一目惚れ、もう迷わない サイコーッ!の夏カジ。 Vol.14
2019.07.08
FASHION

ヴィンテージアイウェアの魅力は歴史? 稀少価値? それとも……

ヴィンテージのクルマやデニムが好きだったら、きっと「ヴィンテージアイウェア」も好きになると思う。いったいどんな魅力があるのか。どんなモノを選べばいいのか。ふたりの好事家の話に耳を傾けてみたい。

ヴィンテージアイウェアについて語ってくれた人

「グローブスペックス」代表
岡田哲哉さん(59歳)

日本を代表する、そして世界中のメガネファンが注目するショップ「グローブスペックス」。その代表を務める岡田さんはあらゆる国のアイウェアに精通する“達人”である。

 

 

「オールド ジョー」デザイナー
髙木雄介さん(40歳)
「オールド ジョー」は、さまざまな国、年代のデザインからヒントを得て“現代のヴィンテージ服”を作り出すブランドだ。個人的にはプロダクト全般において’30年代が好み。

 

 

古くなったとしてもその価値は下がらない。

ーー髙木さんがヴィンテージアイウェアに目覚めるきっかけが「グローブスペックス」だったとか。

髙木 10年以上前になると思いますが、グローブスペックス渋谷店でザ・スペクタクルのフレームを見たとき、その状態の良さに衝撃を受けました。

岡田 ザ・スペクタクルはアメリカのブランド。ここが特殊なのは、1920〜’70年代のあらゆるヴィンテージフレームを集めて、いったんパーツごとにバラし、注文が入ったら組み上げて製品にするという点。膨大な量のストックがあるんです。

イエローゴールド貼りの繊細で優美なフレーム/ザ・スペクタクル
10万9000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

テンプルの位置を上げて視界を広げた画期的設計
イエローゴールド貼りの繊細で優美なフレーム。1930年代後半のボシュロムもの。これ以前のものは、テンプルの位置はもっと下に設定されていた。

髙木 イエローゴールドやホワイトゴールド張りの細いフレームに緻密なフィリグリー(彫金)が施されていて本当に美しい。それ以来グローブスペックスに通うようになって、今ではザ・スペクタクルだけで5本持っています。

岡田 メガネの世界に「彫金のフレーム」が多く見られるようになったのは’20年代以降のこと。これは世界恐慌の影響です。職を失ったジュエリーの彫金職人たちがメガネ業界に参入して、装飾的な美しいフレームを作り始めたんです。それ以前のフレームは実用本位で、装飾はほとんど見られませんから。

ーーマニアックな話のようですが、ヴィンテージの世界に足を踏み入れると、モノが作られた時代“込み”で魅力になってきますよね。

岡田 車にしてもデニムにしても、そういうデザインとなった理由、その素材を使った理由というのは、多かれ少なかれ生産当時の社会の状況と必ず関係しています。だからヴィンテージを語ると話が長くなってしまうんです(笑)。

髙木 でも、すごくわかりまね。例えばアメリカでは、’30年代に優れたモノが生まれています。服もインテリアも、プロダクト全般について言えると思います。第二次世界大戦前の、いちばんいい時代ですね。

NEXT PAGE /

ヴィンテージ好きがよろこぶストーリー

ーーそもそも「ヴィンテージアイウェア」とは、どのあたりの年代のものを指すのでしょうか。

岡田 メガネの世界では’50年代以前のものを「アンティーク」と呼んでいます。古いもので、’10年代。それ以降の’50〜’70年代、最近では’80年代くらいまでが「ヴィンテージ」です。

アンティークらしいレトロな丸メガネ
4万5000円/レスカ・ルネティエ(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

アンティークらしいレトロな丸メガネ
フランス、ベルギー、オランダで作られたメガネはこんなラウンドが多い。こちらは1950年代のフランス製。

髙木 やっぱり古いものほどリペアが必要なんですか?

岡田 いや、そうとも限りません。僕が今掛けているのは’20年代のものですが、ほぼ当時のままです。丁寧に金張りが施されていますから地金の腐食や劣化もない。100年くらいは使えそうですね(笑)。

ーー’20年代以降は、ヴィンテージアイウェアにどんな変化が起きたのでしょうか。

岡田 例えば’40年代の米軍のパイロット用サングラスは、ねじれを防ぐためにダブルブリッジになっています。これが’50年代以降「格好いい」ということで、さまざまなメーカーが一般向けに作り始めたんです。

「アメリカン・オプティカル」が米軍に納入していたパイロット用サングラス。/グローブスペックス
15万7000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

’40年代のパイロット用はダブルブリッジの走り
「アメリカン・オプティカル」が米軍に納入していたパイロット用サングラス。フレームはホワイトゴールド張りという贅沢な仕様。

髙木 ダブルブリッジは剛性を高めるためのディテールだったのか……。

岡田 それまではシングルブリッジだけだったんですよ。

髙木 もともとあらゆる分野のヴィンテージが好きですから、こういうお話は大好物です。

ーーまったく話は尽きないわけですが、ヴィンテージが持つ“歴史”以外の部分の魅力とは何でしょうか。

髙木 やはり「1点モノ」というのが圧倒的かなと思っています。選ぶ基準は、掛けてみて自分に合うもの。気が付くと同じようなものばかりを買っていますね(笑)。

岡田 結局選び方も普通のメガネと変わらないんです。古いからといって掛け心地に難があるわけでもない。顔の幅や鼻の高さに合わせて、テンプルもノーズパッドも調整できます。

髙木 そう、調整してもらえるからほとんど不自由を感じないんです。「ヴィンテージアイウェアはサイズが小さいから似合わない」と思っている方も、“掛けず嫌い”せず、ぜひ一度試してほしいですね。

NEXT PAGE /

結局「ヴィンテージには勝てない」のか?

