乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.119
2020.07.09
CAR

オフロード性よりもコンフォート性。国産SUVが世界に誇る“オモテナシ”の心

「SUV大国ニッポン」とは……

近年、多くの人が街を走るためのSUVを選ぶようになると、オフロード性よりも求められるようになったのがコンフォート性だ。

従来のプレミアムセダンやハッチバックの代わりとして、または大勢の乗員が安全で快適に移動できるように、さまざまな機能が盛り込まれている。なかでも日本のSUVはカユい所に手が届く機能が搭載されているものが多い。

そんな日本人らしい“オモテナシ”の心を載せたSUVを紹介しよう。

 

■レクサス「RX」
歩行者はしっかり照らし、対向車には気遣いを

レクサスのSUVの中核を担う「RX」は、2019年8月のマイナーチェンジで「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム」を世界初搭載した。

アダプティブハイビームシステム(AHS)自体は従来からある機能で、ヘッドライトを複数のLED光源で構成することで、ハイビームで走行中、前方に先行車や対向車を検知するとその部分の光源だけハイビーム照射を行わないようにする。

面をたくさんの点で埋めていく絵を思い浮かべると解りやすい。埋めていく中で、対向車等の部分だけ自動的に照射しなければ、いちいちロービームに切り替えなくても周囲の車に眩しさを感じさせなくて済むのだ。

しかし、そうはいってもヘッドライトをそう大きくできないので、備えられる光源の数に限りがある。そうなるとひとつの光源(点)の照射範囲はある程度広くなるので、例えば前方車のすぐ隣を併走する自転車や障害物も一緒に遮光してしまって、ドライバーが気付きにくいという問題があった。

これを解決したのが「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム」だ。

LEDの光で直接前方を照らすのではなく、内部に設けたミラーに反射させる方法を採る。1回の照射範囲は、直接照射するよりグッと狭くなる(点が小さくなる)が、この内部のミラーの角度を高速で変えることで、点の数を約20倍も増やせる(LEDの数でいうと、約20個で照らしていた範囲を、約400個で照らすのに相当するほど細かく範囲を分けられる)。だから対向車や先行車が眩しくない、ギリギリの範囲でハイビームを照射できるという仕組み。

対向車などに眩しさを感じさせることなく、従来以上に歩行者や障害物、標識などを認識できる。照射範囲まできめ細かな配慮をした、相手への気遣いを大切にする日本らしい機能だ。

 

■トヨタ「ハリアー」
スマート&安心な録画機能付きデジタルミラー

2020年6月、4代目へとフルモデルチェンジしたトヨタ「ハリアー」は、車両後方のカメラ映像をルームミラーに映し出す「デジタルインナーミラー」を採用した。

後席に人がたくさん乗っていたり、雨の日などはルームミラーで後方が確認しづらいが、車体後方に備えたカメラの映像をインナーミラーに映像として映すため、車内の障害物が映らないので安全に走行することができる。

この機能自体は新しいものではなく、同じトヨタの「アルファード」「ヴェルファイア」や「クラウン」など、日産でも「エクストレイル」や「セレナ」などに搭載されている。

「ハリアー」が新しいのは、インナーミラー自体にも前方カメラを備え、後ろのカメラと合わせた前後映像をSDカードに録画できる機能を搭載したこと。つまり、前後にドライブレコーダー機能を備えたことだ。

外付けのドライブレコーダーはフロントガラスで存在感を放つため、設置に難色を示す人もいた。これならインテリアをすっきりスマートに保ちつつ、もしものときの安心感も担保できる。

NEXT PAGE /

■スバル「フォレスター」
雨の日も気分を下げない、服への小さな配慮

SUVはもちろん未舗装路を走行することもある。泥地などを走ると巻き上げた汚れがボディサイドにたくさん付着する。また、雨天や降雪時も雨水や道路の汚れがボディに飛んでいるもの。

そんなとき、ロングスカートやワイドパンツなどで乗降すると、裾に車体下部の汚れが付いてしまうことがある。これでは気分も下がってしまう。

スバル「フォレスター」は、ドアが乗降口の車体下部までを覆い、汚れたドア下部ごと開けられるので、開口部はいつもキレイな状態になっている。だからスカートやパンツの汚れを気にせず乗り降りできる。

細かなことに感じるかもしれないが、雨の日に服が汚れるストレスから乗員を解放したいという、雨が多くキレイ好きな日本人らしいオモテナシ精神なのである。

 

■三菱「アウトランダー PHEV」
家にいるように過ごせる、災害時に心強い車

大容量バッテリーを搭載し、街中や高速道路でEV走行もできる「アウトランダー PHEV」には、バッテリーから一般的な家電への給電機能が備わる。

災害などでライフラインが寸断された際に車の電気を使えるのだが、この機能は平時やアウトドアなどでも便利に使うことができる。

ラゲッジルームと、キャビン内の計2箇所にAC100Vコンセントがあり、給電能力は最大1500W。ドライヤーやホットプレートなど電気を多く消費する家電だって使用可能。海や湖で遊んだあとにドライヤーを使ったり、キャンプで火起こしが面倒なときに家電で料理をすることだってできる。

働き方改革が推進される世の中になったことで、例えば海や山で過ごしながら車からPCに電気を供給してリモートワークを実践することも可能だ。

また「アウトランダー PHEV」は、エンジンをかけなくても車のシステムを起動できる。それを利用してスマホから車に乗る時刻を設定し、出発前にエアコンを作動させて車内を快適な温度にしておける「リモートコントロール」機能も搭載した。

「アウトランダー PHEV」はバッテリーに蓄えた電気だけで一般家庭の約1日分の電気を賄うことが可能。EVと違いエンジンを動かして発電することができるので、ガソリン満タン状態だと最大約10日分の電力を供給できる。災害大国とも言われる日本にとって、これ以上ないほど心強い車と言えるだろう。

「SUV大国ニッポン」とは……
武骨で大型。輸入車のイメージが先行することも多いSUVだが、実は日本はSUV大国と言っても過言ではないほど、国産メーカーのSUVが充実している。日本の日本による、日本のためのSUV。集まれ!上に戻る

高橋 満=文

# SUV# 国産# 最新機能
更に読み込む