インドアライフ充実術 Vol.12
2020.04.12
HEALTH

プロテイン=筋トレは間違い! ナマった体の健康維持にも役立つ根拠

「インドアライフ充実術」とは…

プロテインというと、筋トレのお供と考えている人も少なくないだろう。マッチョになりたいわけじゃないし、自分には必要ないよ、と。

一般的に「プロテイン」と呼ばれている製品の正体は“タンパク質加工食品”。製品に含まれるタンパク質は本質的に牛乳や大豆といった食材に含まれるそれと変わらない。

そう考えれば、プロテインを摂取するだけでマッチョになる、なんてことはなく、むしろ健康的な生活を送るうえで欠かせない栄養素のひとつなのである。

外出できずに体が鈍って、体力の低下も感じ始めてきたよきこそプロテインの出番なのだ!

 

タンパク質が不足するとこんなリスクが⁉︎

まずは、タンパク質不足になるとどうなるのか、改めておさらいしよう。特に30~40代以上のミドル男性に代表的なリスクは以下の通り。

リスク① 筋力・代謝の低下
リスク② 痩せにくい体になる
リスク③ 疲れやすく、病気がちな体になる
リスク④ 髪の毛の太さやハリが失われる

髪の毛にも影響があるとは!これは見過ごせない。

プロテインに対する正しい理解を広めるための活動をしている山本圭一氏(プロテイン工房代表)によると、タンパク質はさまざまな食品で摂取が可能だが、プロテイン製品で摂るとよりメリットがあるそうだ。

前述の4大リスクと、プロテイン製品でタンパク質を摂るメリットについて、詳しくは下のバナーからじっくりチェックしてほしい。

プロテイン製品を活用しない手はない!その理由とは?

NEXT PAGE /

ビギナーも安心! 手軽に手に入るプロテイン食品

つづいては、手軽に手に入れられるプロテイン食品を紹介しよう。

オススメプロテイン食品その① ささみチキン

不要不急の外出は禁止だが、コンビニでも手に入って高タンパク質のありがたい食品といえば「ささみチキン」だ。

糖質オフも心掛けているという、既に健康意識の高いアナタにもオススメ。オーシャンズウェブの連載でお馴染みの「糖質オフ男」が中でも紹介するのは、ナチュラルローソンで売られている「丸善 プロフィット ささみプロテインバー」。その詳細はぜひ記事をチェックして。

今は“オフ男”のように、会社の休み時間に周辺を歩いて運動もプラス、とはいかないが、コンビニまでの道を早歩きして運動負荷をかけてみるのもいいかもしれない。

ささみチキンもいろいろあるけれど…賢い選び方を紹介
オススメプロテイン食品その② “高含有オヤツ”

こちらもスーパー・コンビニで入手可能な「プロテインバー」。1日に必要な量の約1/3に値する20gのタンパク質が含まれているという「SIXPACKプロテインバー」は特にオススメだ。

自宅で外出せずに仕事をしていてもなぜかお腹がすいてしまったというときに、こんなオヤツなら罪悪感なし!

骨格筋評論家のバズーカ岡田氏監修のプロテインバー

 

家で過ごす日々もしっかり健康管理をして、インドアライフを充実させよう!

「インドアライフ充実術」
何かと外出が厳しい時季だけど、見方を変えればピンチもチャンス。屋内でアクティブな休日を楽しむ、インドアライフのジュージツジュツをデンジュ。
上に戻る
# インドアライフ# タンパク質# プロテイン
更に読み込む