https://oceans.tokyo.jp/event/2018-0310-6/

これが日本茶!? 驚きの「ドリップ煎茶」レポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ雪の残る1月の休日。東京・三軒茶屋にある「東京茶寮」には、暖を取るべく吸い込まれるように人が集った。そう、この日はオッサンに新たな趣味を提案する「オーシャンズとレジャー」の10回目となるイベント当日! 煎茶の新たな魅力を伝える、粋なワークショップなのだ。

「コーヒーもサードウェーブ、シングルオリジンの流れがあって、ワインやウイスキーでも同様です。それを、お茶の世界でも取り入れました。新たな日本茶のシーンを作りたいと思っています。ドリッパーを使って淹れるなど、少しモダナイズしていて、楽しみながらこの世界を掘り下げてほしいですね」。

こうクリエイティブディレクターの谷本幹人さんが教えてくれたとおり、店内は日本茶を出すとは思えないほど、ミニマルでスタイリッシュな空間。

「まずは一杯」と参加者に出してくれたのが、「はるもえぎ」なるお茶。そのお味は、ほんのり甘く、爽やか。どこか栗を感じさせる印象だ。

「マリアージュを楽しんで下さい」と井原店長が出してくれたお茶菓子はシナモンをまぶしたアーモンド。ほんのりと鼻腔をくすぐる、やわらかな甘さの香ばしいお菓子。「はるもえぎ」の甘さとマッチする!

そして同じ茶葉にもう一度お湯を注いだ二煎目は……「ぜんぜん違う!」と参加者のみなさん。一煎目より熱いお湯で淹れると、カフェイン・カテキンがより強く出るため、苦み・渋みが強いのだとか。深蒸しになればなるほど、蒸しの工程で繊維が崩れ、お茶の緑色が強く出るそう。

続いての「藤枝かおり」は静岡県産の浅蒸しのお茶。少し渋みを感じる印象で、微発酵でちょっと紅茶に近い風味。そこに合わせるのは貴腐ワインで漬けたレーズン。香りが実に良く、渋めの「藤枝かおり」に合う。

続いては氷だし。「淹れるお湯の温度で味は変わります。葉の上に氷を乗せて、溶けたしずくでゆっくりと淹れることで、うまみがギュッと凝縮しますよ」と出してくれたのが「うじひかり」。太陽の光を遮断して作る栽培方法だとか。

みなさんたぶん本日一番の驚き。ほとんど出汁! お茶というより冷製のコンソメスープが近いかもしれない。これにはカルチャーショック!

最後の「あさつゆ」は参加者自身で淹れる。自分で淹れたお茶は格別だ。「あさつゆ」は渋みが少なく、コク深い味わい。うまみが強い。

みなさんお茶を淹れるたびに熱心にメモを取り、産地や淹れ方に関する質問も続々寄せられた。日本茶に対するイメージが一新される有意義な一日になったご様子。そして最後に、好きな銘柄を2種類選んでお土産に。

「日本茶に対するイメージがガラッと変わりましたね。これなら一度挑戦してみたいです!」と参加者のおひとり。ちなみに当日の模様はコチラの動画をチェック!

みなさん一様に驚いたというのが、味や香りの幅広さ。言い換えれば、嗜好品としての奥深さがあるということ。ひとくちに「日本茶」という言葉で片付けるには惜しい世界だ。こだわりの第一歩は気づきから。その意味で、この週末が皆さんのいい第一歩の場になっていれば、うれしい限りです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ直伝! 究極のホームメイド・バーガーを作ってみない?
2018.01.27 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
カジュアルな茶の湯グッズ。職場からアウトドアまで寛ぎタイムを
2018.01.05 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
シングルオリジンの茶葉とは何ぞや?日本茶のシブくて深〜い世界
2017.12.28 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
ドリッパーで煎茶? 常識を覆す画期的な日本茶が絶品だった
2017.12.25 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15
夏の男と一目でわかる。青×カモ柄って合うんだね
2018.08.14
ブランドならではのトートの素材感。これ、大人の選び方
2018.08.14
全身黒? いや足元に「白」。かっこいいとしか言えない!
2018.08.13
カメラをアクセがわりに。アメカジにそれは反則かも?
2018.08.13
上から順に黒白……。このまとめ方、お見事!
2018.08.13
黒系の色ながら表情豊か。バッグが絶妙アクセント
2018.08.13
白の無地Tとミラーサングラスがベストマッチのシンプルスタイル
2018.08.12
オーバーオールを今っぽく。こんなにお洒落でかっこいい!
2018.08.12
ビッグシルエットをメガネで締める。知的に着こなすミリタリー
2018.08.11