乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.208
2021.02.16
CAR

自転車と原付のイイトコ取り。ニューノーマルな電動バイク3選

「Mobilityレボリューション」とは……

原付バイク同様のスピードと、車に積めて旅先でも乗れる手軽さで、行動範囲をグンと広げてくれる新しい時代のモビリティ「電動バイク」。

ときに自転車、ときにバイクと幅広いシーンで使えたり、小さく折り畳んで家の隅に置いておけたり、多機能で見た目も使い方もスマートな3台の電動バイクを紹介しよう。

 

3-WAY&折り畳み可。汎用性重視ならコレ!

全長約1250×全幅約600×全高約950mm。ボディカラーはイエロー、ベージュ、ホワイト、ブルーの4色。19万8000円(税込)/グラフィット https://glafit.com

グラフィット「ハイブリッドバイクGFR-02」

2017年に販売されたハイブリッドバイクGFR-01のユーザーの声をベースに、フルモデルチェンジして生まれたのが、GFR-02だ。

GFR-01同様、自転車+電動アシスト自転車+電動バイクの3-WAYで楽しめる。電動バイクとしての走行距離は約25km、最高速度は約30km/h。

 

折り畳んだサイズは全長約650×全幅約450×全高約600mm。バッテリーはフレーム内にあり、取り出して家庭用電源で充電できる。

GFR-01からの改良で、ミラーが大きくなって後方を確認しやすくなり、クランクのサイズが大型化されて、自転車での走行能力が上がり、登坂能力もアップ。

折り畳んだ際も安定して自立するから、オフィスでも立ち寄ったカフェでもどこでも置きやすいのもありがたい。

キーは指紋認証機能を使った「ユビロック」。

電動バイクは第一種原動機付自転車扱いのため、例えば自転車モードにしても歩道を走ることが出来ないのだが、グラフィット社は独自の技術「モビチェン」を開発。

これによりバイクの電源をオフにしてナンバープレートをカバーで覆えば、今年夏から自転車として認められ、歩道を走ることができる。使い道がどんどん広がる、新時代のモビリティなのだ。

NEXT PAGE /

バギー気分でGO! スタイルで選ぶならコレ!

全長1630×全幅600×全高1050mm。重量約28kg。ボディカラーはスペースグレー。22万9900円(税込)/コスウエル https://coswheel.jp

コスウエル「コスウエル SMART EV」

ファットバイクスタイルのクールな電動バイクが「コスウエル SMART EV」。4インチ幅と太めの20インチタイヤと、極太のフレーム。砂浜も似合うけど、山のオフロードも走ってみたくなる、そんなワイルドな1台だ。

こちらも電動バイク/電動アシスト自転車/自転車の3通りの走行モードが備わる。電動バイクとしての走行距離は約35〜50km、最高速度は約42km/h。

フロントに備えられたサスペンションが、路面からの衝撃を抑えてくれる。

ハンドルに備わる液晶ディスプレイにはバッテリー残量や走行スピードが表示され、電動アシスト自転車として使う際はアシストモードを5段階から選ぶことができる。

バッテリーはフレーム内にあり、もちろん取り出して家庭用電源で充電できる。

折り畳みはできないけど、むしろこれだけスタイルが良けりゃガマンもできる。人に見せたくなるイケてる見た目な分、コイツに似合いそうな極太な防犯チェーンロックも探しておこう。

NEXT PAGE /

わずか5秒でコンパクトに。持ち運ぶならコレ!

全長約1200×全幅約650×全高約950mm。重量約18kg。ボディカラーはブラック、ホワイト、ワインレッド、カーキ、パステル、デニムの5色。18万2600円(税込)/ブレイズ https://portal.blaze-inc.co.jp

ブレイズ「SMART EV」

重量約18kgと原付バイクの約1/4。折り畳めば軽自動車にも難なく積める。そんな軽量・コンパクトな電動バイクが「SMART EV」だ。

バイクから降りて畳み終わるまでにかかる時間はわずか5秒。思い立ったら車に積んで、目的地に着いたらサッと取り出して、スッと乗り出せる。

折り畳んだサイズは全長約600×全幅約350×全高約1200mmという信じられないコンパクトさ。写真の専用スタンドはオプション。

自転車モードはないが、満充電での走行距離は約30km、最高速度は30km/h。オートクルーズ機能があり、スロットルを回さなくても一定速度で走ることができる。

USBポートを備えているから、走行中にスマートフォンの充電もできるし、Bluetoothスピーカーが備わっているため、停止中であればスマートフォンの音楽を聴くことも可能だ(走行中に音楽を聴くことは法律で禁止されているのでご注意を)。

カラバリも豊富で、なかにはデニム色や華やかなパステルカラーもある。自分らしい色を選んで、自分らしくどこでも楽しめる電動バイクだ。

 

「Mobilityレボリューション」とは……
コロナ禍による新生活様式。「2030年までに新規発売の車をすべて電動に」という政府発表。2021年は移動手段に革命が起こる年かもしれない。ひとりで、複数人で、街乗りで、遊びで。さまざまなジャンルや場所で登場している“新たな選択肢”を紹介しよう。
上に戻る

籠島康弘=文

# グラフィット# コスウエル# ブレイズ# モビリティ# 電動バイク
更に読み込む