2020.06.06
FOOD&DRINK

女性の好みは美女に聞け。眞鍋かをりが惚れた3000円以下のコスパワイン

「絶対に家飲みすべき安旨ワイン」とは…… 

美女にはワインがよく似合う。

ワイン好きで知られ、昨年ワインエキスパートの資格も取得したタレントの眞鍋かをりさん。実は、難関とされるチーズのソムリエ「C.P.Aチーズプロフェッショナル」の資格まで有する本物のスペシャリストだ。

そんな才色兼備の眞鍋さんが愛飲するデイリーワインとは、いったいどんな美酒なのだろう。男たるもの、女性の好みには敏感でありたい。家飲みの時間も増えた今、美味しいワインを用意してパートナーと一緒に楽しもうじゃないか。

話を聞いたのは……

眞鍋かをり●横浜国立大学卒業。大学在学中からタレント活動を始める。バラエティだけでなく、報道番組のコメンテーターやCM、果ては執筆などマルチに活躍。趣味は一人旅、チーズ、ワイン。JSAワインエキスパートの資格を保有。

①アンデス山麓で育てられた伝統品種

パソ・ア・パソ トロンテス」●ヴィンテージ:2018年、ブドウ品種:トロンテス、産地:アルゼンチン、市場価格:1700円前後

「家では子供が寝てから飲むことが多いので、寝る前に1、2杯でも高い満足度を得られる、華やか系の白ワインを好んで飲んでいます」。

そんな眞鍋さんの今回のワインリストはすべて白。最初に挙げたのは、最近ハマっているというトロンテスだ。現在もアルゼンチンのみで栽培されている白ブドウの品種である。

「白桃を思わせる華やかな香りがとてもフルーティで、酸と苦味のバランスも素晴らしいんです。口当たりが滑らかで飲みやすく、女性にも人気があるワインですね!」。

産地は標高が高く、昼夜の気温差によってブドウは色濃く完熟。アンデス山脈の風でうまい具合に乾燥するので、1年を通して病害虫や腐敗の心配がない。自然と農薬を使う頻度が減る、オーガニックでナチュラルなワインを造るのに適した環境なのだ。

そんな自然の恩恵が詰まったワインに合わせる料理はというと……

「夏らしいハーブの利いたお料理や、魚介の旨味がしっかり感じられるものによく合います。チーズなら白カビ系と合わせてほしいですね」。

チーズプロフェッショナルの言葉だけに、説得力が違う。ワインとチーズのマリアージュも日々、独自に研究しているそうだ。

ちなみに「パソ・ア・パソ」は、スペイン語で“一歩一歩”という意味。人生同様、ブドウのクオリティも一歩ずつ着実に前進していきたいという願いが込められているのだとか。まさに、着実にスキルアップを重ねて前進する、眞鍋さんにピッタリな1本である。

NEXT PAGE /

②激ムズ品種を手懐ける老舗ワイナリーの自信作

ロエロ・アルネイス」●ヴィンテージ:2018年、ブドウ品種:アルネイス、産地:イタリア ピエモンテ、市場価格:3000円前後

続いては、アルプスの山々に囲まれたイタリア屈指のワイン産地、ピエモンテを代表するアルネイスで造った辛口白ワイン。

「アルネイスは最近まで飲んだことがなかったのですが、初めて飲んだとき、あまりの美味しさに驚きました。柑橘っぽい爽やかな香りと、しっかりとした酸にミネラル。キリッとしていて癖がないのに、とても芯が通ったワインに仕上がっています」。

眞鍋さんも馴染みがなかったというアルネイスは、ピエモンテの方言で「へそ曲がり、頑固者」を意味する。その名のとおりとても扱いが難しく、造り手を選ぶブドウ品種である。そのぶん、手懐けたときのリターンは大きい。

手掛けるのは、100年以上続く老舗ワイナリー。醸造から熟成に至るまで、すべての工程でひたすら“低温”にこだわり、香りや果実味を逃がさないよう丹精を込めて造り上げている。

「キリッとした辛口なので、普段は日本酒を好まれるような方にも楽しんでいただけると思います。淡白な和食やお刺身なんかとも相性がいいかも。チーズならモッツァレラなどのフレッシュ系がオススメですね!」。

ちょうど暑くなってきたところだ。しっかり冷やして日本食とのマリアージュを試してみよう。

 

③オバマもご指名。全米屈指のワイナリーが放つ大波

「ヴィントナーズ・リザーヴ・ソーヴィニヨン・ブラン」●ヴィンテージ:2017年、ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン、産地:アメリカ カリフォルニア、市場価格:2800円前後

「白ワインのなかでも、私は特に濃厚な果実味を味わえるソーヴィニヨン・ブランが大好きなんですが、これはとにかくコスパが最高なんです」。

眞鍋さんが最後に挙げたのはアメリカのソーヴィニヨン・ブラン。オバマ元大統領もお気に入りと公言する、全米屈指のワイナリーが手掛ける高品質ワインである。

「柑橘やハーブが鮮やかに香り、南国系の果実も感じる、しっかりとした飲み口です。アヒージョやオイル系パスタなど、オリーブオイルを味わう料理は相性が良いと思いますね。チーズならシェーブル系で!」。

ソーヴィニヨン・ブランはフランスのボルドーやロワールのイメージが強いが、実は世界各地で造られている。なかでもカリフォルニアは、近年、高い評価を得てニューウェーブとして注目されている。

「ミネラリーなので夏にピッタリです。気軽に飲めるので、休日の昼間など、サク飲みにもオススメ。公園の芝生でこれを飲んでるおじさまを見たら惚れてしまうかもしれません(笑)」。

眞鍋さんは20代のときに、フレンチの美味しさとワインの美味しさに感銘を受けたそうだ。しかし、才女の好奇心はそこで終わらなかった。

「チーズもワインも、味わいの背景に地理や歴史を感じることができることに気付いちゃって。産地や季節で合わせたり、様々なマリアージュを自由に考えられるのがとても面白いんです。ワイン、そしてチーズの美味しさと楽しさに気付いてもらえるとうれしいです!」。

 

さぁ、美女のアドバイスをもとに、女性好みのワインもさっそく勉強してみよう。眞鍋さん、ありがとうございました。

「絶対に家飲みすべき安旨ワイン」
自宅時間の増加に比例して増える、家飲み時間。そのパフォーマンスを効率良く上げるため、名だたる業界人から愛飲する安旨ワインをヒアリング。ルールは3000円以下! それだけだ。上に戻る 

七瀬あい=取材・文

# ワイン# 眞鍋かをり
更に読み込む