乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.241
2021.05.20
CAR

続々電動化する欧州メーカーのSUVで、見逃せないのはこの4台

今年4月、これから数年後までのSUV市場を占う国産車が発表された上海モーターショー。

もちろん国産だけでなく、輸入車メーカーからも少し未来のSUVが続々と披露された。その中から特に見逃せない4台がコレだ!

 

■Aの次はやっぱりBだよね!

3列シート・7人乗りはオプション。ラゲージ容量は最大1710Lまで拡大できる。3列目のシートには165cmまで座ることができるとしている。

メルセデス・ベンツ EQB

先日、日本でも「GLA」の電気自動車バージョンである「EQA」が発売されたが、その少し前に開催された上海モーターショーでは、既に新たな電気自動車「EQB」が初披露された。

その名から想像するとおり、今度は「GLB」の電気自動車バージョンだ。

全長4684mm×全高1834mm×全幅1667mmというコンパクトなボディにオプションで7人まで乗れるのはGLBと同様。2WDと4WDが選べるのも同じくで、航続可能距離はEQB 350 4MATICで419km(WLTCモード)としている。

販売時期については中国やヨーロッパが2021年内、アメリカで2022年とされた。日本に投入される時期は未定。

まだ2WDモデルしか導入されていないEQAの日本市場の反応次第で、今後のEQAとEQBのラインナップが定まりそう。コンパクトなAか、7人まで乗れるBか。悩ましい。

NEXT PAGE /

■中国専用なんてもったいない!

「ID.6X」(写真右)と「ID.6 CROZZ」(写真左)。中国の販売網に合わせて2種類が用意されたようだ。

フォルクスワーゲン ID.6X/ID.6 CROZZ

フォルクスワーゲンの電気自動車「ID.」シリーズ。全長約4600mmのSUV「ID.3」や、そのクーペルック版「ID.4」はすでにヨーロッパなどで納車が始まっている。

上海モーターショーでは、シリーズ初となる3列シートを備えたSUV「ID.6X」「ID.6 CROZZ」の2台が披露された。2台はデザインのディテールが違う程度で、基本は同じ車だ。

先行しているID.3やID.4と同じプラットフォームを用い、ホイールベースを伸ばして3列シートを備えたSUVで、全長は約4900mmとホンダの「オデッセイ」なみ。航続可能距離は580km(中国NEDCモード)としている。

中国市場に向けて開発されたモデルのため日本には導入されない可能性があるが、このサイズ感で、しかもこれだけ距離の走れる電気自動車なら、日本にも是非導入してほしい。

 

■今秋から日本でも納車開始

中国版ではアップルやグーグルだけでなく、テンセントのアプリとの連携も。中国で大人気のメッセンジャーアプリ「WeChat」にも対応する。

BMW iX

BMWが初めて手掛けた電気自動車SUV。日本でも2020年12月から予約注文が始まり、納車は2021年秋とされているが、まだ実車は見ることができない。

そんな中、先日の上海モーターショーでは、世界で初めて実車が公開された。

サイズのスペックは不明だが、日本で販売される予定のiXは「X5の全長及び全幅、X6の全高、X7のホイールベース」と言われているから、全長5m近くの、日本では大型のSUVであることはわかる。

駆動方式は4WDのみで、航続可能距離は600kmとロングドライブもこなせるうえ、0-100km/h加速は5秒未満と、やはりBMWらしく走りを楽しめるSUVのようだ。

上記に加えて上海モーターショーで紹介されたのは、日本仕様よりもモーターの出力を抑え(0-100km/h加速は6秒強)、代わりに航続可能距離を1000km超としたモデルもあるということ。この長距離バージョンもぜひ日本に導入してほしい。

NEXT PAGE /

■ハイブリッドでも変わらぬ咆哮

ハイブリッドと組み合わされるエンジンは2Lのガソリンエンジン。このため既存のレヴァンテよりも車重が軽く、コーナリングの良さが期待できる。0-100km/h加速が6秒となかなかの俊足。

マセラティ レヴァンテ ハイブリッド

イタリアの高級スポーツメーカー、マセラティが、ついにブランド初となるハイブリッドSUVを上海モーターショーで披露した。

ハイブリッド化されたのは、ブランド初のSUVとして2016年から販売されている「レヴァンテ」だ。

ただしハイブリッドとはいっても、発進時や加速時をモーターがサポートするマイルドハイブリッドシステムで「マセラティ特有の咆哮を再現した」としている。

日本でのレヴァンテは、フェラーリと共同開発したV6とV8ガソリンエンジン、同じフィアットグループ内のディーゼルエンジン専業会社と開発したディーゼルエンジンを用意。その「咆哮」への拘りは並々ならないものが窺える。

ディーゼルモデルは2021年2月に「ファイナルエディション」が販売されたことから、ラインナップから外れることが予想される。これは低速トルクと燃費の良さというディーゼルのメリットと、マイルドハイブリッドの特徴が重なるためだろう。

つまり日本にもディーゼルモデルと入れ替わりに、レヴァンテ ハイブリッドがやって来る!? 進化したマセラティの咆哮が聞ける日を、心待ちにしたい。

 

籠島康弘=文

# BMW# フォルクスワーゲン# マセラティ# メルセデス・ベンツ# 上海モーターショー# 輸入車
更に読み込む