2019.08.15
FASHION

ファッションのプロが見せる、40代都会派リアルクローズ3例

オーシャンズっぽい格好って何だろう? もちろん答えはひとつではないし、多様性があることがオーシャンズらしいことでもあると思う。ひとつの答えとして、ファッションのプロにオーシャンズな格好を披露してもらった。

ベーシックなアイテムで今っぽく都会的に見せる

Tシャツの上に重ねたのはビューティ&ユースのロンTで、ショーツはオーシャンパシフィックのビューティ&ユース別注品。

ユナイテッドアローズ クリエイティブディレクター
松本真哉 さん Age 43
ユナイテッドアローズとビューティ&ユースを統括し、スーツからカジュアル服まで熟知する松本さん。奇をてらわず、ベーシックなアイテムで上品かつ都会的に見せる着こなしは、誰もが理想とする大人のスタイルだ。

「お洒落と言われるよりも、シンプルで格好いいと言われるほうがオーシャンズっぽいでしょう?」とのコメントどおり、軽快なモノトーンスタイルを披露。Tシャツの上に重ねたのはビューティ&ユースのロンTで、ショーツはオーシャンパシフィックのビューティ&ユース別注品。

パパラッチ199109
Point 1
Point 1
オリバーピープルズのサングラスはお気に入りで何本か所有しているという。こちらは、薄いオレンジ色のカラーレンズに交換し、今っぽい気分を味付け。
Point 2
Point 2
バイイングで訪れたサンタフェで、ターコイズと彫金に惹かれて購入したバングル。シンプルなコーディネイトのアクセントとして重宝している。
Point 3
Point 3
色違いやサイズ違いでも購入したほどお気に入りという、パタゴニアのポーチ。普段使いはもちろん、出張時にはバッグインバッグとしても活躍。
Point 1
Point 2
Point 3

「白いコーデュロイのショーツは、僕にとって夏の定番。普段からカットソーはジャストよりかはワンサイズ上を選んでいますが、最近はツーサイズ上が気分ですね。夏のカットソーは特に生地感が重要で、体のラインが出づらいヘビーウェイトなものがおすすめです」。

NEXT PAGE /

ユーモアのある可愛さがオトナにはあってもいいと思う

動きやすさを重視して、ノンネイティブ×ビューティ&ユース×グラミチのパンツを主役にしました。

スタイリスト
宮島尊弘 さん Age 49
海辺の町、葉山と都内を行き来し、広告やミュージシャンを中心にスタイリングを手掛けている宮島さん。サーフィン、キックボクシングといったアクティブな趣味を持ち、それはコーディネイトにも表れている。

「動きやすさを重視して、ノンネイティブ×ビューティ&ユース×グラミチのパンツを主役にしました。足元はMADE IN USAのニューバランスで、1300に似ていますが型番は不明です」。

パパラッチ199109
Point 1
Point 1
愛用するサングラスはアヤメのウェリントンで、クリアブラックのフレームが涼しげ。すっきりとサイドを刈り上げ、トップを残したヘアスタイルも似合ってます。
Point 2
Point 2
シンプルな着こなしでアクセントとなるのが、左胸に配された、可愛いブランドロゴ。アクセサリー的な役割も果たすイヤホンは、ビーツ・バイ・ドクタードレ。
Point 3
Point 3
普段から愛用している腕時計は、ロレックスのスポーツモデル。こちらのエクスプローラーⅠ以外にも2本所有しているそう。現行モデルより小径なタイプ。
Point 1
Point 2
Point 3

アクティブで都会的な装いのなかに、もうワンポイント、宮島さんが考えるオーシャンズらしさが、ユーモアだ。アクネのTシャツのロゴを指差し「ピクト君って言うんだけど、このワンポイントがいいでしょ? ミニマルになりがちなサマースタイルにも、こんな“シャレ”たものが効果的」。宮島さんのような、小さな遊び心も、オーシャンズらしさのひとつなのだ。

NEXT PAGE /

アメカジ、ストリートを通過した40代に刺さるリアルクローズ

「アメカジやストリートを通ってきた僕ら(OC)世代にとって、親しみのあるブランドの服でコーディネイトしました」

ヴァイナル アーカイヴ デザイナー
大北幸平 さん Age 43
「アメカジやストリートを通ってきた僕ら世代にとって、親しみのあるブランドの服でコーディネイトしました」と話す大北さん。リネン混のシャンブレーシャツはインディヴィジュアライズド シャツと、ブラウンのワークパンツはディッキーズと、それぞれが自身のブランドとのコラボ作だ。

専業ブランドのモノ作りへのリスペクトを込めながら、ヴァイナル アーカイヴらしいサイジングと素材感に仕上げているから、見慣れたアイテムでも新鮮に見える。「足元にヴァンズのスリッポンを選んだ理由は、週4〜5回通う柔術の道場で脱ぎ履きすることが楽だから」というのも、気取らない彼らしい答えだ。

パパラッチ199109
Point 1
Point 1
サングラスは、日本のアイウェアブランド、A.D.S.R.とヴァイナル アーカイヴのコラボ作。赤みを帯びたブラウンのメタルフレームがポイント。
Point 2
Point 2
シャンブレーの開襟シャツは、米国の名門インディヴィジュアライズド シャツのもの。素材はドライな着心地と高い通気性が特徴のリネン混。
Point 3
Point 3
スニーカーはヴァンズのスリッポン プロ。ウルトラクッシュなる、クッション性の高いインソールを搭載。足腰をいたわりたいOC世代にもおすすめだ。
Point 1
Point 2
Point 3

「アメカジもストリートも40代にとっては原体験。ただ、それをちゃんとアップデートさせ、今の気分できれいめに着こなすことが、オーシャンズっぽいということなのだと思います」。

# パパラッチ# 業界人
更に読み込む