ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.47
2020.10.29
FASHION

“長く着られる” ブランドを厳選! プロが提案する、飽きずに面白い服とは

ひと口に「長く着られる服」というが、それははたしてどんなものか。そのコツを探るべく、オーシャンズ世代を代表するファッションのプロであるお三方に話を伺った。

前回に引き続き、今回は長く着るために重要な「飽きがこない」服から探ってみたい。

ノンネイティブ デザイナー 藤井 隆行 Age 43
20年続くブレない服作りで、業界の内外に多くのファンを持つノンネイティブのデザイナー。同業として共感できるブランドやリスペクトできるブランドをメインにピックアップ。
フリープランナー 種市 暁 Age 47
ご存じ「種さん」。ファッションに関する引き出しは多数。ルーフトップテントを装備したSUVで愛犬オカラとともに海へ山へと出かけるフットワークの軽さも、最近はコロナで停滞気味。
スタイリスト 橋本 敦 Age 43
メンズ誌・広告・タレントなどで、クールなスタイリング手腕を発揮。独立して20年以上というベテランの域に。最近仕事と趣味用にバンを購入してサーフィンとゴルフも楽しむ2児の父。

 

——「飽きがこない」ってどんな服ですか?

藤井 洗い続けると味が出てくるというのが、結構大事。洗って色が落ちていく過程が格好いいと感じます。長く着ていくなかで変化を楽しめる。

橋本 僕は、トレンドと定番のバランスがいいブランドを自然と選ぶことが多い気がする。そこはノンネイティブにも通じるものを感じます。

種市 その辺は、ブランドとしてブレていないってところなんだろうね。僕が好きなブランドも結構そういうところがあります。ワコマリアはその代表格。設立した当時から、ディレクターの森くん(敦彦)や、今はブランドを離れた石塚くん(啓次)の自由な空気感が面白くて、15年くらい経っているけど、今も変わらないですね。パッションがある。

“長く着られる” ブランドを厳選! オーシャンズな男たちが考える、飽きない&面白い服とは
「ワコマリア」のスウェット&ニット。「ディレクター森敦彦さんの、自由で“ファッションすぎない”ゆるさや遊び心は、僕らを飽きさせない」(種市)。左は、ルー・アドラー監督のコメディ映画『UP IN SMOKE』とコラボ。右は、タトゥーアーティストのティム・リーハイが描いたエド・ロスの人気キャラ「ラット・フィンク」をジャカード織りに。スウェット1万4000円、ニット3万7000円/ともにワコマリア(パラダイストウキョウ 03-5708-5277) [左]TM & ©︎ 2020 Paramount Pictures. All Rights Reserved. [右]Rat Fink name and device are trademarks of Ed “Big Daddy” Roth ©︎2020 Lic. Dist. MOONEYES

——面白さ=飽きさせないという図式ですね。

種市 大御所スタイリストで先輩の、近藤昌さんがスタートしたばかりのオルモストも面白いですね。長年にわたり服を見てきた人が、積み重ねた経験から、僕から見ると少しラフな感覚で作っている服。でも、狙いすぎてなくてちょうどいい。妙な色気も感じられるし。

「オルモスト」のジャケット。スタイリスト界の重鎮、近藤昌が手掛ける新鋭ブランド。今季は、「People working behind」というコンセプトのもと、表舞台の裏側や人間性など、見えない裏面の大切さを表現。それを象徴するリバーシブルブルゾンは、コンサバな無地面とド派手なチェック面が対比的。6万円/オルモスト(オルモストkmsj allmost@almost-kmsj.jp)
NEXT PAGE /

藤井 ラフに見える種さんも、実際は、“なんとなく”では服を選んでないですよね。ブランドやデザイナーの背景にしっかりコミットしているから惚れ込める。

種市 少し癖があるほうが好きかな。ベーシックな服も好きなんだけど、そこに合わせる相棒として。適当に着ても格好良く見えるのがポイント。

橋本 適当に着て、キマる時点でうらやましさしかないですよ(笑)。

種市 緻密さを極めているおふたりにはかないませんて。

藤井 種さんは、特にサーフカルチャーへの共感も強いでしょ? LAのブランドは、根底でつながりを感じます。アウターノウンは思想がしっかりしていて、商売度外視というか。メッセージが強い印象。

「アウターノウン」のシャツ。レジェンドサーファー、ケリー・スレーターが、デザイナーのジョン・ムーアを迎えて設立。サステナブルを掲げて再生素材を使用するなど、「ブレない思想」(藤井)が魅力だ。オーガニックコットン100%のブランケットシャツはベストセラー。2万6000円/アウターノウン(RHC ロンハーマン 045-319-6700)

橋本 愛着という意味では、思想の共感は不可欠だと思う。

藤井 愛着といえば、僕がつい選んでしまうのが、ハイカットスニーカー。コンバースはハイカット。ヴァンズはハイトップ。ナイキはエアジョーダン1みたいな。どんなパンツ丈にも合うのがポイント。バスケをやっていた、という個人的な経験もありますが(笑)。パンツとの合わせでいえば、セリーヌのエディ・スリマンの感覚には共感できます。

