みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.33
2020.02.11
FASHION

老舗バッグブランド「セラピアン」がメイド・イン・ミラノにこだわる理由

「メイド・イン・ミラノ」にこだわるバッグブランド、セラピアン。この老舗のもの作りを見ていると、ある価値観を感じ取ることができる。それはずばり、手仕事に対する純粋な敬意と愛情である。

セラピアンCEO ジャコモ・コルテシ氏
「このバッグを見たとき“本物の宝だ”と思いました」CEO ジャコモ・コルテシ氏 1971年、イタリア・フィレンツェ生まれ。ボローニャ大学工学部を卒業後、’98年にサルバトーレ フェラガモでキャリアをスタート。2007年、モンブランのマネージングディレクターとしてリシュモングループに加わる。’17年にセラピアンのCEOに任命。プロサッカー選手としての経歴を持つ、3人の子供の父親でもある。

Brand Profile
1928年、ステファノ・セラピアンによってミラノで創業したレザーブランド。妻のジーナとともに、オーダーメイドを中心にバッグと革小物を製作した。レザーの編み込みが特徴の「モザイコ」、柔らかなカーフスキンを使った「カシミア」など、ミラノの洗練を具現するバッグをラインナップ。現在ヨーロッパ、アジア、アメリカで商品を展開している。

洗練されたデザインの根底にある真っ当なもの作り

最初に浮かんだのは「真っ当なもの作り」という言葉だった。良い素材を使った、丁寧な作りの、使いやすいバッグ。簡単なようでいて、真っ当な仕事を長く続けていくことはとても難しい。

「ドゥオーモ(※1)から歩いて10分の場所に新しい社屋があります。“ヴィッラ・モーツァルト”と呼ばれ、ショールームやビスポークサロンも併設されています。まさにミラノのど真ん中です」。

CEOを務めるジャコモ・コルテシ氏の口調に熱がこもる。彼は「メイド・イン・イタリーではなく、メイド・イン・ミラノなんです」と続けた。南北に長いイタリアは地方色豊かな国だ。ローマには豊穣な歴史があり、フィレンツェには絢爛たる芸術がある。ミラノという都市にあるのは、突出した洗練である。

水濡れや傷に強い型押しカーフスキン「エボリューション」を用いた、深いネイビーカラーのバックパック。/セラピアン
水濡れや傷に強い型押しカーフスキン「エボリューション」を用いた、深いネイビーカラーのバックパック。構築的かつ柔らかみのあるフォルムが特徴。スリットポケットなどの収納を数多く備えた、使い勝手のいいバックパックだ。H42×W31×D15cm 14万7000円/セラピアン(リシュモンジャパン 03-4461-8340)

セラピアンのバッグは確かにミラノの洗練を体現している。しかしながら冒頭に書いたように、その根本には真摯な、真っ当なもの作りの姿勢があると感じるのだ。それは創業者ステファノ・セラピアンの素性と浅からぬ関係があると思う。

ステファノの故郷は、イタリアから遠く離れたコーカサスの小国アルメニア。紛争を逃れミラノにやってきた彼の目に映ったのは、圧倒的な洗練とエレガンスだったに違いない。この地で認められる革小物を作らねばならない。ヨンメッリ通りにオーダーメイドのアトリエを開いたステファノはそう決意し、真摯な姿勢でもの作りに取り組んできたのだ。

「妻のジーナのアドバイスも、バッグ作りに大きな影響を与えたと思います。それはエレガントなデザインの徹底。女性ならではの視点です。今あるメンズのブリーフケースにも、ジーナの思いは受け継がれています。そのシェイプには柔らかさがあり、すべてのパーツは優雅な曲線を描いています」。

NEXT PAGE /

新たなデザインの発明とビスポークの血脈

ラム(羊革)のナッパレザーを格子状に編み込んだ「モザイコ」のトートバッグ/セラピアン
[上]ラムレザーを編み込んだ「モザイコ」のトートバッグ。H37×W39×D8cm 25万2000円、[下]同じく「モザイコ」の、イエローのカラーレザーが入った横型トート。熟練した4人の職人だけが、自分の色のカラーレザーをシグニチャー的に編み込むことができるという。H32×W49×D22cm 29万7000円/ともにセラピアン(リシュモンジャパン 03-4461-8340)

