そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.42
2020.09.16
FOOD&DRINK

飲兵衛たちが信頼する、お取り寄せ&テイクアウト可能なマイ“酒の友”

肩肘張らないアペリティフを、いざ実践!……と、その前に。オトモを用意しておかないと。

業界の“飲兵衛”たちが信頼を寄せるお取り寄せ&テイクアウトを、手間いらずのアペタイザーとしてお招きしよう。グラス片手に、気軽にご一読を。

 

「センベイブラザーズ」の梅ザラメ

「センベイブラザーズ」の梅ザラメ
[左]70g 378円/センベイブラザーズ(笠原製菓 http://senbei-brothers.jp)、[右]750ml 2100円/シャトージュン 0553-44-2501
シャトージュン部長
道間通雄さん

山梨県・勝沼町に位置する、ジュングループ直営のワイナリー。その部長を務める道間さんが太鼓判を押すのが、日本の“国民的お菓子”せんべいだ。

「東京・江戸川区の兄弟、センベイブラザーズが手掛けた逸品です。甘いものから激辛まで種類豊富ですが、なかでも個人的ベストツマミは、梅ザラメ。酸味と甘味のバランスが良く、ワインと相性抜群です」。

また、洋菓子のような洒落たパッケージもポイントで、「楽しいお酒の場をいっそう盛り上げてくれます」。

道間さん的ベストマッチな酒
シャトージュンの「ジュンスパークリング」
「夏といえば泡! ということで、山梨県産の甲州種で造られたスパークリングワインをオススメします。味のペアリングはもちろん、日本のもの同士ってところもいいですよね」。

NEXT PAGE /

「野櫻山葵漬」の中辛口わさび漬

「野櫻山葵漬」の中辛口わさび漬
[左]70g 756円[税込]/野櫻山葵漬(日本橋髙島屋S.C.本館 03-3211-4111)、[右]720ml 1200円/菊姫 076-272-1234
髙島屋 日本橋店 販売第4部 副部長
小山晃弘さん

立ち寄ったそばから晩酌が恋しくなる、日本橋髙島屋S.C.本館のデパ地下。多くの絶品がひしめき合うが、このわさび漬けは「優しい粕の甘みのあとに、辛味、旨味が楽しめる」と “中の人”すら虜にする。

国産わさび根を純米酒粕で熟成し、日本酒にぴったりの味わいに。「161年続いた老舗ながら一度は店をたたみ、今年めでたく復活。現在は店舗を限定してご主人の目の届く範囲でのみ流通しています」というエピソードを含め、“いい気持ち”にさせてくれるアテなのだ。

小山さん的ベストマッチな酒
菊姫の「先一杯」
「兵庫県産(特A地区)の山田錦を使った、柔らかな飲み口と優しい酔い心地が特徴の純米酒です。磨きすぎない65%精米のふくよかな口当たりが、わさび漬けのフレッシュな風味とマッチ」。

NEXT PAGE /

「プリンチ 代官山 T-SITE」のアペリティーボセット

「プリンチ 代官山 T-SITE」のアペリティーボセット
[左]1500円/プリンチ 代官山T-SITE 03-6455-2470、[右]750ml 3500円/ルイジャド(日本リカー 03-5643-9700)
酒好き編集部員
布施加奈子

本記事&オーシャンズの酒担当? 布施がおすすめするのは、スターバックスが運営するイタリアンベーカリー「プリンチ」のアペリティーボセット。

「その場でスライスするプロシュートやグリーンオリーブなど、5つの人気の食材が少しずつ入っているのが1〜2人で飲むのにちょうどいいボリューム感。コレさえ買って帰れば、肩肘張らず、気軽にアペを楽しめちゃいます!」。

同店では現在、3種類のイタリア産ワインも持ち帰り用としてハーフボトルで用意されているのもうれしいポイント。

布施的ベストマッチな酒
ルイジャドの「シャブリ セリエ ド ラ サブリエール」
「上品な生ハムやチーズによく合う、辛口の白ワインです。柑橘系のさわやかな香りが、まだまだ暑い今の季節にもぴったり。クセがないので、気付いたらひとりで1本空けていることも……」。

 

鈴木泰之=写真 平 健一、星 光彦=スタイリング 増山直樹、甘利美緒=文

# お取り寄せ# テイクアウト# 家飲み# 酒友
更に読み込む