車のトリセツ Vol.16
2020.07.22
CAR

誰もが憧れるマセラティをつくり上げたのは、3兄弟と数々のライバルだった

「車のトリセツ」とは……

3兄弟から流れるレーシングカーのDNA

1914年、アルフィエーリ、エットーレ、エルネストのマセラティ3兄弟が興した「ソシエータ・アノニーマ・オフィチーネ・アルフィエーリ・マセラティ」。

レースに参戦するためのマシンのチューニングを主な業務としたが、第一次世界大戦が開戦するとスパークプラグの生産なども手掛けた。戦争が終わると1926年に初のオリジナルモデル「ティーポ26」を制作。

このときグリルには、ブランドの象徴である三叉の銛(もり)、いわゆるトライデントのバッチが装着された。

写真はインディ500でイタリア車初のタイトルを獲得した「8CTF」に飾られていたロゴ。創業の地であるボローニャのマッジョーレ広場に置かれたネプチューン像が持つ銛、また赤と青はボローニャ市の旗からインスピレーションを得ている。

「ティーポ26」以降も数々のレーシングマシンを開発し、アルファロメオやフェラーリなどと覇権を争って名を轟かせたマセラティだったが、経営的には厳しく、モデナの実業家アドルフォ・オルシからの援助を仰ぐことに。

その際に本社もボローニャからモデナへと移転。現在もマセラティの中心であるモデナ工場は、1940 年1月1日に始動した。その後、レースカーをメインに考えるマセラティ3兄弟と、レースのイメージで高性能車を一般販売しようと考えるオルシとの関係は悪化し、第二次世界大戦が終わって間もなく、3兄弟はマセラティを去った。

兄弟が去ったあともF1でフェラーリと激戦を繰り広げるなど、1957年までレース活動は続ける一方、オルシの指揮するマセラティは市販車部門へ本格的に進出を狙い、高級スポーツカーメーカーへと舵を切る。

1947年、マセラティは初のロードカーである「A6 1500」を発表。その後もスポーティなイメージのクーペやオープンカーを作り、1963年にはマセラティ初となる4ドア車「クアトロポルテ」をデビューさせる。

当時のメルセデス・ベンツのSクラスなどが競合となるモデルだ。今でもマセラティのフラッグシップであるこの一台が、同社のラグジュアリーブランドとしての価値を生み出したといっても過言ではないだろう。

初代「クワトロポルテ」。日本にも数台が輸入されたという。車名の「クワトロポルテ」とはイタリア語で「4ドア」の意味。

また1966年には、名匠ジョルジェット・ジウジアーロのデザインによる「ギブリ」が登場。

当時のライバル車フェラーリ「デイトナ」やランボルギーニ「ミウラ」に対し、性能的にも決して引けを取らず、マセラティのヒット作となった。

初代「ギブリ」。当時流行っていたスーパーカーを目指し、背の低いプロポーション、ロングノーズ、ショートデッキ、リトラクタブルヘッドライト、ファストバックスタイルが採用された。最高速度は265km/h。このあとも「ボーラ」や「メラク」といったスーパーカー世代憧れの名車を開発した。
NEXT PAGE /

時代に翻弄されながら、世界的ラグジュアリーブランドへ

市販車を販売するようになったといっても、生産台数的には小さな自動車メーカーから脱せずにいた。ついに経営が逼迫すると、まず1966年にはシトロエンと業務提携を結ぶ。

しかしシトロエン自体も経営が悪化。するとクライスラーや自身の自動車メーカーも持っていた実業家のデ・トマソに救われ、1975年に正式に傘下に収まった。

このデ・トマソ体制で1981年に発売された「ビトゥルボ」は、ブランドで最もよく知られ、大きな成功を収めたモデルのひとつとなった。

「ビトゥルボ(Biturbo)」はイタリア語でツインターボの意味。この2台のコンプレッサーは、石川島播磨重工のものが採用された。「ビトゥルボ」のヒットで、多くの派生車種が誕生した。

しかし、次はデ・トマソ自体の経営が厳しくなってくると、1993年にフィアットがマセラティの株式を購入し傘下に収める。かつての宿敵、アルファロメオやフェラーリと今度はグループ会社の盟友となったわけだ。

1997年にはさらに同グループのフェラーリの傘下というカタチになったが、これがマセラティ車の更なるクオリティ向上に繋がった。

1998年に再びジウジアーロがデザインした「3200GT」で新生マセラティがスタート。2004年には、半世紀ぶりにピニンファリーナが手掛けた5代目「クアトロポルテ」がデビューし、元イタリア大統領の愛車になるなど商業的に大成功を収めた。

5代目「クアトロポルテ」は、当時ピニンファリーナに所属していた奥山清行によるもの。エンジンのベースはフェラーリ「F430」とベースを同じくしたV8 4.2Lを採用している。

2005年からはフェラーリを離れアルファロメオと統合。高級モデルの少数生産から積極的な拡大戦略へと転換し、メルセデス・ベンツやBMWといった世界市場で戦うラグジュアリーブランドをライバルとしていく。2016年には、マセラティ初のSUVである「レヴァンテ」が発売。ライナップの拡充もあり、新車販売台数はさらに増加している。

2020年、マセラティはすべての新モデルで「革新的で卓越した性能を実現する電動化技術を採用する」と発表。

ブランド初の100%電気自動車の生産は2021年から開始するとしている。レースを祖業に持つスーパーカーブランドから、多くのライバル会社との提携や資本変更を経てラグジュアリーブランドへと進化したマセラティ。2020年は、その未来において非常に重要な年になりそうだ。

NEXT PAGE /

[主な現行車種]

・クアトロポルテ

マセラティのフラグシップセダンで現行型は6代目。

搭載されるエンジンは3.8L V8 ツインターボで、最上級グレードのGTSは、最高出力530ps/最大トルク710N・m、0-100km/h加速が4.7秒、最高速度は307km/hを誇る。車両本体価格は1290万〜2035万円。

 

・ギブリ

現行型は3代目。車名は「地中海に吹き込む乾いた熱風」を意味する。ミドルレンジのセダンで、「クアトロポルテ」よりもコンパクト。

搭載されるエンジンはV6のガソリンとディーゼルの2種類がある。最上級グレードの「S Q4」は、最高出力430ps/最大トルク580N・mで、0-100km/h加速が4.7秒、最高速度が286km/h。車両本体価格は875万〜1235万円。

 

・レヴァンテ

車名は「瞬時にして強風に変化することのある、地中海の暖かな風」を意味する。マセラティ初のSUVモデルで、エンジンは3.0L V6と3.8L V8のガソリンと3.0L V6のディーゼルが用意された。

最上位モデルの「トルフェオ」は、最高出力590ps/最大トルク734N・mで、0-100km/h加速が3.9秒、最高速度が304km/hを誇る。これは現行型マセラティで最強の数値だ。車両本体価格は1020万〜2035万円。

「車のトリセツ」とは……
走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。上に戻る

林田考司=文

# トリセツ# マセラティ#
更に読み込む