オンライン買い物天国 Vol.4
2020.05.15
FASHION

7分で返事がくるWebショップ。ポータークラシックの安心接客の舞台裏

「オンライン買い物天国」とは…… 

メイド・イン・ジャパンにこだわり、「世界基準のスタンダード」をコンセプトに始まったポータークラシック。

ポータークラシックを立ち上げた吉田克幸さんと、現代表の玲雄さん親子。
ポータークラシックを立ち上げた吉田克幸さんと、現代表の玲雄さん親子。

手仕事を大切にするこのブランドの新店がWeb上だと聞いて驚いた。

「4月上旬の緊急事態宣言から実店舗である『ポータークラシック 銀座』を臨時休業することになりました。代表から、物作りの文化を絶やさず、我々にできることは何かというお言葉をいただき、今回Webショップをオープンをすることが決まりました」。

そう語るのは、今回のWebショップ運営の陣頭に携わる河内直哉さんだ。

先日オープしたばかりの「ポータークラシック 銀座」のウェブショップ。
先日オープンしたばかりの「ポータークラシック 銀座」のWebショップ。かなりマメに情報を更新しているそう。後列、右から2番目が河内さん。

「僕らは、Webショップでも実店舗に近いサービスを提供したいと思っています。アクセス解析をして、コンバージョンを計測するような感じはまったくなくて」と河内さんが笑うように、従来のECの常識やセオリーに捉われない、自由気ままなスタイルがらしくて清々しい。

ところで、EC担当は河内さん?

「いえ、うちにEC担当はいません。販売スタッフ全員で取り組んでいます。実店舗だったら、お客様の近くにいるスタッフが接客するじゃないですか。それと同じです」。

なるほど。では、オンラインで“接客”はどうするのか尋ねると、

「商品ページの右下にチャットを設けたので、そこから気軽に話しかけてください」。

ページの右下にある、黒い吹き出しがチャット枠。

とのこと。だが、実はこの取材の前に、我々はすでに “話しかけ”済み。何があったか、時を戻そう。

NEXT PAGE /

実店舗並みにリアル。待ち時間ほぼなしのチャット接客

ポータークラシックが満を辞してオープンしたWebショップの接客を受けるため、気になるアイテムを物色。目を付けたのは、ブランドの代表である吉田玲雄さんが着こなす姿が格好良くて気になった、バンブーリネンのシャツである。

これがそのシャツ(3万9600円)。吉田玲雄さん(写真左)くらいゆったり着たいなぁ。

商品ページに進み、右下の吹き出しマークをクリック。自分の身長や体重を記したうえでオススメのサイズを質問してみる。すると7分後……

――Mサイズでもご着用いただけますが、着丈が少し短く感じるかもしれません。お客様の身長と体重ですとLサイズをお勧めさせていただきます。身幅がゆったりとしたシャツになりますので、楽に着ていただけるサイズ感をお選びいただけたらと思います。

と返信が! なんでこんなに早い? なぜにこんなに的確?

「チャットにコメントが入ると、販売スタッフ全員が同時に見られる仕組みになっていて、対応できるスタッフがその場で返信。待つのって嫌だと思うので、Webショップでもなるべくクイックに対応できるようにしたかったんです」。

まるで友達とのLINEのやり取りくらいスムーズだ。しかも会員登録などをする必要もないから、コメントを入れるハードルもすこぶる低い。商品ページから“話しかける”と、ショップ側に商品がすでに伝わっているのもありがたい。

「実店舗であれば、商品を指差して『これなんですけど』で済むわけですからね」と、どこまでも客目線。答えの正確さにもびっくりする。

「実店舗での経験ですが、うちはサイズに関する問い合わせがすごく多いんですよ。その積み重ねかもしれません。試着ができない環境のなかで気持ち良く着てもらうために、サイジングは何よりも大切だと思ってます」。

NEXT PAGE /

物を買う場ではなく、コミュニケーションの場

ポータークラシックにとってWebショップは、服を売るための装置ではなく、コミュニケーションの場であるとも考えている。そのため、スタッフたちの“声”が聞けるコンテンツもユニークだ。

長島茂雄の名言、好きな飲食店の話、ときどき商品のこと。とりとめもない話題がWeb上で交錯する。

ポータークラシックを代表する素材・刺し子のアイテムを着て談笑する、吉田克幸・玲雄さん親子と銀座店のスタッフ。このムードがそのままWebショップで表現されている。

「大好きな洋服屋に行ったら、スタッフとの会話もひとつの楽しみだと思うんです。独特のワクワク感というか、その感覚をWebショップで再現できたら理想だなぁと思っています。だから、気になることはなんでも聞いてください。気軽にメッセージいただければ!」。

街角にある馴染みの洋品店のように親しんでもらえるWebショップでありたい。ポータークラシックの新たな挑戦は、まだ始まったばかりだ。

 

ポータークラシック 銀座
東京都中央区銀座5-1 GINZA FIVE 2F
03-3571-0099
営業:12:00~20:00
無休

www.pcginza.com

 

「オンライン買い物天国」とは……
外出せずとも自宅でポチッと買い物。こんなときに? いや、こんなときだからこそ。オーシャンズな男たちがこの1カ月にネットで買った物と、最新のeコマ事情。
上に戻る

 戸叶庸之=編集・文

# ポータークラシック# ウェブショップ
更に読み込む