ーー製品の作りなどについて注意すべき点はありますか?

岡田 私の店で扱っているヴィンテージには製品保証がついていますので、あまり心配する必要はありません。古着店や蚤の市などで買うときは基本的に自己責任。負担の大きいヨロイ(フロントとテンプルの接合部)にガタがきているものは避けたほうがいいかもしれません。でも「それでもいい」と買う人もいるわけですから、結局個人の好みになってしまいますよね。

髙木 それよりも、ヴィンテージを知らない人にとっては「本当にこの値段は適正なのか?」という疑問があるかもしれません。決して安いものではないですし。ザ・スペクタクルを買おうと最初に思ったのは、コンディションが非常に良かったからなんです。確かに1点モノですけど、いろいろなタイプが選べますし、きれいにクリーニングされていますし。

岡田 金張りのアイウェアは、やはり現代のものよりもクオリティが高いと思います。プラスチックフレームも、古いものは油分を多く含んだ可塑剤(合成樹脂に加えて柔軟性を向上させる添加薬品)が入っているので耐久性があります。今のものに比べて多少重量感がありますが、その質感が好きだという方も多い。それと、今はNC加工機で滑らかに作るのですが。昔はセルの一枚板を金型で打ち抜いていたんです。もちろん最後に磨きますが“角が立っている”(と、’50〜’60年代のフランス製フレームを見せながら)んですよね。

“角の立った”プラスチックフレーム /グローブスペックス
4万5000円/レスカ・ルネティエ(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

“角の立った”プラスチックフレーム
’50〜’60年代のサングラス。フランス・ジュラ地方で作られたクラウンパントと呼ばれるクラシックなフレーム型。

髙木 “角が立っている”という表現はよくわかります。今、市場ではフレンチフレームが熱いんですよね。セルの厚さでレア度が変わってきますが……。店によっては40万円、50万円という値段がついています。

岡田 同じ年代でも、アメリカのものは逆にヌメっとしています。とことん磨いて角をなくしているという。

髙木 一見チープでおもちゃっぽいですよね。でもそれが逆にいい。

アメリカン・オプティカルの「サラトガ」というモデル。/グローブスペックス
7万6000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

独特の質感が魅力のアメリカ産ヴィンテージ
アメリカン・オプティカルの「サラトガ」というモデル。丁寧な磨き仕上げによって得られた、ヌメっとした質感が特徴だ。

ーー再びマニアックになってきましたが(笑)、ヴィンテージアイウェアの魅力をまとめると、素材がいい、作りがいい、モノにストーリーがある、というところでしょうか。

髙木 車も家具も、古いモノって価値が下がらない。売るわけではないんですが、ある意味投資になるというか。買ったときがピークではなく10年後に値段が上がっている。今、現代の服を作っている僕としては悔しいんですよ。結局「ヴィンテージには勝てない」ですから。

岡田 男性が身に着けることのできる数少ない“ジュエリー”とも言えますね。基本的に実用のものだから、奥さまにも怒られないし(笑)。

NEXT PAGE /

選んで損はないヴィンテージアイウェア3本

時代に淘汰されずに残ってきたヴィンテージアイウェアは、いつまでも古びることはない。そればかりか、この先よりその稀少性が高まっていくのである。以下は、岡田さんにセレクトしてもらった魅力溢れるヴィンテージアイウェアだ。

’50年代のアメリカ人活動家、マルコムXが掛けたアメリカン・オプティカルのフレーム。/グローブスペックス
7万2000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

マルコムXが掛けていたコンビフレーム
’50年代のアメリカ人活動家、マルコムXが掛けたアメリカン・オプティカルのフレーム。プラスチックと金張りメタルのコンビが知的な印象。

ボシュロムの’50年代のサングラス。/グローブスペックス
10万5000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

’50年代のアメリカで流行した「スピードライン」デザイン
ボシュロムの’50年代のサングラス。当時クルマのドアノブや冷蔵庫のハンドルにも見られた「スピードライン」という線デザインが特徴。

’60年代のアメリカで人気を博したセレクタのヴィンテージ。/グローブスペックス
5万円/レスカ・ルネティエ(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

「ビール茶」と呼ばれる深みのある色合いが見事
’60年代のアメリカで人気を博したセレクタのヴィンテージ。コレクターの間で「ビール茶」と呼ばれるフレームカラーだ。

鈴木泰之=写真(静物・取材) 實川治德、加瀬友重=文

# アイウェア# ヴィンテージ# グローブスペックス# 対談
更に読み込む