夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.35
2020.07.04
CAR

遂に上陸した新型ディフェンダーはアリかナシか。識者6人の意見を聞く

2016年に生産を終了し、’19年にフルモデルチェンジを果たし復活したディフェンダー。

この待望の発売に心踊らせている識者らに、その熱い胸の内を語ってもらった!

ランドローバー ディフェンダー

LAND ROVER DEFENDER ランドローバー ディフェンダー
5ドアのロングボディモデルの「110」と3ドアのショートボディモデルの「90」の2サイズをラインナップする。日本に導入されているパワートレインはいずれもガソリンエンジンとなるが、海外ではディーゼルも用意され、日本導入への期待が高まる。運転支援システムなど最新装備が施されるが、外観やシフトレバーがダッシュボードに取り付けられたコックピットなど、随所に先代のデザインを踏襲している。449万円〜。

今後のラインナップ拡充にも期待

待ちに待った新型です。かつて私は同じランドローバーのディスカバリーという車に乗っていました。それが初めての輸入車でしたが、そのときの衝撃が忘れられません。室内装備は簡素なのに手に触れるすべてのマテリアルが上質。そして必要な走破性能だけ研ぎ澄ませた、その佇まいに一瞬で、やられてしまいました。

その衝撃から25年。ディスカバリーを買った当時から、より硬派なモデルとして、ずっと気になっていたディフェンダーのモデルチェンジですので期待感は半端ではありません。実車にはまだ触れていませんが、海外ジャーナリストのインプレッション動画を何回も観て、自分がもしこの車を購入したらと、想像を膨らませて楽しんでいます。

ラダーフレームからモノコックボディに変わったにもかかわらず剛性は旧型をはるかに凌駕し、オフロードを走破するための実用的な電子装備の数々。そして個人的には完璧!といえるデザインのモダナイズ。どれをとっても、脱帽です。

車体価格は納得の範囲ですが、調子に乗って魅力的なオプションを公式サイトのコンフィギュレーターでアレコレ選ぶと、あっという間に1.5倍くらいの価格に! 5ドアモデルのボディサイズは5mオーバーと日本の都市部に住んでいると、多少オーナーを悩ませますが、そんなことを差し引いても、私、ディフェンダー、欲しいです! しかも、絶対にディーゼルモデルで。早く日本に導入してください!

フリーアナウンサー 安東弘樹
TBSを一昨年に退社し、フリーへと転身。無類の愛“車”家で、車歴は40台以上! カー・オブ・ザ・イヤー選考委員でもあり、専門誌にも寄稿。最近、ロータス エリーゼをひと目惚れで購入。

 

 

“エンスー”だけの車ではない

1948年にデビューしたディフェンダーは、2016年まで70年近くも基本設計を変えずに生産された。だからこれが初めてのモデルチェンジとなる。実はディフェンダーと呼ばれるようになったのは’90年からで、それまではランドローバーという名称だった。レンジローバーやディスカバリーが加わるまで、ランドローバーにはランドローバーというひとつの車種しかなかったからだ。

ひとつの商品が、その企業を象徴しているという意味で、ディフェンダー(ランドローバー)はコカ・コーラや味の素みたいな存在だった。では、もしあなたがコカ・コーラや味の素のモデルチェンジの担当者なら……。おそらく、パッケージはモダンにしても、中身は大きく変えないはずだ。

というわけで、新しいディフェンダーもデザインはモダンに、一方で圧倒的な悪路走破性能という魂は変わっていない。ただし技術の進歩や現代のライフスタイルに合わせてレシピは変え、ボディ構造やサスペンションは、快適性を高める方向へとシフトされているのだ。

以前のディフェンダーは悪路では頼りになるものの、普段使いではゴワゴワするマニア物件だった。けれども新型はマニアはもちろん、見た目重視で“ジャケ買い”してファミリーカーとして使ってもOK。そして、スキー場近くの豪雪地帯や、突然のゲリラ豪雨に遭遇したときに、SUVひと筋70余年の安心感、信頼感を肌で覚えるはずだ。

モータージャーナリスト サトータケシ
伝説の(?)自動車文化誌「NAVI」の副編集長を務めたあとに独立。現在はフリーランスのライター/エディターとして活動。新型ディフェンダーを買うなら、「絶対、3ドアの90」だとか。

 

NEXT PAGE /

屈強な走行性能は健在

フレーム構造を基軸にした堅牢な走りを魅力に軍用車にも使われてきたディフェンダーが、とうとうモノコック構造を採用して生まれ変わった。

そもそもフレーム構造とはトラックが採用している構造で、屈強な走りを得られる代わりに、走行振動が多いなど乗り味の質が損なわれるといわれる。これをやめたわけだ。

この事実から、軟弱になった……屈強な走りは期待できない……そんな意見が飛び交いそうだが、逆にワクワクしたほうが良い。

そもそも屈強さを求めたときの回答が、フレーム構造というのは時代錯誤。今はドリルでも穴が開けられないほど硬い鉄板もあり、モノコック構造でも屈強さは十分に得られる。しかもサスペンションは4輪それぞれを独立構造にしやすく、結果エアサスペンションまで備えられる。それにより、モード選択で185mmの範囲で車高を変更でき、高速道路では安定した走りを、ラフロードでは先代モデル以上に高い車高で水深90cmの渡河性能まで備えているのだ。

