2019.12.03
FASHION

北極探検隊に着想を得た本格ダウンは、なぜ、街でも信頼を勝ち得たか?

東京も、いよいよ本格的にダウンが必要な気温になってきた。選ぶなら、やはり定番のアウトドアブランドか、いやいや、デザイナーズだって悪くない。

そこにきて、新たな選択肢として急浮上しているダウンジャケットの専業ブランドが「アークティックエクスプローラー」だ。寒さの本場が生んだ、知恵とモノづくり。大人がそれを選ぶべき理由が、つくり手たちの言葉から見えてきた。

ダウンブランド、アークティックエクスプローラーのデザイナー
マイナス50度でも絶えられるダウンも作るロシアブランド「アークティックエクスプローラー」。流氷の中を進む船のグラフィックの入ったワッペンがアイコン。右がクリエイティブディレクションを担当するクセニヤ・チリンガロフさん。左はCEOのアナトリー・ツォイルさん。

ルーツにあるのは、探検家だった父の偉業

−−こんにちは!

クセニヤ こんにちは。クセニヤ・チリンガロフです。私がクリエイティブディレクションをしていて、横にいるアナトリーはブランドのビッグボス。だから、私はスモールボス(笑)。

アナトリー アナトリー・ツォイルです。よろしく。

−−昨年来日されたときは、ふたりに取材させていただきましたね。

クセニア そうでした! アナトリーがスナップしてもらったわね。

−−今回はいつ日本に来たんですか?

アナトリー ついさっき。1時間しか寝てないから、ちょっと眠いんだ(笑)。

−−お疲れのところ今回もありがとうございます。ところで、アークティックエクスプローラーが生まれた経緯には、クセニヤの家族が関係しているって聞いたんですが。

クセニヤ はい、それは私の父ですね。探検家なんです。

アナトリー 彼女のお父さんは、ソ連時代とロシア時代でそれぞれひとつずつ勲章をもらってるんだ。

クセニヤ そう。父が乗っていた船が北極で氷山に乗り上げてしまったときに、そこから船を救うのに貢献したことがひとつ。もうひとつは、小さな潜水艦で海底の北極点を世界で初めて探査して、そこに旗を立てたことが理由で、大統領から「ロシア連邦英雄」っていう名誉勲章をもらったんです。そんな父のレガシーを伝えたくて、彼とアークティックエクスプローラー、つまり探検家を象徴するダウンジャケットを作ろうと思い立ったんです。

クセニヤ・チリンガロフさん

モスクワ出身。世界的な探検家、アルトゥール・チリンガロフを父に持ち、10年来フリーランスのジャーナリストとして「ヴォーグ ロシア」や「エル ロシア」などに携わったのち、2013年にアークティックエクスプローラーを設立。

−−では、このブランド名はお父さんのことを表している?

クセニヤ そうですね。ただ、純粋に「探求する」という意味も込めていて、それはいろんな人に当てはまるし、もっといろんな意味を持ってると思っています。ダウンジャケット専門のブランドは世界中にいくつもあるけど、ロシアではアークティックエクスプローラーだけなんです。うちのダウンはすべて裏地が2枚重ねになっているんですが、実はそれはロシアでは当たり前のこと。やっぱりほかの国とは寒さの次元が違うので、もしも裏地が破れて中の羽毛が出てきたりすると防寒性が下がって命にも関わりますから。そういうモノづくりも、極寒の地の知恵から来ているんです。

クセニアさんのオススメモデル「CHILL(チル)」


コットン混ポリエステルのシェルとロシアンラクーンのファーをあしらったフードが特徴的なブランドの象徴的モデル。「英語の“CHILL”には「リラックスする」っていうのと「寒い」というふたつの意味があるの。そこに、私の父の姓のチリンガロフを掛けていて、個人的にもいちばんのお気に入り。機能面とファッション性のバランスがすごく良いと思っています」(クセニヤ)。11万円/アークティックエクスプローラー(ブルーウッド 03-5709-1098)

NEXT PAGE /

右肩のハンドルにあった意外な背景

−−アイテムの生産背景についても教えてください。

クセニヤ アークティックエクスプローラーのジャケットを生産しているのは主に、ソビエト時代に軍隊や探検家のためのウェアを作っていた工場です。当時は政府がコントロールしていたようなところ。クオリティは間違いないですね。

アナトリー バックグラウンドも大切にしてますが、僕たちにとっていちばん大事なのはやっぱり品質。ひとつのアイテムができたら、必ず2〜3回はテストしてクオリティコントロールしています。生地もそういう視点で選びますね。アークティックエクスプローラーのダウンジャケットに袖を通したら、探検家の気分が少しだけ味わえるんじゃないかな(笑)。

アナトリー・ツォイル

サンクトペテルブルグ出身。ジョーク多めのユルい人柄ながら、実はエルサレムのヘブライ大学で経済学の学位を取得したインテリジェンスの持ち主。20年以上の間、銀行業界で辣腕を振るった後、クセニヤと共同でアークティックエクスプローラーを立ち上げた。

−−アークティックエクスプローラーのダウンには、片方の肩に太いハンドルがついています。あれには意味がある?

