乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.213
2021.02.22
CAR

セカンドカーに“ちょい乗り電動ジープ”。ご近所移動もコレでエンタメ化

「Mobilityレボリューション」とは……

今も色褪せない魅力を放つオールドジープ。ただいくら好きでも「近くのコンビニや駅まで」とキーをひねるのは、このエコな時代、ためらうかもしれない。

でも、電気で動くエコで小っちゃなジープなら? 「またそんな夢みたいなことを……」。

いいえ、それ、あるんです!

なりは小さくても、ナンバーを取得して公道を走ることができ(ひとり乗り)、公道以外ならふたり乗りも可能。登録車種は「ミニカー」となり、ヘルメットは不要。

そんな我々の願いを叶えた“ちょい乗り電動ジープ”を2台紹介しよう。

 

豊富なオプションパーツで自分流にカスタマイズ

全長約2100×全幅1100×全高1180mm。価格は65万7800円[税込]。ボディカラーはダークグリーン(写真)・ホワイト・ブラック・レッド・ブルー・イエローの6色だが、オレンジやデザートイエロー、迷彩色など他の色も対応可能。/トライクファクトリージャパン https://scooter.co.jp

トライクファクトリージャパン「EV Mini Jeep」

これは模型やラジコンではない。人を乗せて公道を走れるれっきとした本物。

もともとガソリン車の「Mini Jeep」を製造・販売していたトライクファクトリージャパンが開発した電気自動車「EV Mini Jeep」だ。

アクセルとブレーキだけで、ギアを変える必要はないからAT免許限定でも乗れる。1回の充電で約100km走れて、最高速度は約50km/h。これなら普段のお買い物もラクラクだ。

もちろん排気ガスは一切出さず、充電は家庭用コンセント(100V)からできる。

オプションのミニトレーラーを装着した場合。

これだけでも気になる存在だが、大きな魅力は、ガソリン車時代から用意されてきた多種多様なオプションで、自分だけの一台に仕上げられること。

例えばミニトレーラーやフロントに付けるショベル、オーバーフェンダーやサイドステップ、セパレートシート、USB充電ポート…。モーターの出力を上げる(1200W/1500W/1800W/2200W)こともできる。

最大30kgまで積載できるリアキャリアもオプションとして用意。
左が「LOLO」、右が「Mini Cobra」。どちらもガソリン車と電気自動車が選べる。

ちなみに同社ではガソリン車(50cc/110cc/125cc/150cc)のMini Jeepや、クラシックカータイプの「LOLO」、名車コブラのミニサイズ「Mini Cobra」なども製造販売している。

カスタム自在なジープだけでもワクワクするのに、これはどれにするか迷うこと請け合いだ。

NEXT PAGE /

レトロな見た目にスマホリンクで気分ノリノリ

全長約2100×全幅1100×全高1000mm。価格は53万6800円[税込]。ボディカラーはダークグリーン(写真)が標準で、オプションでレッド・ブラック・ブルー・ベージュから選べる/ブレイズ https://portal.blaze-inc.co.jp/

ブレイズ「NEXT CRUISER EV」

もう一台の小さなちょい乗り電動ジープは、NEXT CRUISER EV。こちらもアクセルとブレーキだけなのでAT限定免許で乗ることができ、ヘルメットも不要。公道ではひとり、私道ならふたりで乗ることができる。

1回の充電での走行距離は約50km、最高速度は50km/hだ。家庭用コンセント(100V)を使って充電でき、BluetoothスピーカーとUSBポート、スマートフォンホルダー(オプション)が備わるので、車内(といってもオープンだけど)でスマートフォンの音楽も楽しめるとう現代仕様だ。

クラシックカータイプの「EV CLASSIC」。航続可能距離や最高速度は「NEXT CRUISER EV」と同じ。

NEXT CRUISER EVもガソリン車(49ccエンジン)モデルがあるほか、クラシックカータイプのミニ電気自動車も用意している。

 

憧れのオールドジープを、ご近所移動に気軽に使える。思ってもみなかった夢を叶えてくれる2台。カスタム派か、デジタル派か、見た目はどちらも申し分ない仕上がりだから、とりあえずこの記事をブックマークしておいて損はないだろう。

「Mobilityレボリューション」とは……
コロナ禍による新生活様式。「2030年までに新規発売の車をすべて電動に」という政府発表。2021年は移動手段に革命が起こる年かもしれない。ひとりで、複数人で、街乗りで、遊びで。さまざまなジャンルや場所で登場している“新たな選択肢”を紹介しよう。
上に戻る

籠島康弘=文

# ジープ# ミニジープ# 電動
更に読み込む