オーシャンズ的 大人改造計画 Vol.26
2018.06.12
FASHION

“昭和のおじさん”にならないためのいまどきポロシャツ活用術

父の日のプレゼントとしてもよく贈られるポロシャツ。ゆえに、今のファッショントレンドである反面、一歩間違えればどこかオジンくささが漂ってしまう。昭和のオトーチャンみたいにならず、今っぽくスマートに着こなすためのポイントとは?

「オーシャンズ的パパ改造計画」を最初から読む

実は、ポロシャツの着こなしは、それほど難しくない。むしろTシャツ代わり、といったライトなアプローチで対峙すれば、もともと着回し力があるためすごく便利なアイテムに感じられる。タックインしたり、ボタンをきちんと留めるなど、細部に気を使うだけでも雰囲気が変わって新鮮に見えるし、ポロシャツ自体に品があるので、パンツの色で遊んだりするのも、今っぽい空気感になるはずだ。

[今回の悩めるオッサン]

会社員 三村周平さん
年齢/34歳 身長/165㎝ 体重/54㎏

Q1. 休日のワードローブを教えてください。
グラミチのパンツにヴァンズのスニーカーが定番です。ストリートテイストの格好が多いですね。

Q2. よく行くショップや好きなブランドはありますか?
フリークスストア、ジャーナルスタンダードなど、セレクトショップによく行きます。ブランドはA.P.C.が好き。

Q3. 服装について何か悩みはありますか?
身長が低いのでサイズ感にいつも苦戦。また、クラシックなものやキチンと感のあるものがあまり似合わない。

Q4. やってみたい格好があれば教えてください。
普段の格好や体格のこともあり、若く見られがち。もっと大人っぽく見える格好をしたいです。

[今回のスタイリスト]


スタイリスト 星 光彦
本誌をはじめ、ファッション誌やタレントのスタイリングを手掛ける。仕事と育児に奮闘する新米パパ。最近忙しく娘と遊べていないのが悩み。


ヘアメイク 田畑裕大
東京・表参道のサロン「アルファラン」で勤務する傍ら、フリーランスのヘアメイクとしても活躍。サロンの予約は03-6450-6583まで。

 

[ヘアスタイルの改造ポイント]

サイドとバックにボリュームのあるバランスの悪さを、耳回りと襟足をスッキリさせることで解消。あまり刈り上げすぎず、トップは逆にボリュームを残している。スタイリングは全体的に立ち上げるイメージで。

NEXT PAGE /

[今回のスタイリングのポイント]

ポロシャツを無難な着こなしで終わらせないために

ポロシャツは後述。肩に掛けたカーディガン2万8000円/ヴァイナル アーカイブ(エルエムエイチ 03-6427-5136)、パンツ2万8000円/ジャブス アルキビオ(ビームス ハウス丸の内 03-5220-8686)、スニーカー1万1000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)、メガネ3万7000円/ルノア(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

ザ・オッサンの定番スタイルといえばポロシャツ×スラックス。ただ、きちんとボタンを留める、カーディガンを肩に掛ける、といったさりげない味付けがただのオッサンで終わらせない秘訣に。

 

定番の合わせにはタックインで今っぽさを加える

ポロシャツは後述。デニム1万2000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、ブーツ2万2000円/クラークス オリジナルズ(ビームス 原宿 03-3470-3947)、ベルト4万4000円/J&Mデヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店 03-6427-1810)

ポロシャツにプラスしたのは、色落ちしたスリムデニムにクラークス。定番のカジュアルアイテムを取り入れるときは、タックイン&ベルトでキチンと感を出し大人っぽく仕上げたい。

 

グッと大人っぽくなる! Tシャツ代わりのポロシャツ

ポロシャツは後述。ショーツ1万円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033、ハット8000円/フォーク(ベンダー 03-6452-3072)、胸に掛けたサングラス6万3000円/ミスター・ライト(グローブスペックスストア 03-5459-8377)

海や山、アクティブなシーンを想定したスタイルにもポロシャツは有効。Tシャツを合わせがちだけど、それとは違った大人っぽさを醸し出せる。その分、ショーツは気分な派手色で遊んでみるのもいい。

 

ミリタリースタイルをスマートに見せるために!

ポロシャツは後述。パンツ2万6000円/ウールリッチ(ウールリッチ 表参道店 03-6427-1819)、スニーカー1万2800円/ニューバランス スケート スタイル×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

カーゴパンツの人気再燃とともに、ファティーグパンツもこの夏、注目しておきたいアイテムだ。ミリタリースタイルでも、ポロシャツが本来持ち合わせている品の良さを活かせばカジュアル過ぎることはなくなる。

 

[今回のホットなキーアイテム]
「ラコステのポロシャツ」

1万3000円/ラコステ 0120-37-0202

伝説のテニス選手、ルネ・ラコステによって生み出された傑作「L.12.12」は、ポロシャツの元祖であり今年で85周年を迎える。少し光沢感のある鹿の子生地のボディは、丈夫でありながら、柔らかな着心地。豊富なカラーが揃うのも特徴だ。

 

オジサンくさくなりそうだからと頭ごなしに避けてはもったいない。ちょっとしたアレンジによって、夏の頼もしい味方となってくれるアイテム。さあ、今夏こそ活用すべし!

清水将之(mili)=写真 星 光彦=スタイリング 田畑裕大(ALFALAN)=ヘアメイク

# パパ改造# ポロシャツ# ラコステ
更に読み込む