2019.08.06
FASHION

ミュージシャンの人気とTシャツの価値は比例する? 狙い目は誰?

されど、Tシャツ。●これまで何枚着てきたか、Tシャツ。服としては何よりシンプルなつくり、Tシャツ。理想の一枚に出会ったと思ってもすぐに次が欲しくなる、Tシャツ。されどで探す、今年いちばんの、Tシャツ。

ニルヴァーナ、ソニック・ユース、ビョーク……今やウナギ登りの音楽系Tシャツの価値。ヴィンテージTシャツシーンにおいて人気が高いのは“誰”のTシャツなのか。

門畑明男さん●1940〜70年代のアメリカンヴィンテージウェアをラインナップする『フェイクアルファ』のバイヤー。
門畑明男さん●アメリカンヴィンテージウェアを扱う名店「フェイクアルファ」のバイヤー。古着と同じく音楽も好きで、ニルヴァーナのTシャツにフォーカスしたビジュアルブック『HELLOH?』を出版している。

あまりにも好きすぎてニルヴァーナのTシャツ本『HELLOH?』を発行した門畑さんに、次なる狙い目ミュージシャンを突撃。目利きのヴィンテージバイヤーは、アーティスト人気とTシャツの価値の関係をどう考える?

 

価値あるミュージシャンを計る物差しとは?

右はフェイクαで、現状もっとも高価とされている一枚。左は、ボーカルのジョー・ストラマーを含むメンバー4人のポートレート。
[右]1980年に発表した3枚組アルバム「サンディニスタ」のジャケット写真をプリント。3万9800円、[左]ボーカルのジョー・ストラマーを含むメンバー4人のポートレートがインパクト大。。3万9800円/ともにフェイクアルファ 03-3404-0168

—ちなみに今、店にあるバンドTでいちばん高いのっててどれですか?

門畑 ザ・クラッシュの「サンディニスタ」ジャケの一枚(写真上・右)と、メンバー4人のポートレイトのやつ(写真上・左)ですかね。個人的にはステンシルプリントを施したこの一枚にアガりますけど。

クラッシュのライブ時にスタッフへ配られたTシャツ。
クラッシュのライブ時にスタッフへ配られたTシャツ。2万5000円/フェイク アルファ 03-3404-0168

—ん、これは?

門畑 クラッシュのライブで使われていたスタッフTです。

—おー! でもこれ、バンド名に“THE”がついてない。

門畑 アメリカのディーラーから購入したのですが、最初は僕も気になって「本物?」ってしつこく聞いたんです。そしたら着用しているライブの写真を見せてくれて。一般販売はおそらくされていないですね。

—そういう背景にも惹かれますよね、男は。

門畑 音楽が好きだったらやっぱりそうですよね。背景だったりちょっとしたエピソードにも価値を感じますよね。こちらもそう。

英国のタブロイド紙『ザ・サン』に掲載された記事をそのままプリント。セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスが他界したことを伝えている。
英国のタブロイド紙『ザ・サン』に掲載された記事をそのままプリント。セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスが他界したことを伝えている。3万5800円/フェイク アルファ 03-3404-0168

—これもまた……。

門畑 プリントされているのは、1979年にシドが亡くなったときの記事です。70年代のボディなので、リアルタイムで発売されたものでしょうね。

—テロテロでスケスケになりそうですけど、欲しいなぁ。

門畑 僕ら30〜40代にとってバンドTは、ファッションであると当時に自身のアイデンティティでもありますからね。そうなり得る強いカリスマ性を持ったアーティストのTシャツは、価値もやっぱり上がります。

NEXT PAGE /

これからプライスが上がりそうなバンドって?

—今、注目しているバンドTってありますか?

門畑 最近はスリップノットの人気がスゴいですね。あと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは近いうちにくると思います。恐らく2、3度、ブームがくるのではないでしょうか。

昨年発表され話題を呼んだ『HELLOH?』。ニルヴァーナの貴重なヴィンテージTシャツや愛用品を収めたこの本の発起人が門畑さん。
昨年発表され話題を呼んだ、ニルヴァーナのヴィンテージTシャツ本『HELLOH』。この本の発起人が門畑さん。監修にも携わり、自身の私物も大量に公開している。5000円/フェイクアルファ 03-3404-0168

—その心は?

門畑 すでに評価が確定しているニルヴァーナと同じような、熱狂的なファンがいるから。それでいて“誰も知らない”マニアックな存在でもない。そして、グラフィックとして優れたTシャツが多い。同じ目線でレディオヘッドにも注目しています。イギリスのバンドのTシャツは玉数が少ないっていうのもポイントです。

—UKロックでいえばオアシスはどうですか?

門畑 重要なのは、さっきの熱狂的なファンと、一定のポピュラリティのバランスです。オアシスはみんなのものというか、コアな層の力が弱い。値段を左右するのは、その層の熱量だったりしますから。

—そう考えると、ビョークTシャツの価格高騰はわかる気がします。

門畑 熱狂的なファンがいますからね。おそらく、女性ミュージシャンのポートレートTシャツでダントツの人気じゃないでしょうか。ローリング・ストーンズのTシャツが人気のわりにプライスが落ち着いているのは、おそらくコア層の熱量の問題だと思いますね。

ローリング・ストーンズが1981年に行った伝説的ライブツアー、ドラゴンツアーの際にデザインされたアイテム。
ローリング・ストーンズが1981年に行った伝説的ライブツアー、ドラゴンツアーの際にデザインされた一枚。世界的知名度を誇るバンドにしては値段は控えめ。考えようによってはチャンス。1万9800円/フェイク アルファ 03-3404-0168

—みんなのストーンズですもんね。

門畑 そうですね。その点、今後はパンクバンドにも注目です。熱狂度は間違いなく高いですし、数も多くはないでしょうから。

—ほかのジャンルはどうですか? 例えばテクノとかヒップホップとか。

門畑 ヒップホップはもうキテますよ。ある女性シンガーのTシャツの価値は青天井と聞きました。テクノも掘り甲斐ありますね、エイフェックス・ツインとか。これらは世界を探し回ってもほとんど出てきませんけどね。

—もう世界的ブームなんですね。

門畑 そのとおり! ブームは日本だけじゃありません。古着好きと音楽好きは、90年代頃まではいわばイコールだったところもありましたが、今はそうじゃない。だから、新しい価値観がどんどん生まれていく。数年前まで、90年代のTシャツがこんなに価値を高めるなんて思っていませんでしたから。そういう想定外が、古着の面白さでもあるんです。

 

 

[話を聞いた店]
フェイクアルファ
住所:東京都渋谷区神宮前1-8-21
電話:03-3404-0168
営業:12:00〜20:00 無休

菊地 亮=取材・文

# Tシャツ# ヴィンテージ# 音楽
更に読み込む