センスがいい男たちと考察! 「大人カジュアル」ガイドブック Vol.34
2020.03.17
FASHION

銀座の名店で教えてもらったTJK(テーラードジャケット)最新活用術

スーツみたいで堅苦しい? ノンノン、テーラードジャケットはまさに魔法の1着だ。さっと羽織るだけで装いの品がアップ。さらに、その合わせ方次第でカジュアルさも損なわない。

その実例を、銀座の名店「ザ ソブリンハウス」にて拝見。あくまで気軽に楽しく、ね。

 

清潔感のある印象に特化した「TJK×デニム」の模範解答

伝統的なグレンチェックのテーラードジャケットですが、実はうっすらとブルーの格子が。
阿部幸司さん Age 42 ポイントはくるぶし丈のデニムにローファーを素足で履くこと。そうすることでヌケ感を演出できる。ジャケット6万5000円/ソブリン(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150)、その他私物

マジメのなかにある遊びがスタイルをこなれて見せます
「伝統的なグレンチェックのジャケットですが、実はうっすらとブルーの格子が。これが青みの強いデニムと合わせるときに利いてきます。ジャケットの色使いで清潔感と爽やかさを匂わせつつ、上下の細かい色合わせに気を配る。このちょっとしたテクニックが、ジャケットとデニムのスタイルをこなれて見せるポイントです。

インナーにはTシャツではなく、上品な印象のニットポロを選ぶのも重要。素足にローファーを履くことで程良いカジュアルさもキープさせました。インナーと靴の色を合わせれば、全体の統一感も生まれますよ」。

 

[左]インナーをクルーネックのハイゲージニット [右]ビット付きのローファー
左から3万6000円/ソブリン、2万8000円/パラブーツ フォー ユナイテッドアローズ(ともにザ ソブリンハウス 03-6212-2150)

OTHER CHOICE
[左]インナーをクルーネックのハイゲージニットにするのもあり。首元をスッキリさせることで、より清潔感がUPする。
[右]少しエレガンスを求めるなら、ビット付きのローファーを。こちらはラバーソールなので、普段使いにもいい。

NEXT PAGE /

無地の定番「ネイビーTJK」の汎用性

守備範囲が広いネイビージャケットを軸に、相性の良い黒と茶を、インナーとスラックスに取り入れてみました。
村田 聡さん Age35  ジャケット6万5000円、ニット3万6000円/ともにソブリン、パンツ2万7000円/カルーゾ、靴3万9000円/フェランテ、バンダナ5000円/フィオリオ(すべてザ ソブリンハウス 03-6212-2150)

ツヤっぽさを極力抑えて気取らない“2次会”スタイルに
「ノータイで臨むような結婚式の2次会では、カジュアルさと華やかさのいい塩梅が求められます。かっちり見えすぎず、でも特別感は欲しい。守備範囲が広いネイビージャケットを軸に、相性の良い黒と茶を、インナーとスラックスに取り入れてみました。

一方で素材選びも大切で、光沢が強いものはトゥーマッチ。ジャケットの質感に合わせて、優しいウール製をチョイスしました。靴は表革のものを選びがちですが、それだと面白みに欠けるのでスエードのスリッポンに。あとはアクセントにバンダナを首に巻けばOK!」

 

ネイビージャケットをブラックのパンツと合わせる場合に気をつけたいのは、暗すぎず青みのある1着を選んでメリハリをつけること。
ジャケット6万5000円、ニット1万7000円、パンツ1万6000円/すべてソブリン、靴3万9000円/フェランテ、チーフ6500円/フィオリオ(すべてザ ソブリンハウス 03-6212-2150)

格式高めの“観劇”シーンはモノトーン主体で攻略
「ジャズコンサートや歌舞伎鑑賞、そんな大人の観劇スタイルはジャケットにおまかせあれ。モノトーンでまとめた上下にネイビーの1着を羽織るだけで、誰でもカッチリ決まります。ネイビージャケットをブラックのパンツと合わせる場合に気をつけたいのは、暗すぎず青みのある1着を選んでメリハリをつけること。

また今回は、モノトーンに合わせて白×黒のチーフを。ピークとパフドを両方作り、嫌みのないドレス感を演出しました。さらに、ハズしとして存在感のあるブレスレットを合わせても休日らしくていいと思います」。

 

着回しアイテム

無地の定番「ネイビーTJK」の汎用性
6万5000円/ソブリン(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150)

ウールリネンのナチュラルな素材感が、凛としたネイビーの表地に優しさを与える。光沢を抑えることで、よりカジュアルな見え方に。

NEXT PAGE /

柄の定番「チェックTJK」の汎用性

シックな雰囲気に合わせて、まずは全体の色数を抑えましょう。そうすることで、細かい柄のジャケットがより上品に見えてくるはず。
後藤優人さん Age27 ジャケット4万5000円、ニット3万6000円、カーディガン3万6000円/すべてソブリン、チーフ7000円/ニッキー(すべてザ ソブリンハウス 03-6212-2150)、その他は私物

アンサンブル+TJKで“レストランデート”もお手の物
「想定したのは、ちょっと贅沢なフレンチディナー。シックな雰囲気に合わせて、まずは全体の色数を抑えましょう。そうすることで、細かい柄のジャケットがより上品に見えてくるはず。柄に柄を合わせるのも間違いではありませんが、難度が高いですしね。

このコーディネイトのポイントは、深い色みのネイビーニットをアンサンブルで使ったこと。色を統一することで散らかって見えず、スタイリングにまとまりが生まれます。また、席についてジャケットを脱いでも、ニットの重ね着によって砕けすぎないルックスとなります」。

 

ジャケットスタイルをドレスダウン。白のニットとノンウォッシュのデニムを合わせて、肩肘張らないクリーンなスタイルにまとめました。
ジャケット4万5000円、ニット1万6000円/ともにソブリン、靴2万2000円/ユナイテッドアローズ、チーフ7000円/ニッキー(すべてザ ソブリンハウス 03-6212-2150)、デニムは私物

目上の人に誘われた“ホームパーティ”はいつもの延長線上でも手を抜かず
「たとえ上司の家に招かれたとしても、ホームパーティでキメキメな格好はナンセンス。あくまで休日のリラックスした雰囲気を出しながら、実はちゃんと気を使っている。そのくらいがちょうどいいと思います。

となると、考え方はジャケットスタイルをドレスダウンさせる方向。白のニットとノンウォッシュのデニムを合わせて、肩肘張らないクリーンなスタイルにまとめました。『ちょっと飲み物買ってきて!』みたいな上司のリクエストにも即座に対応できるよう、足元は脱ぎ履きがしやすいスリッポンで仕上げています(笑)」。

 

着回しアイテム

柄の定番「チェックTJK」の汎用性
4万5000円/ソブリン(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150)

相性のいいブラウンとネイビーで上品なマイクロチェックを形成。柄のパターンが小さいため、主張が控えめで着こなしやすい。

 

鈴木泰之=写真(静物) 比嘉研一郎、恩田拓治、志賀シュンスケ、鳥居健次郎=写真(取材) 増田海治郎、髙村将司、いくら直幸、増山直樹、菊地 亮=文 長谷川茂雄、今野 壘、大関祐詞=編集・文

# ザ ソブリンハウス# テーラードジャケット# 着回し
更に読み込む