服を楽しむ気持ちは何も変わらず。冬の「街角パパラッチ」特集 Vol.41
2021.01.17
FASHION

焚き火マイスター・猪野正哉が実践。見て良し、見せて良しな“服と炎”のコンビ

見て良し、見せて良しな焚き火と服のコンビネーション。

揺れる炎を眺めながらお気に入りの服を着て焚き火時間を楽しもう。

パーカ35万5000円、シャツ9万2000円、Tシャツ4万1000円、パンツ9万2000円、キャップ3万3000円/すべてロエベ(ロエベ ジャパン 03-6215-6116)

残布や古着、廃材などの不用品を新しい製品に生まれ変わらせる“アップサイクル”にフォーカスした「Eye/LOEWE/Nature」コレクション。

パーカとパンツはドイツ製ミリタリージャケットを、シャツはヴィンテージのフランネルシャツをアップサイクルしたもの。

猪野正哉●アウトドアプランナー、焚き火マイスター。千葉県「たき火ヴィレッジ<いの>」オーナー。著書『焚き火の本』(山と溪谷社)発売中。フジテレビ『石橋、薪を焚べる』の焚き火監修。instagram@inomushi75

 

ニット19万5000円、ニットキャップ2万8000円[ともに予価]/セリーヌ オム バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン 03-5414-1401)

TikTokユーザーのスタイルである“E-ボーイ”やスケートカルチャーを反映した「ザ ダンシング キッド」コレクション。

タイダイブラッシュカラーのビッグサイズニットがクリエティブ・ディレクターのエディ・スリマンらしいエネルギッシュなユース像を表現している。

NEXT PAGE /
シャツ10万5000円、ニット11万8000円、デニム10万5000円/すべてメゾン マルジェラ(メゾン マルジェラ トウキョウ 03-5725-2414)

クラシックなワードローブをリラックスしたムードで再解釈したメゾン マルジェラの春夏プレコレクション。

カラーはインディゴを主流に、洗いをかけたニット、リネン、デニムなどのファブリックで、着古されたような心地良いテクスチャーを提案。

鮮やかなストライプシャツは、フリーマーケットで見つけたヴィンテージのティッキングストライプ柄から着想を得た。

 

シャツ8万円、パンツ8万円/ともにマルニ(マルニ 表参道 03-3403-8660)

スポーティとテーラリングを組み合わせ、肩の力が程良く抜けたアンニュイな雰囲気が特徴の今季コレクション。

ドローストリングパンツの色みにマッチする滑らかな手触りのビスコースジャカードのボウリングシャツは、“紙吹雪のように舞う花”をイメージ。

よく見ると総柄の合間にはブランド名を象ったユーモラスな英字のデザインが施されている。

NEXT PAGE /
ジャケット13万円、Tシャツ5万7000円、ハット4万9000円、ストール7万5000円/すべてミッソーニ(三喜商事 03-3470-8235)

ジャケットに採用した、幾何学的なグラフィックと華やかで複雑な色みが巧みに組み合わさったフィアンマート柄。これは、奇しくもイタリア語で“炎”という意味を持ち、ブランドを代表するデザインでもあるのだ。

ハットやストール、パッチワークTシャツのそれぞれに見られるミッソーニならではの色彩が落とし込まれた普遍的なデザインは、シーズンを問わずに楽しむことができる。

 

ニット14万円、シャツ7万9000円、パンツ14万円、キャップ5万4000円/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300)

ふんわりと柔らかい良質なコットンフェザーヤーンにケーブル編みを施し、立体感と軽やかさを演出したアイリッシュケーブルセーター。

全身を白ベースで揃えた爽やかでニュートラルなスタイルが広大な海を背景にカジュアルエレガンスを際立たせる。

 

田邊 剛=写真 喜多尾祥之=スタイリング&ディレクション 関 杏輔=フィッティング(フェニーチェ クローゼット) 北村雄太=ヘアメイク 大西陽子=編集・文

# 焚き火# 猪野正哉
更に読み込む
一覧を見る