乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.128
2020.07.28
CAR

ランクル60、エクストレイル、エレメント。3台のSUVは時代の波にどう乗った?

「SUV大国ニッポン」とは……

世界的なSUVブームにより、日本でもここ数年で軽自動車からフルサイズまで、さまざまなSUVが登場しているが、実は日本のSUVの歴史は長い。

日本のSUV史を振り返ると、過去には時代の波に乗ったエポックメイキングなモデルが数多く現れ、また時流の波に揉まれて消えた短命モデルが時を超えて再評価されることもある。

今でも後継車が販売され皆が知る人気モデルから、時を経て中古車市場でブレークしたモデルまで、日本の名作SUVを2回に分けて紹介しよう。

 

■トヨタ「ランドクルーザー60」
今なお絶大な人気のネオクラシック

その長い歴史と人気から、キング・オブ・SUVともいうべきモデルがトヨタ「ランドクルーザー」シリーズだろう。なかでも1980年代に登場した60(ロクマル)系は、今なお多くのファンを持つ。

そのルーツは警察予備隊への納入を目指して1951年に開発されたトヨタ「ジープBJ型」。ランドクルーザーはこのBJ型をベースに開発された、ヘビーデューティーなクロスカントリー4WD車だ。しかし1964年の東京オリンピックを成功させ日本人の暮らしが豊かになってくると、トラック然とした「ランドクルーザー」にも乗用車的な乗り味が求められるようになる。そこで登場したのがステーションワゴン系と呼ばれる55系(1967年)だ。

1980年に55系は60系へとモデルチェンジ。当初はバン(商用車)のみだったが、居住空間は広がり、内装もラグジュアリーに。装備も当時の車にはあまりなかった、エアコンやパワステなどの快適装備が採用されるなど、乗用車として十分使えることも、今のロクマル人気を支える一因になっている。

1985年にはランクル初のATモデルが用意された。また1987年のマイナーチェンジでフロントライトが丸目から角目4灯に変更されたが、中古車市場では後期型を丸目にカスタムしたものも多く流通している。

1989年に60系は80系へとスイッチ。そして1998年の100系、現行型である200系(2007年)へと進化し続けている。

NEXT PAGE /

■日産「エクストレイル」
街乗り志向な時代への逆張り

1997年にトヨタ「ハリアー」が登場して以降、SUVの流れは街乗りが中心の、オンロード志向の都会派クロスオーバーモデルへと傾倒していく。

そんななかで2000年に登場した初代「T30型エクストレイル」は、モノコック構造ながら、ある意味時代の流れに逆らったともいえる、アウトドア志向のモデルだった。

そのため往年のクロスカントリーモデルを想起させる、四角いボディでタフギアとしてのイメージを鮮明に打ち出した。しかし「エクストレイル」の真価はそんな見た目なんかじゃない。最大の特徴は室内の防水だ。

海、湖、雪山などで遊んだあとの濡れた道具を躊躇なく積み込めるように、インテリアや荷室を防水仕様にしたのは、当時画期的なアイデアだった。ラゲージの床のボードも、泥で汚れたら外して丸洗いできるようになっている。

また運転席でもシューズを楽に履き替えられるよう、ステアリングが上へ跳ね上げるポップアップ機構も備わった。

2代目エクストレイルの一部改良では、残念ながらこの機能が廃止されてしまったが、1分1秒でも遊びたいという人にとても重宝された機能だ。さらに保冷保温機能がついたドリンクホルダーやシートヒーターなど、快適装備も充実していた。

さらに搭載されたオールモード4×4によって、雪道や荒れた路面でも安心して走行できた。

ちなみに今、初代「エクストレイル」の中古車をベージュやモスグリーンなどアースカラーにオールペンし、スチールホイールにマッドテレーンタイヤを履くカスタムが流行しているという。

NEXT PAGE /

■ホンダ「エレメント」
絶版後に見出された帰国子女

ホンダが2002年に北米で発表した、これまでにない斬新なSUVが「エレメント」だ。北米市場を意識して開発されたモデルで、デザインも生産も北米で行われたモデルで、翌2003年に日本にも輸入され、ホンダベルノ店で販売された。

ライフガードステーション(海岸にあるライフガードの見張り台)をモチーフに若年層をターゲットとしたSUVで、その最大の特徴は左右のドアが両側観音開きになることだ。

フロントドアとリアドアを開けると現れる、ピラーのない広大な出入り口と、10フィートのロングボードを積むことを想定して防水仕様になっている床は、ウェットスーツやスキーウェアを着てギアを抱えたままで乗り込みやすい。

また後席を跳ね上げたときの空間はとても広く、サーフボードはもちろんMTBのような背の高い荷物を積むことも可能だ。バックドアは上下2分割で開けるタイプで、ちょっとした荷物なら上のドアを開けるだけで積み下ろしができる。

フェンダーなどに樹脂製の無塗装パーツが使われたデザインも個性的だったが、その特徴が日本ではあまり理解されず、日本では2005年に、わずか2年半ちょっとで姿を消してしまった。一方アメリカでは一定の人気を得て、2011年まで販売されていた。

ところが5年ほど前からサーファーやアパレル関係者など感度の高い人たちが注目するようになり、今日本でも静かなブームに。あまりにも早く登場しすぎたがゆえに時代の中で置き去りにされてしまった名車だ。

「SUV大国ニッポン」とは……
武骨で大型。輸入車のイメージが先行することも多いSUVだが、実は日本はSUV大国と言っても過言ではないほど、国産メーカーのSUVが充実している。日本の日本による、日本のためのSUV。集まれ!上に戻る

高橋 満=文

# SUV# 名作# 国産
更に読み込む