2018.05.08
FASHION

「どんなパンツにも着回せます」をショップ店員が実践! シップス編

ショップで個性の強い服を片手に、買おうかどうか悩んでいると、スタッフに「この服、実は何にでも似合いますよ」と言われたことはないだろうか? きっと誰もが一度や二度、そんな経験はあるはずだ。

しかし、魅惑的なこのセリフ、本当なのか? その真偽を確かめるべく、都内の人気セレクトショップ8店のスタッフに、クセのある服を実際に着回してもらった。

今回は、シップス 銀座店の下村諒介さんが登場。「ギットマン ヴィンテージ フォー シップス」のアロハシャツを、4種類のパンツで合わせたスタイリングを披露する。

着回した服

「ギットマン ヴィンテージ フォー シップス」のアロハシャツ

2万6000円/シップス 銀座店 03-3564-5547

代々受け継がれる伝統技術を駆使し、アメリカ生産にこだわるギットマン ヴィンテージ。仕立てのいいオーセンティックなアロハを作りたい、そんなシップスの想いから生まれた別注アロハだ。カジュアルはもちろん、スーツとの合わせにも。

着回し① デニムにも

「アロハシャツとデニムを合わせる際には、アメカジ然としたカジュアルになりすぎないように気をつけています。例えば、パンツはスリムテーパードでスッキリ見せつつ、ベストをレイヤードして大人っぽさを演出します」。

着回し② チノパンにも

「アロハのグリーンと相性のいいベージュのチノパンを。なので、潔くシンプルにコーディネイト。パンツのレングスは9分丈くらいで軽快に。リゾート感のあるスタイルですが、Tシャツをインするだけで、落ち着きが出せます」。

着回し③ スラックスにも

「ジャケパンスタイルにアロハシャツを合わせるコツは、清潔感を意識すること。パンツは爽やかなホワイトを。一枚仕立てのリネン素材のネイビージャケットは、クリーンな印象とともにリラックス感も与えてくれます」。

着回し④ 短パンにも

「カーディガンの重ね着はそれだけで、アロハ特有の不良っぽさを中和してくれますし、あえてカーディガンも柄ものにすることで、アロハ柄の存在感を薄めてくれます。ショーツはワイドシルエットで、こなれた雰囲気をプラス」。

着回した人
「シップス 銀座店」スタッフ
下村諒介さん(30歳)
現在入社10カ月ほどという期待のニューカマー。主に店頭ではカジュアルフロアを担当する。最近プライベートでも第一子が誕生するなど、公私ともに充実した日々を送る。


志賀俊祐、中野 理、恩田拓治=写真

# シップス# アロハシャツ# 着回し
更に読み込む