2020.11.27
HEALTH

「痩せたいのに食欲が抑えられない」アナタは“デブ味覚”かもしれない

「ダイエットのモチベアップ術」とは……

「痩せよう!」。そう決意してダイエットを始めたにもかかわらず、モリモリ食欲がわいて、失敗に終わる……。そんな苦い挫折を味わったオーシャンズ世代は少なくないのでは?

これまで10万人以上の肥満治療を行ってきた医師・工藤孝文先生は、その原因を“デブ味覚”にあると指摘する。

そもそもデブ味覚ってナンですか!?

話を聞いたのはこの人!

工藤孝文(くどうたかふみ)●糖尿病内科医・漢方医。福岡大学医学部卒業後、アイルランドとオーストラリアへ留学。帰国後は大学病院などを経て、福岡県にあるみやま市工藤内科の院長として地域医療に尽力している。東洋医学・漢方治療、糖尿病・ダイエット治療を専門とし、多数のテレビ番組に肥満治療評論家として出演。自身も10カ月で25㎏の減量に成功した経験を持つ。 『毎日100gダイエット! 内臓脂肪を減らす食べ方』(日本実業出版社)など著書は50冊以上におよぶ。  

高カロリー食品だけを求めるデブ味覚

「デブ味覚とは脂っこい料理や甘辛い味付け、糖質の摂り過ぎなど、偏った食生活によって“味覚が狂った状態”です。このままダイエットを始めても、ヘルシーな食事に慣れることができず、どんどんストレスが溜まり、その結果、爆食いに走って失敗……というパターンに陥ります」。

なんとも恐ろしい事実……。工藤先生によると下記のチェックリストのうち、ひとつでも当てはまったらデブ味覚の可能性が高いという。

□ コンビニ弁当やスーパーの総菜が美味しい
□ お腹が空かなくても時間になったら食べる
□ 肉はヒレよりロースが好きだ
□ 焼き鳥は塩よりタレ派
□ こってりした味が大好き
□ スイーツは別腹
□ 添付のタレやドレッシングは使い切る
□ ソース、ケチャップは必ずつける
□ 外食が週5回以上だ

「食べ物の味は舌の味蕾(みらい)という細胞によって感知されますが、濃い味付けのものばかり好んで食べていると、この感覚が鈍くなってしまいます。すると、よりギトギトな味付けや激甘スイーツといった高カロリーの食べ物ばかりを求める“デブ味覚”になってしまうんです」。

つまり、デブ味覚は太りやすい食べ物だけを美味しいと感じ、欲してしまうのだ。当然、ダイエットメニューでは味も量も満足することができず、挫折してしまうのは目に見えている。

デブ味覚には脳の働きとも深い関わりがあるという。

「高脂肪食や糖質を摂取すると、脳から快楽に関係する神経伝達物質・ドーパミンが分泌されます。そのため、こってり味や甘い味は、自分を幸せにしてくれる食べ物だと脳が誤った学習をしてしまうんです。

ドーパミンが厄介なのは、食べ物を想像するだけで作られてしまう点。例えば、『コンビニの新作スイーツが食べたい』と思っただけで、ドーパミンが作られ、脳からの食べたい欲求がどんどん強くなっていくんです」。

ダイエット期間中のヘルシー食では満足できない理由もこの点にある。ドレッシング抜きサラダやこんにゃくを使った麺料理といった薄味の低カロリーメニューでは、舌も脳も満足することができず、ストレスは溜まっていく一方。遅かれ早かれ暴飲暴食に走ってしまうのだ。

NEXT PAGE /

たった2週間で味覚はリセットできる

ダイエットを成功させるには、デブ味覚をなんとかしなければならないことはわかった。でも、一体どうすれば?

「味覚のリセットによって、薄味でも満足できる“痩せ味覚”を取り戻すことです。ヘルシーな食材でも美味しいと感じることができれば、食事の満足度が高まります。また、徐々に脳の誤学習も修正されていきますので、食欲を抑えることができます。

ちなみに私も医師になりたての頃、多忙による運動不足により92kgまで太ってしまった経験があります。そこで食生活を見直して、10カ月で60kg台まで落とすことができたんですが、そのとき気付いたのが、デブ味覚を矯正することの重要性でした」。

しかし、味覚などすぐにリセットできるものなのだろうか?

「2週間もあれば、味覚リセットは可能です。これは舌の味蕾の細胞が生まれ変わるのに必要な期間が2週間だからです。実際には早くて2日、大体5日くらいで味覚の変化を感じることができますよ」。

 

痩せる出汁が味覚リセットを成功へと導く

そしてこの味覚リセットをサポートする強力な“切り札”があるという。

「デブ味覚から脱するために必要なことは、薄味でも満足できる“痩せ味覚”を取り戻すこと。そこで役立つのが、出汁の旨味を活用した『痩せる出汁』なんです」。

やるべきことは、かつお節や煮干しなどが入った出汁を飲み続けるだけ。たったこれだけのことで、デブ味覚をリセットし、本来持っていた味覚へと矯正することができるというのだ。

「肥満治療のため、私のクリニックに通っている方々に『痩せる出汁を毎朝一杯飲んでください』とお願いしたところ、2週間で平均マイナス5.3kgという驚きの数字を記録しました」。

それも単に体重が減っただけではなく、血糖値や中性脂肪も改善されたという。

次回はこの“魔法の出汁”の魅力に迫る。

「ダイエットのモチベアップ術」とは……
一念発起してダイエットを始めたものの、「仕事が忙しくて時間がない」「なかなか成果が出ない」といった理由で諦めてしまった経験はないだろうか? 継続していくためには、正しい知識を蓄えてモチベーションを上手にコントロールしていくかが鍵。ここでは、ダイエットを“習慣”に変えていくためのヒントを探っていく。
上に戻る
押条良太(押条事務所)=取材・文
# ダイエット
更に読み込む