「大人カジュアルガイドブック」特集 Vol.16
2021.10.04
CAR

ジープ初のPHEV「レネゲード 4xe」を6人の識者が分析。最大のメリットはどこだ

ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたジープ(Jeep)初のプラグインハイブリッド車「レネゲード 4xe」。その価値を識者6人が徹底分析!

見た目は優しく、走りはタフ。ジープ初のガソリンと電気の“ハイブリッド車”を徹底分析!

JEEP RENEGADE 4xe ジープ レネゲード 4xe
電気モーターによる制御駆動でより高い四駆性能を発揮し、オフロード性能はレネゲード史上最強。EVモードでは最長48km走行が可能で、生活圏内の移動であれば排ガスゼロのカーライフが送れるし、万が一の電気切れでもエンジンがカバーしてくれるので、使い勝手は実にいい。510万円〜。

より深く、自然に溶け込む車

青く透きとおる海、白く輝く砂浜。その反対側には、鬱蒼と茂る手付かずの原生林。奄美大島の美しい自然を伝えるのが我々の仕事ですが、ガイドの道中では少なからず矛盾を感じています。

一年を通して雨が多く、起伏が激しい奄美ではどうしても車が不可欠。当たり前のようにガソリン車に乗っていますが、はたしてこれでいいのかと。

その点でレネゲード 4xeは、ひとつの理想的な解決策になります。クリーンな電気エネルギーを使うことで、環境にできるだけ負荷をかけない。カヌーをルーフに載せて遊びに行くときは、パドルやライフジャケットなど必要な荷物を十分に詰め込めます。

エンジンの音が控えめで、自然の音を邪魔しないのもポイント。風や波の音、鳥の鳴き声といった美しさを含めて、奄美らしさをこれまで以上に鮮明に伝えられるのではないかと思うんです。

僕が長年親しむカヌーは、言わずもがな人力の乗り物です。だからこそ自然に深い部分で溶け込めるし、仲間との冒険も思い出深く気持ちいいものになる。これからはきっと、車も同じ。生まれ育ち、今も自分の活動の軸とする島のためにも、自然とうまく共存できる車が必要だと感じています。

僕らの拠点から、マングローブカヌーが楽しめる場所まで約20km。レネゲード 4xeのEV走行距離が最長48kmですから、往復でちょうどいい。現在はまだ実現していませんが、そう遠くない将来での導入を本気で検討しています。

アマニコ代表/カヌー元日本代表
白畑 瞬

地元の奄美大島でツアー会社アマニコを創設。カヌーやEバイクを用い、美しい自然を案内する。一方、ハワイのカヌーレースに定期的に参加するなど、カヌー選手としても活躍する。

 

電気の良さとジープの魅力が融合

図体が大きいとかハードコアとか、ジープというブランドにはとかくゴツいイメージがつきまといますが、レネゲードはその中で最も小さく優しく、どちらかといえばカジュアルSUV的な色合いの濃いモデルと位置づけられています。

それでも四駆グレードのトレイルホークになると、けっこうな難所をワシワシ駆け上がったりするところに、その血統を感じることができるわけです。

そんなジープが造るプラグインハイブリッドは単なる燃費スペシャルではありません。4xeという名前が意味するのは、モーター駆動による四駆を実現しているということです。

最長48kmの走行を可能とするEVモードから、3つの動力源を巧みに連携させて荒れ地を走り抜く四駆モードまで、1.3Lエンジンと2基のモーターの組み合わせからなる走行モードは多彩です。もちろん車まかせで最適な走行環境が設定されますし、自分で任意にEVモードなどを選択することも可能ですから、夜間の車の出し入れも気遣いなく行えます。

バッテリーの充電に要する時間は家庭用200V電源で2〜3.5時間ですから、都市部なら通勤や買い物など日常の行動範囲をEVとしてカバーすることも可能。

ちなみに試乗した雪上路ではモーターならではの緻密な駆動制御のおかげでタイヤのグリップ力がしっかり引き出されて、優れた脱出性能を見せてくれました。電気の良さを引き出したそのエンジニアリングも見事です。

自動車ライター
渡辺敏史

出版社で自動車/バイク雑誌の編集に携わったあと、独立。自動車誌での執筆量が非常に多いジャーナリストのひとり。車の評価基準は、市井の人の暮らしにとって、いいものかどうか。

 

NEXT PAGE /

電気はトレンドからスタンダードへ

最初の車は大学生のときに買ったフィアット ウーノ45ファイア。設計事務所でのアルバイト代で買いました。

それ以降もイタリアのMT車を乗り継ぎました。しかし都心部に引っ越すと、さすがにMT車はきついなと思い、1988年式のジープ ワゴニアに乗り換えました。スノーボードやキャンプなどアウトドア遊びが好きでしたし、「AT車に乗るならアメ車だろ!」という思いもありました。

その後は結婚してジープ ラングラーのTJに乗り換えたのですが、子供が生まれて車内が広い車が必要になり、またワゴニアに戻りました。今もその’76年式のワゴニアに乗ってます。幼少期からあった「漠然としたアメリカ的ライフスタイルへの憧れ」みたいなものが体現されている、素晴らしい乗り物ですよ。

しかし、そんな私でもレネゲード 4xeには注目していました。あのジープがこういった車を造るというのは衝撃的でしたが、それと同時に「やはりこういった方向に舵を切るべきだよね」とも思っていたんです。

本業でさまざまなプロジェクトに関わっていますが、もはやすべてのプロジェクトにおいて環境問題は切っても切れない話であり、環境を意識することは「トレンド」から「スタンダード」になった感があります。

