乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.190
2020.12.31
CAR

トヨタ、日産、マツダ、ダイハツ。ハズレなしの「国産コンパクトSUV」ガイド

もはや世界的な潮流となっているSUV。なかでも各社が力を入れているのはコンパクトSUVだ。

2019年11月に発売されたトヨタ「ライズ」はデビューするや否や、月販1万台を超えるヒットモデルとなった。

それを追うように、2020年は各社からさまざまなコンパクトSUVが発売されている。

 

■トヨタ「ヤリスクロス」

8月にはトヨタは再びコンパクトSUVの「ヤリスクロス」を送り出した。

搭載されるエンジンは1.5Lガソリンエンジンと、1.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッド。どちらも2WDと4WDがあり、ハイブリッドは前・後輪をモーターで動かすE-Fourが採用されている。

コンパクトハッチバックの「ヤリス」がスポーティなイメージ強調しているのに対し、「ヤリスクロス」はモード感あふれる雰囲気に。

「ヤリスクロス」は「ヤリス」とホイールベースも異なっており、名前こそ“ヤリス”とついているが、まったくの別モデルと言っていいほどだ。

それでいて200万円以下から手に入るのだから、ハッチバックからの乗り換えを考えている人などはぜひチェックを。

 

■日産「キックス」

一方日産は久々のニューモデルとして、すでに海外市場で発売されていた「キックス」を6月に発売した。

強豪ひしめく中で、エンジンが発電に徹し、モーターの力で走行するe-POWERのみ。「ノート」や「セレナ」で定評があるこのシステムは、ガソリンモデルとは次元が違う加速感を味わえ、しかも電気自動車につきものの充電問題を気にしなくていいという日産独自のシステム。

気軽に新しい感覚を楽しみたい人にぴったりの1台と言えるだろう。

ボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mm。全幅が1700mmを超えるため3ナンバーになるが、最小回転半径が5.1mと小回り性能に優れているので、日本の道で取り回しに困ることはないだろう。

NEXT PAGE /

■マツダ「MX-30」

マツダは2019年の東京モーターショーで披露した同社初の電気自動車「MX-30」に、マイルドハイブリッドシステムを搭載して、2020年10月に発売を開始。

マツダのSUVシリーズは車名にCXという文字がつくが、「MX-30」はそれらより柔らかい表情をしていて、ボディも丸みを帯びている。

これは“Human Modern”というデザインコンセプトに基づいたもので、インテリアも自然素材を取り入れるなどマツダらしいこだわりが感じられる。

「MX-30」最大の特徴は後部座席にアクセスするドアが“フリースタイルドア”と名付けられた観音開きになっていること。

ボディサイズは全長4395×全幅1795×全高1550mm。CX系とは違う世界観を楽しみたい人におすすめしたいモデルだ。なお2021年にはEVモデルのデビューが予定されている。

 

■ダイハツ 「タフト」

1974〜1984年まで製造されたダイハツの「タフト」は、パートタイム式4WDを備える本格的なコンパクト・クロスカントリーモデルだった。

その名前を受け継ぎ2020年1月に登場した「タフト」は箱型ボディの軽自動車として現れた。ライバルはもちろん、スズキの大ヒットモデルである「ハスラー」だろう。

前席を乗員のためのクルースペース、前席より後ろを人と荷物のためのフレキシブルスペースと位置付け、大きな荷物、長さのある荷物を積みやすくしている。

巨大なガラスルーフ「スカイフィールトップ」が全グレード標準装備され、軽自動車ながら圧倒的な開放感を味わえるようにしたことで、ライバルとの差をつけた。

ワクワクできる軽自動車を探している人にピッタリのモデルだ。

 

街でもアウトドアでも、気楽に乗れてキビキビ動けるコンパクトSUV。いくつになってもフットワークの軽い男でいたいオーシャンズ読者は、このジャンルを2021年も注目して頂きたい。

 

高橋 満=文

# 2020年# SUV# スモールSUV# 国産車
更に読み込む