2020.09.26
LEISURE

なぜこのバッグ? トータルテンボス大村朋宏のキャンプギア3選

「こだわりキャンパーの愛用ギア」とは……

近年、キャンプ人気が凄まじい。実力派お笑いコンビ・トータルテンボスの大村朋宏さんもキャンプを愛するひとりだが、ハマったのはほんの3年ほど前。

家族とのふれあいがきっかけで手にしたアイテムたちは、どれも美しい思い出に満ち溢れていた。

大村朋宏●1975年4月3日生まれ。静岡県出身。「トータルテンボス」のボケ担当。1997年に小学校からの友人である藤田憲右とコンビを結成。2007年のM-1グランプリでは準優勝に輝くなど、実力は周囲も認めるところ。相方へいたずらを仕掛けるYouTubeチャンネル『SUSHI★BOYS』も好評。

焚き火台が演出する家族との尊い時間

ユニフレーム社のファイアグリルは、コンパクトにまとまるうえに軽量だから持ち運びもラク。オプションパーツも抱負で、焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン料理もこれ一台で楽しめる。

幼い頃に父と過ごした楽しい思い出は、きっと大人になっても消えることはない。テントを建て、魚を釣る父の背中は、そりゃあ大きく見えたものだ。そして実感する。キャンプは親子の絆を深め、我が子の心を育むいい機会になると。

実は大村さんがキャンプにハマったのは3年ほど前。ごく最近のことだ。

「家族でキャンピングカーを借りて北関東を巡ったことがあったんです。そのときの楽しさや子供たちの笑顔が忘れられなくて(笑)」。

以来、休みが取れたときには家族とともにキャンプに勤しむことに。なかでもハマっているのが焚き火だ。

「空気が澄んでいるからなのか、非日常的時間がそう思わせるのか、火がとても綺麗なんですよ。もうずっと見ていられますね」。

中心に据えられるのはこの焚き火台である。ユニフレーム社は、世界的にも有名な金属加工の街、新潟県燕三条の企業。同地で培われてきた技術は、この焚き火台にも存分に取り入れられている。

荷重約20㎏にも耐えうる強度を備え、高熱による変形もほとんど見られない。スタンドを開いてツメを引っ掛け、炉をセットさえすれば準備はOK。錆びにも強いステンレス製だからガシガシ洗えるし、扱いやすさもピカイチだ。しかも、これだけ優秀にもかかわらずリーズナブル。まさに願ったり叶ったりなのだ。

「奥さんと娘、そして愛犬のエミルと火を囲みながら、息子のギターの弾き語りを聴いている時間は最高のリラックスタイムですね」。

その絵を想像するだけでも、なんだか心の奥がほっこりしてくる。そして、次なるターゲットはスノーピークの焚き火台なのだとか。

NEXT PAGE /

夜間移動の憂いもかき消すセパレート型ランタン

コールマンのクアッドマルチパネルランタンは、ミディアム設定で使用すれば約120時間持続。スマホなどが充電できるUSBポート付きだ。

山の夜は静かで暗い。だからこそ満点の星空も際立つワケだが、ベーステントから離れるともうあたりは漆黒の闇。トイレへ行く際などは注意が必要だ。そんなときの転ばぬ先の杖ならぬコールマンのライトが、移動の不安を見事にかき消してくれる。

「海原やすよ・ともこさんが出演している買い物番組を観て購買欲に火がついた」というこちらは、中央に設置されたメインライトの周囲を4つの発光パネルが囲んだ、一般的なランタンとは一線を画す作りとなっている。

大村さんが持っているように、発光パネルはセパレート可能で、自由に携行できる。電池8本使用時で、メインライトの光量は車のヘッドライト並。ハイ、ミディアム、ローの3段階調整が可能だ。発光パネルの光量は一般的な懐中電灯とほぼ同等である。

「発光パネルをひとつ持てば、ひとりひとり自由に動くことができますし、いろいろな場所にも置いておける。わざわざランタンを持ち歩く煩わしさもありません。いざ使ってみると、これがすごく便利なんですよ。もうファミリーキャンプの必需品ですね」。

NEXT PAGE /

食材も笑いも届けられる、まさかのバッグ

細かいものを小分けできるアウトポケットを各所に備え、内側にはボトルホルダーも完備。上下や左右に分けられる仕切板は異なるものを無駄なく収納する大きな助けとなる。

どこかで目にしたことのあるこちら。そう、空き時間の副業としても注目されているUberEatsのデリバリーバッグである。

日々のハードな配達ワークを支えているだけに、秘めたるポテンシャルはかなりのもの。防水性に優れているので雨の日も安心だし、クッション性に富んだ背面パッドやストラップは、背中にしっかり収まるから使用中の疲労を軽減してくれる。

そして、コンパクトなソフトシェルも余裕で受け止めるこの大容量。その高度な機能性は、なるほど、アウトドアにおいてもことさら真価を発揮してくれるに違いない。大村さんもその実力をキャンプ時に実感した様子。

「とにかく、食材がすこぶる入ります。大人数でのキャンプやBBQなどにはもってこい。しかも、ひと笑い取れそうですよね(笑)」。

確かに面白いですけど、なぜ大村さんが?

「いまだに新型コロナウイルスによる混乱の収束が見えないなか、このままもし仕事ができなくなってしまったらどうしよう……って、ふと不安を覚えたんですよね。そこでとりあえずUberEatsに登録して、これを4000円で購入しました。まだ、一度も配達はしていませんけどね(笑)」。

それにしても、都市で活躍するあのリュックが、まさか山でも活かせるとは。まさに「キャンプ場でも目を引き、長持ちする」をアイテム選びの基本にする大村さんらしいチョイス。

その柔軟な思考と何事も笑いに持っていこうとする姿勢、さすがです。

 

DVD『トータルテンボス全国漫才ツアー2019「CHATSUMI」』
3800円(よしもとミュージック)

芸歴20年。今も新ネタを作り続け、多くの人に笑いを届ける全国ツアーは、もはやトータルテンボスのライフワーク。こちらは2019年に行われた、トータルテンボス全国漫才ツアー2019『CHATSUMI』のなかから、なんばグランド花月で行われた公演を収録。6本の新作漫才に加え、YouTubeチャンネル『SUSHI★BOYS』でもお馴染みの相方、藤田憲右へ仕掛けられるいたずら厳選集も見どころだ。さらに、トータルテンボスとのオンラインお茶会参加チケットや特別グッズが総勢120名に当たる購入者特典も付属。抱腹絶倒カクジツのこの一本、絶賛発売中!

キャンプの経験はまだ浅いものの、今では「家族と素敵な時間を共有でき、さらに日頃の疲れや慌ただしい毎日を浄化してくれる」とどっぷり。

「数あるギアのなかから自分のスタイルにハマるアイテムを選んでいく。それだけでもほんと、ワクワクしますよね」と語るその表情は、もはやイッパシのキャンパーそのもの。

趣味にキャリアなんて関係ない、と我々の背中を後押ししてくれているかのようだ。

 

「こだわりキャンパーの愛用ギア」とは……
全国的に沸騰中のキャンプ熱。その魅力は開放的な大自然と、「ギア」に見出す男のロマン。今もっとも気になる、“あのこだわりキャンパー”たちの愛用ギアを特別に拝見。
上に戻る
菊地 亮=取材・文
 
# アウトドア# キャンプギア# トータルテンボス大村朋宏# 芸人
更に読み込む