急速に存在感を増している。

今回推薦されたモデルは、リミット2だ。

5万円/ネスト(ワイズロード 新宿クロスバイク館 03-5312-1485) 

「ネストのリミット2は何よりもまずフレームが軽量で、自転車の重量はなんと9.9㎏。シマノパーツ100%で作られています。久しぶりに自転車を買おうかな、と考えている人にとって、いきなり7〜8万円をかけるのはハードルが高いですよね。でもネストなら、ライトとベル、サイドスタンドが最初から付いてこの価格ですから、手も出しやすいと思います」。

 

都会的な一台を気楽に乗りたい。そんなニーズに応える自転車が、クロスバイクである。久々の自転車だからといって身構える必要はない。さっそく最寄りのワイズロードに相談に行ってみよう!

「Y’s Road(ワイズロード)新宿クロスバイク館」

全国各地に支店を持つ日本屈指の自転車の“総合デパート”。世界各国のロード、クロス、MTB、さらには折りたたみ型からスポーツ電動アシスト車まで、あらゆる自転車をラインナップ。店内にはパドックも設置し、自転車のトラブルにも即座に対応。メンテナンスや、事故&盗難に関するサポート、YouTubeのHow to動画などなど、手厚いサービスも信頼を得るポイントだ。

 

住所:東京都新宿区新宿2-19-1 BYGSビル B2F
電話番号:03-5312-1485
http://www.ysroad.net/

「自転車ライフ 2.0」とは……
環境や体型の変化だったり、身近な先輩の姿に憧れたり。ハマった理由は皆異れど、自転車にかける想いは誰もが強く、深い。自分好みへと仕様を変えた相棒と日々暮らす、同世代の自転車ライフをパパラッチ。
上に戻る 

菊地 亮=取材・文

# キャノンデール# クロスバイク# ジオス# ジャイアント# トレック# ネスト# 自転車
更に読み込む