1947年、セラピアンに新たなデザインが誕生する。ラム(羊革)のナッパレザーを格子状に編み込んだ「モザイコ」だ。

「この『モザイコ』こそクラフツマンシップを象徴するデザインです。幅1cm以下のレザーテープを、その言葉のとおりモザイク模様に編み込んでいきます。熟練した職人による究極の手仕事といえます」。

上の写真にあるトートバッグのようにボディ全面に採用することもあれば、マチ部分にアクセントとして用いることもある。いずれにしても、ラグジュアリーな遊び心を具現するデザインといえる。

この「モザイコ」は瞬く間に当時のミラネーゼを虜にした。魅力的な色と華麗なデザインのオーダーメイドバッグ。その噂はミラノからヨーロッパ全体へと広がった。当時、ヨーロッパの富裕層の間では飛行機旅行がトレンドに。空の旅に携えるトランクやボストンバッグのオーダーが増加した。実際、’50〜’60年代のセラピアンのアーカイブには、さまざまな型のトラベルバッグが残されている。

「オーダーメイドのバッグを作り続けてきたことが、ブランドのレガシー(遺産)になっています。顧客の要望に応えるための、たゆまぬ技術の研鑽。既製品を多く展開する今も、ビスポークはセラピアンのアイデンティティなのです」。

レディスのハンドバッグ/セラピアン
レディスのハンドバッグ。3室のコンパートメントが特徴だ。各H15×W20×D13cm 23万7000円[手前]、26万7000円[奥]/ともにセラピアン(リシュモンジャパン 03-4461-8340)

コルテシ氏はそう言ってスマートフォンを取り出した。見せてくれたのは“ヴィッラ・モーツァルト”の中にあるビスポークサロンの写真。なんと1000色の革見本をカラーグラデーションにして、壁一面に貼っているのだ。

「ブランドの世界観を表現するための仕掛けではあります。しかし実際のところ、小さな革見本を一枚一枚めくっていくよりも、多彩なレザーをひと目で見渡したほうが、オーダーするお客様もイメージが湧きやすいのです」。

NEXT PAGE /

ブランドが買収されても何も変わることはない

撥水生地「ステパン」を使用したブリーフケース/セラピアン
撥水生地「ステパン」を使用したブリーフケース。H29×W43×D15cm 9万6000円/セラピアン(リシュモンジャパン 03-4461-8340)

ブランドを築いたステファノは’72年に他界し、息子のアルダヴァストが後を継ぐ。創業時の工房は近代的な工場となった。’80〜’90年代には素材、カラー、ライニングや金具類を変更するいわゆるカスタムオーダーのサービスも開始。そして2000年代には、世界中の有名百貨店でセラピアンが販売されるようになった。

さてリシュモングループ(※2)がブランドを買収し、コルテシ氏がCEOに就任したのは’17年のこと。就任当時、彼はブランドをどのようにディレクションし、どんな方向に導こうと考えたのか。

「ミラノ本店のリニューアルや新社屋“ヴィッラ・モーツァルト”のオープンなど、ブランドの世界観を伝えるための実務は多数こなしてきました。でも、それはとても簡単なことだったんです。ブランドには既に歴史と、ストーリーと、技術がある。初めてセラピアンのコレクションを見たとき、“本物の宝はもう手元にある”と思いました。私の役割はブランドのDNAをキープして、いかに伝えていくかだけだったんです」。

来る2月19日(水)〜3月3日(火)まで、ギンザシックス2階でポップアップストアがオープン。来日した職人による「モザイコ」の実演も予定されている。そのバッグを手に取り、ミラノで育まれた手仕事の粋を感じてほしい。

 

※1 ドゥオーモ
ミラノの中心部、同名の広場に位置するカトリックの大聖堂。ミラノ大聖堂とも呼ばれている。1813年に完成。以来戦火を免れながら、ミラノのシンボルとして親しまれ続けている。

※2 リシュモングループ
カルティエ、モンブラン、ダンヒルなど、数多くのラグジュアリーブランドを傘下に置く巨大企業グループ。スイスのジュネーブに本社がある。セラピアンは2017年に傘下に入った。

 

鈴木泰之(静物)=写真 加瀬友重=編集・文

# セラピアン# ブランド知り
更に読み込む