クセニヤ あれは、氷の上で足を滑らせて海に落ちた人を引き上げるときに掴むため、探検用のウェアに設けられていたディテールが元ネタなんです。本当は両肩についているんですが、ファッション的にはちょっとトゥーマッチ。それで、私が右利きだから右だけを残しました(笑)。

アナトリー 渋谷の人混みで迷ったら、これで引っぱってもらえばいいかもね(笑)。

アナトリーさんのオススメモデル「SPECNAZ(スペツナズ)」


ショート丈のボディにたくさんのポケットを配したデザインが目を引く。モデル名はロシアの特殊部隊から。「スペツナズのタクティカルベストから着想を得たデザイン。フロントの大きなポケットも上下で分かれていて機能的。丈が短めで、車を運転するときに楽なのも気に入っているポイントなんです」(アナトリー)。もちろん、右肩にはハンドルが付く。10万5000円/アークティックエクスプローラー(ブルーウッド 03-5709-1098)

NEXT PAGE /

ブランドと日本の友好関係

−−(笑)。アークティックエクスプローラーは日本でも広まってきているけど、それについてはどう感じますか?

クセニヤ 日本の人たちはすごくお洒落だし、インスタグラムでも若い人たちがアークティックエクスプローラーのダウンを着てくれているのを見かけます。本当にハッピーですよ、この状況は。

アナトリー ほかの国では俳優やミュージシャンといったアッパーな人たちが真っ先にウチのダウンを着てくれることが多いんだけど、日本はストリートの人たちがまず着てくれている。それが嬉しいですね。

−−ロシアでも日本のファッションへの関心は高まってますか?

クセニヤ もちろん! 日本のブランドはロシアでもどんどん広まってます。日本のブランドはクオリティがとても高いから、いろんな洋服がある中から日本のブランドを選ぶ人が増えてるんですよ。イッセイミヤケにコム デ ギャルソン、ジュンヤ・ワタナベ……挙げたらキリがないですが、私はアンダーカバーが特に好き。

アナトリー 僕はアシックスだな(笑)。日本のブランドはユーモアがちゃんとあるし、ミニマリスティックだよね。こういうモノづくりはヨーロッパからはなかなか生まれてこないと思います。

クセニヤ 日本のデザインってヨーロッパともアメリカともやっぱり違うんです。 シルエットとか色使いとか、やっぱり独特。そういえば私、幼稚園のとき「私のおばあちゃんは日本人なんだ」ってずっと言ってました(笑)。

2人のオススメモデル「MONSTER(モンスター)」


レイヤードで防寒を図る米軍の規格、ECWCSの最高位に当たるレベル7のモデルがイメージソース。「これは今シーズンから登場したデザインで、どれよりもファッショナブルだと思っています」(クセニヤ)。「ミリタリー好きな男性にはぜひ着てもらいたいですね。コテコテじゃないから品も保てますよ」(アナトリー)。スペックは他モデルと相違なく、ロシア産の上質なグースダウンを使用している。11万8000円/アークティックエクスプローラー(ブルーウッド 03-5709-1098)

−−えぇ! ホントに?

クセニヤ なんでそんなことを言ったのか理由は覚えていないんですが、もう5、6歳の頃にはそれくらい日本が大好きだったことは間違いありません。お母さんに「着物を買って欲しい」とねだったこともありましたし。

アナトリー 僕も日本は好きだなぁ。今回のステイは遊んでる時間がないから、次に来るときにはもっとゆっくりしたいね。

−−ぜひ! 日本には美味しい店もたくさんありますから。

クセニヤ 酔い潰れたら、ちゃんと肩を掴んで引っ張っていってあげるからね。

アナトリー じゃあ、アークティックエクスプローラーのダウンを着てなきゃね(笑)。

 

[問い合わせ]
ブルーウッド
03-5709-1098

高橋絵里奈=写真 今野 塁=文

# アークティックエクスプローラー# ダウン# ロシア
更に読み込む