乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.292
2021.10.09
CAR

“数年後の普通”が見えた! 最新の国際展示会に現れたコンパクトカーの未来

EUを中心に電動化が急激に進むコンパクトカー。ただ、進んでいるのはそれだけではなかった。

9月の国際展示会「IAAモビリティ」で発表された、近い未来の車のスタンダードを覗いてみよう。

■ルノー メガーヌE-TECHエレクトリック

IAAモビリティで発表され、即日予約が始まった「メガーヌE-TECHエレクトリック」。2022年には発売が開始される電気自動車だ。

ルノー メガーヌE-TECHエレクトリック
手前がメガーヌE-TECHエレクトリック、その後ろがルノーの代表的なコンパクトカー、ルノー5(サンク)。新開発された薄いバッテリーを搭載することで全高を1500mmまで下げても室内空間を十分確保できたという。

日産と三菱で開発した新型の電気自動車用プラットフォームを使用し、バッテリーはいずれも街乗りには十分な航続可能距離300kmか470kmの2タイプから選べる。

しかし、このメガーヌE-TECHエレクトリック、ただ電動コンパクトカーというだけじゃない。

まずドライバーが近づいたらボディに隠れていたドアハンドルがスッと出てくる。その後シートに座るとメーターパネルやディスプレイが踊るように点灯し、ウェルカムミュージックが流れてくる。

またエンジンがない分静かな車内を活かして、独自の音響システムを装備。特にオプションで用意されているハーマン カードンの最高級サウンドシステムはコンサートホールのような音響効果を車内で楽しめるという。

Googleと開発した各種操作機能も備わる。エアコンやカーナビはもちろん、4つある車両特性モードも音声で操作。車載ディスプレイはタブレットのように操作できるのはもちろん、日々の使われ方を学習し、再生する音楽や目的地を提案してくれるという。

100%リサイクル素材でできたシート生地や、再生プラスチックが用いられたダッシュボードなど、車両の95%がリサイクルパーツを使用されている。電動化だけでなく、サステイナブル化も進んでいるのだ。

衝突被害軽減ブレーキを含む先進安全運転支援機能も進化。先行車に追従して車が加減速する機能は、地図データから速度制限やカーブの角度などを読み取り、それに沿った速度で対応する。

ほかにも下りる際に、ドアを開けると自転車や歩行者にぶつかると判断すれば警告してくれる。

価格は公表されていないが「メガーヌ」を名乗る以上、そう高くはならないと思われる。日本導入は不明だけど、代わりに日産や三菱マークを備えた、近しい電気自動車が現れても不思議ではない。

同時にお披露目された、サンク電気自動車のコンセプトモデル。詳細は未公開だが、メガーヌE-TECHエレクトリックよりコンパクトなカテゴリーで市販化が検討されているようだ。

もう一度言うが、メガーヌE-TECHエレクトリックはコンセプトカーではなく、来年発売される街乗り中心のコンパクトカー。

これまでにない技術や、高級車に備えられていたような先進技術も、今後街乗りクラスに備わるようになるってことなのだ。

NEXT PAGE /

■フォルクスワーゲン ID.ライフ

同じくIAAモビリティでフォルクスワーゲンが披露したのは、2025年に発売予定の新型車のコンセプトカー「ID.ライフ」。

フォルクスワーゲン ID.ライフ
ID.ライフ。水平を基調としたシンプルなデザイン。脱着式ルーフを備え、オープンカー的な使い方も提案されている。同じプラットフォームを使い、商用タイプなどさまざまなバリエーションが検討されている。

その特徴は「車がミニシネマにもゲームセンターにもなるし、単にオープンエアでリラックスするためにも使えるコンパクトカー」とのこと。

そのために車内にはプロジェクターとスクリーンが備えられている。また前席を完全に折り畳むことができるので、後席に座って映画を見たりゲームに興じたりしやすくなっている。

タイヤには天然ゴムやもみ殻などエコ素材が用いられる。またボディの一部にも再生ペットボトルを用いた素材が使用される。

物理的ミラーはなく、ドアミラーもバックミラーもすべてカメラによるリアルタイム映像をディスプレイに表示する。

また手持ちのスマートフォンやタブレットからカーナビを操作できる。もちろんスマートフォン等にある映画やゲームも車内のスクリーンに映し出すことが可能だ。

プラスチックではなく本物の木材を使用するなど、インテリアも環境負荷の低い素材が用いられる。

お披露目された車両のデザインはまだコンセプトカー感が強いが、4年先の2025年には約2万ユーロ(約260万円)で販売されることが決まっていて、航続可能距離は約400kmとかなり具体的。

この内容で日本でも200万円台で販売されたら、買っちゃいそう!?

NEXT PAGE /

■スマート コンセプト#1

スマート コンセプト♯1
従来のスマートのイメージから一新、コンパクトSUVのようなスタイルのコンセプト#1。同社は「スマートブランドを大人っぽくクールに再定義した」とする。

スマートもIAAモビリティで「次世代スマート」を披露した。これまでのスマートは2人乗りのシティコミューターと、その4人乗りバージョン等を展開してきたが、この「コンセプト#1」では4人乗りとしている。

といっても全長4290×全幅1910×全高1698mmはこれまでの4人乗り「スマートフォーフォー」よりも明らかに大きいサイズだ。

ルーフのほぼすべてがガラスに。ドアはコンパクトでも乗り下りしやすいようにと、両側とも中央に柱のない観音開きドアが採用されている。

それでも十分街乗りに便利なコンパクトカークラスだが、見どころはサイズではなく、電気自動車であることでもなく、デジタル化だ。

例えば車内に備わる12.8インチタッチスルクーンには、AIが用いられたバーチャルコンパニオンが待機し、パネル操作をサポート。

表示内容は日頃の使い方を学習して常に扱いやすいよう調整してくれる。操作方法の詳細は公開されていないが、音声認識機能も当然備わるだろう。

車内照明はフロアにまで備えられている。コンセプトカーでは4人乗りだが、市販化される際には後席が3座となる5人乗りも検討されている。

さらにカーナビゲーションのデータはもちろん、車両制御システムも含めてさまざまな車載コンピュータが自動でアップデート。だからカーナビだけじゃなく、今ドキのスマートフォンのOSのように、常に最新のスマートに乗り続けることができるってわけだ。

ほかにもオーナーのスマートフォンをデジタルキーとして使えるだけでなく、スマートフォンを通してさまざまなサービスを提供してくれるという。

まだまだコンセプトカーの域を出ないが、デジタル化がこれからの街乗りコンパクト電気自動車には必須となるようだ。

 

籠島康弘=文

# EV# コンパクトカー# スマート# フォルクスワーゲン# ルノー# 電気自動車
更に読み込む