橋本 スニーカーは、藤井くんとほぼ同じ趣味。モードブランドなんかも新しい解釈の仕方でアメカジをなぞっていますよね。

「セリーヌ」のスニーカー。3者が洗練されたクリエイションをリスペクトするエディ・スリマンが手掛けるセリーヌの「ブレイク」レースアップスニーカー。カーフスキンとラムスキンからなる上質感が大人カジュアル向け。「ハイカットのバッシュタイプは、パンツの裾ときれいにつながる」(藤井)。9万6000円/セリーヌ オム バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン 03-5414-1401)
NEXT PAGE /

——世代的に、アメカジへの愛着は抜けないですよね。

藤井 ただ、我々の世代ならば、必ず通過しているようなアメリカ的な要素はないけれど、そこはかとないエレガンスを感じるのが、ドリス ヴァン ノッテン。

「ドリス ヴァン ノッテン」のニット。1980年代初めのパンク・ロックのスタイルを鮮やかなサックスブルーに染め上げたヴァージンウールのチルデンニットで表現。「長く着るには、ブランドの背景への共感も大事」(種市)としたモノ選びにもかなう一着といえる。8万6000円/ドリス ヴァン ノッテン 03-6820-8104

橋本 わかる(笑)。ドリスのニットは昔から好きです。ただここには今でいうストリートやアメリカというフィルターはないですよね。

種市 ミラノのセレクトショップなどのセールで見かけると、デイリーな無地ニットを買っちゃいますよ。でもよく見ると、編み地が変則的だったりして、細部が詰められているのが好き。

——シンプルでヒネリも利いている。これは大人のエレガンスに欠かせなさそうです。

藤井 ブランドロゴが強調されているよりは、アノニマスなほうが好き。

種市 マルジェラのステッチは、すごい発明だよね。

「メゾン マルジェラ」のニット。首元のステッチとレザーのエルボーパッチで、シンプルさの中にエレガンスを宿す、ウールのハイゲージニット。「マルジェラを選ぶ人には、簡単に真似できない独特の感性を持っている人が多い気がします。それは時代が変わってもブレない」(藤井)。6万2000円/メゾン マルジェラ(メゾン マルジェラ トウキョウ 03-5725-2414)

藤井 大枚をはたく価値がありますね。モノがいいのはもちろんありますけど。前から見たら普通の人だけど、ステッチを見て「あ」ってなる。その瞬間好印象を抱くから不思議。

——嫌らしくない程度にわかるブランド性。そのさじ加減は難しそうですね。

2011-068
「ジル サンダー」のジャケット
「ジル サンダー」のジャケット
伝統的なテーラリングに独特の解釈を施して新たな面を引き出すことに長けるルーシー&ルーク・メイヤー。ウールギャバジンや後ろ身頃のみのラグランスリーブ、胸ポケを端正な顔に再構成したシャツジャケットでは、遊びと洗練が程良くミックスする。20万円/ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー(ジル サンダージャパン 0120-919-256)
「キャプテン サンシャイン」のシャツ
「キャプテン サンシャイン」のシャツ
ディレクター、児島晋輔のヴィンテージ服に対する深い造詣に基づいて作り込まれたウェアが人気。身幅を広めに設定したCPOシャツは、中太畝の9ウェルコーデュロイを採用し、シープスキンのエルボーパッチとともに温かみをもたらす。3万9000円/キャプテン サンシャイン 03-6277-2193
「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム
「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム
1966年から’71年に発売された、“ビッグE”のレッドタブとリベット代わりのバータック仕様の「1966 501︎」復刻版。毛羽立ちのない12.5ozデニム地やテーパードシルエットが持ち味。「洗っていくことで味が出てくるものが、自分にとっては飽きない服」(藤井)。2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)
「ニードルズ」のパンツ
「ニードルズ」のパンツ
「お洒落ジャージとして世界の洒落者から種さんまで魅了したアイコン(笑)。どのタイプを選ぶかが個性の分かれ目でしょう」(藤井)。インラインの3本は、左から、マットなナロー、ベロアのナロー、光沢素材のストレートをピックアップ。左から2万1000円、2万4000円、2万3000円/すべてニードルズ(ネペンテス 03-3400-7227)
「アワー レガシー」のTシャツ
「アワー レガシー」のTシャツ
「もっとラインナップを見てみたいお気に入りのブランド」(橋本)と評するスウェディッシュ発のブランド。事件現場に残された痕跡などを落とし込んだという個性的なコレクションには、ピグメントダイのTシャツやリネン100%のカットソーを揃える。各3万円/アワー レガシー(エドストローム オフィス 03-6427-5901)
「ジル サンダー」のジャケット
「キャプテン サンシャイン」のシャツ
「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム
「ニードルズ」のパンツ
「アワー レガシー」のTシャツ

 

恩田拓治=写真(取材) 竹内一将(STHU)、鈴木泰之=写真(静物) 増田海治郎、大西陽子、髙村将司、菊地 亮、秦 大輔、増山直樹=文 長谷川茂雄=編集・文

# セリーヌ# メゾン マルジェラ# ワコマリア# 大人カジュアル
更に読み込む
一覧を見る