みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.29
2020.02.09
FASHION

「平日」「仕事」で着るだけじゃない。自由を手に入れるスーツの着方

クールビズから始まったカジュアル化や昨今の働き方改革など、社会が変容するなかでスーツの概念も変わってきた。

そして、仕事着としてではない、スーツの楽しさもあるのではないかとも思う。そう、スーツってもっともっと自由なものだから。

 

既成概念を捨てるとスーツはもっと自由だ

ボクシージャケットとテーパードパンツによる揃い服の代表格が、注目ブランドのグラフペーパーだ。
ジャケット6万8000円、パンツ3万2000円、シャツ2万5000円/すべてグラフペーパー 03-6418-9402、スニーカー1万2000円/コンバース 0120-819-217、メガネ3万5000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

GRAPHPAPER グラフペーパー
仕事着という枠に縛られない、シルエットの自由!

ボクシージャケットとテーパードパンツによる揃い服の代表格が、注目ブランドのグラフペーパーだ。定番の上下は、ルーズに見えすぎない独自のパターンで、ジャケットとパンツがグッドバランスをキープ。特殊な技法で毛羽を除去したウールギャバジンは、上質スーツのそれであり、シャツの第一ボタンを留めたノータイ姿も品良く見せてくれる。

スーツは、ヒールにされがちだ。昭和の高度経済成長期には、そのネズミ色が没個性的な“和製サラリーマン”の象徴とされたし、平成に入っては、クールビズによってその存在意義が問われた。

令和の今も、いまだスーツ=制服として、渋々お付き合いいただいている人もいるだろう。もし楽しめていないなら、その既成概念から解放されて、スーツの自由を手に入れてほしい。

その先にどんな自由があるのか。ひとつは、仕事スーツにおけるシルエットの自由だ。昨今ではセットアップ人気からスーツの回帰傾向があるうえ、リラックスフィットの流行も手伝って、ボクシーなジャケットにテーパードパンツといった揃い服が台頭。

特にクリエイティブ系やノマドワーカー、起業家がノータイで着る姿をよく見かける。「職種による」という声もあろうが、タイを締めれば十分キマる。正直、これくらい攻めていいとオーシャンズは思う。

NEXT PAGE /

スーツを着ると、ライフスタイルは豊かになる

構築的なシルエットが、体の凹凸を強調してグラマラスに見せてくれるプラダのネイビースーツ。/プラダ
スーツ31万9000円、シャツ5万8000円、タイ2万4000円、靴9万5000円[すべて予価]/すべてプラダ 0120-451-913

PRADA プラダ
「平日のもの」という価値観を過去に葬るオケージョンの自由!
構築的なシルエットが、体の凹凸を強調してグラマラスに見せてくれるプラダのネイビースーツ。遠目からもそのセクシーさが際立つ。一見無地に見えるが、細番手の光沢ある平織りウールには、細かなピンチェックのような織り模様がうかび、奥ゆかしさも。スリムフィットなパンツも、プラダが得意とするミニマルスタイルを体現。休日といえどタイドアップすることで、特別感が生まれて、気分も華やかになる。

もうひとつは、シーンの自由だ。スーツは、仕事での着用に限定されがちだ。休日におけるスーツの普段使い、とでも言おうか。これは、意識の持ちようでもある。休日にスーツを着たって“ええじゃないか”と。

問題は、いつ着る?ということ。大人になれば、少しかしこまりたいシーンはいくらでもあるはずだ。いい店での食事、観劇、参観日などなど。そこであえてスーツを選ぶのだ。

光沢があり、グラマラスで、ボディにフィットする遊び専用の一着を作るのがいい。これなら装いを楽しむためにも外出するだろうし、行動のバリエーションも増えること請け合い。

このように、スーツの自由は、ライフスタイルを豊かにする自由でもあるのだ。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介、星 光彦=スタイリング 増山直樹=文

# プラダ# カジュアル# スーツ
更に読み込む