充電インフラもさらに進化していくでしょうから、「週末は趣味の車を楽しむが、平日はPHEVやEVで環境コンシャスな移動を心がける」というスタイルが、今後はスタンダードになるかもしれませんね。

生活スタイル研究所代表取締役社長
本田 泰

建築デザインからさまざまな企画プロデュース、ブランディング、ヴィジュアルデザインまで、生活者目線でライフスタイルを豊かにする事業を展開。昔からアウトドア派で、最近キャンピングカーを購入。

 

愛らしいルックスに見合わぬタフさ

「車離れってどこの世界線の話ですか?」という勢いで販売台数を伸ばしているブランドがジープだ。

2009年の日本におけるジープブランド全体の売上台数は1010台。それが’20年には1万3588台と、11年間で約13倍に拡大。’20年もコロナ禍の逆風を受けながらも販売台数を伸ばし、輸入車のシェアの約5%をジープブランドが占めるようになった。

ジープ大躍進の原動力となっているのがブランドのアイコン的存在であるラングラーであるが、末っ子のレネゲードも着実に数字を積み上げている。で、このレネゲード 4xeに乗ると、こりゃ売れるわいと納得する。

幸いなことに筆者は厳冬の北海道で、しかも急斜面や凸凹道を配置したタフな特設コースで試乗したけれど、さすがジープだと舌を巻いた。愛らしいルックスにもかかわらず、滑らない、フラつかない、バタつかない、のどっしりとした走行感覚を備えていて、まるで女子柔道の阿部詩選手のようだった。

阿部選手の胸には金メダルが光っていたけれど、この車には「TRAIL RATED」というバッジが輝いていて、これはルビコントレイルという超タフなコースをクリアした証しだ。

レネゲードは、唯一無二の体験を提供してくれる。だから購入するほうも比較検討することなく、レネゲード一択。ライバルは、ジープブランドの中にしかいないわけだから、このブランドが伸びるのも当然なのだ。

モータージャーナリスト
サトータケシ

出版社勤務を経て、フリーランスのライター/エディターに。5年落ちで買って6年乗った2010年式のシトロエンC6の車検が16万円ちょっとで収まり、ホッとしている今日この頃。

 

NEXT PAGE /

流れに逆らわない大人の選択肢

物心がついた頃から、とにかく車が大好き。18歳になったタイミングですぐに免許を取りました。

最初の車は、いすゞのビッグホーン イルムシャーG。異世界にまで連れて行ってくれるようなタフな走りとルックスに、すごくワクワクしたのを覚えています。

以降はSUVを中心に何台か乗り換え、現在の愛車はジープのレネゲード ナイトイーグル。好みが似ている兄から譲り受けた、オールブラック仕様の限定車です。

オレンジのウインカーレンズをクリアに変えただけで、あとは純正のまま。すぐにカスタムしがちな自分としてはレアなケースですが、元のデザインが非常に気に入ってなるべく手を入れたくなかったんです。

車が多くの人々を虜にする理由は、それぞれに異なるでしょう。僕にとっては、デザインと冒険心が大切。見た目から純粋に所有欲がくすぐられ、その背景にアドベンチャーが広がることが絶対条件です。

レネゲードはそのふたつを兼ね備え、趣味のキャンプをするときもサマになるし頼れる。地面をしっかりグリップして走る感覚は、ジープならではだと感じます。

そんな感動ポイントはそのままに電気で走るレネゲード 4xeは、本当にうれしい選択肢。エコに限らず、新しいものや時代の流れに変に逆行しないライフスタイルは素敵だと思うし、それこそ格好いい大人の条件ともいえるはず。僕としては、オールブラックが出たら乗り換えるタイミングかな(笑)。

アートディレクター/「ザハイライト」ディレクター
小杉将史

会社員として企業のプロモーションを担当。ミニカーを100台以上収集するなど大の車好きで、自身のライフスタイルブランド、ザハイライトのロゴにも車を採用するほど。

 

電気切れの心配ない実用車

日本で人気の輸入車をドイツ車以外で挙げてみてください、と言われてジープと即座に答えた人は事情ツウです。

非ドイツ勢の人気輸入車のツートップはボルボとジープ。で、ジープといえばやっぱりラングラーで、これは不動の一番人気、というかブランドの精神的支柱ってやつです。そのほかにジープには4モデルありますが、チェロキー顔の薄目が3モデル、残るひとつがラングラー顔の丸目、このレネゲードです。

つまりレネゲードはジープ本家筋の顔つき。その昔のジープってとってもコンパクトでしたから、最新ラインナップの中で最も小型なレネゲードであってもジープ顔だからキマって見える。

そんなレネゲードに初めてプラグインハイブリッドシステムを積み込んできたわけで、どちらかというと古くさい体質感の漂うアメリカのこのブランドが実は未来に向けてかなり意気込んでいることがわかるというものです。もっともレネゲード、生まれはアメリカではなくてイタリアなんですけどね。

満充電で実質30km(カタログ値48km)くらいはEVモードで走れます。使い方次第ではガソリンスタンド要らずのカーライフも可能。実際、30km/日くらいという使い方のユーザーは多い。

電気が切れてもエンジンがあるから心配なし。もちろん遠出もそれで。しばらくはこんなPHEVが主流になって然るべしなんですけど、世界の急進派たちはそれが許せないみたいで……まったくもう。

モータージャーナリスト
西川 淳

フリーランスの自動車“趣味”ライター。得意分野は、スーパースポーツ、クラシック&ヴィンテージといった趣味車。愛車もフィアット500(古くて可愛いやつ)やロータス エランなど趣味三昧。

 

増山直樹、谷津正行=文

# ハイブリッド# レネゲード 4xe#
更に読み込む