同門の本格4WDとしてジープ ラングラーやメルセデスのGクラス、トヨタ ランドクルーザーがあるが、まだフレーム構造を採用しているので、普段使いまで踏まえたら最新技術を駆使してモノコック構造を採用したディフェンダーはアドバンテージを得たと読み取れる。最新の運転支援技術も備わり、今、本格オフローダーで最も注目なモデルです。

モータージャーナリスト 五味康隆
レーシングドライバー出身のモータージャーナリスト。確かな運転技術に裏付けされた評論と解説に定評がある。執筆業のほか、独断と偏見の車動画「E-CarLife」を立ち上げ活動中。

 

 

全刷新。でも紛れもなくディフェンダー

オフローダーとして長い伝統を持つディフェンダーだから、もちろん走破性も大事だけれど、そんなハードコアな人ならずとも思わず見入ってしまうのが、そのデザインでしょう。新しい。けれど、そこにはしっかりディフェンダーらしさが宿っています。

うまいな〜と唸らせるのが、各部のディテール。ヘッドライトには丸目モチーフが使われ、基本的に線は真っすぐ、面はフラット。そしてフロントウインドーは角度が起こされています。ちゃんとディフェンダーたる要素が、今の解釈でちりばめられています。

デザイナーは以前「ディフェンダーには70年以上も歴史があるだけに“フツウ”の車なら、きっと10回近くモデルチェンジを経てきたはず。新型は、そんなふうに進化してきていたならこうなったはずだというデザインをしたんです」と話していました。目論見は見事、成功したといえますよね。

もちろんデザインとは単なる見た目の話ではありません。スクエアなボディと高い目線は狭い山道だけでなく、街中の取り回しにも大きな味方になるはず。でも、オフロード性能も相当なレベルといいますから、やっぱりどこか遠くに出かけたくなってしまいそうです。

すべてが新しいけれど、紛れもなくディフェンダー。新型は、そんな見事なモデルチェンジをやってのけました。伝統があり、そしてそれを完璧に活かすことのできるのは、いいブランドであることの証しなのです。

モータージャーナリスト 島下泰久
自身もレンジローバー スポーツに乗るだけに、ランドローバーの実力、高いブランド性は深く理解している。注目の車を試乗レポートするYouTube動画「RIDE NOW」も好調。

 

NEXT PAGE /

’80sなシンセサウンドがGOOD!

「武骨」って英語で何て言うの? と聞かれたら「LAND ROVER DEFENDER」と答えたくなる。71年ぶりの新型だ。

日本が沸いたラグビーW杯決勝戦後の表彰式でリーチ・マイケル主将がこれに乗ってピッチに登場したとき「キタ! カッコイイじゃん!」と反応してしまった。多少モダナイズされているけれど、先代の武骨さを踏襲したデザインがいい。

オプションを付けていくとどんどんアウトドア仕様に見えてくるところが堪らない。ルーフラックにラダー、サイドマウントギアキャリアを付けるとジャングルを走りたくなる。そんなハードな場所を走ることはまぁないと思うが浪漫をオプションに込められて楽しい。

リアルな使い方を想像するとキャンプ道具をルーフラックに積んで室内は広いまま快適に移動できるのは最高だ。釣りのときはルーフラックにカヤックを積んだり、濡れたウェーダーやウエットスーツはサイドキャリアにぶち込んで室内に濡れものを持ち込まない。

もし、僕がディフェンダーを購入したら、まずは三浦半島にカヤックを積んで真鯛を釣りに行きたい。そして、その道中に聴きたい曲は、UKの歌姫、デュア・リパの「フューチャー・ノスタルジア」やカナダ出身のザ・ウィークエンドの「アフター・アワーズ」。伝統的でありながら新しい。そんなディフェンダーは、未来的ノスタルジーを感じる’80sのシンセサウンドがぴったりだと思う。

ラジオDJ 井手大介
釣りとキャンプと音楽に精通。FMヨコハマ「The Burn」、InterFM897「THE GREAT ESCAPE」のパーソナリティとして活躍。BS釣りビジョン「釣りうぇ〜ぶ」は無料放送中。

 

 

泥だらけに汚して走りたい

新しいディフェンダーは夜の港区が似合うSUVというよりも、道なき道が似合う武骨な4×4だ。もちろん、ラダーフレームを捨て、アルミモノコックとなった新型がかつての“クロカンヨンク”とは一線を画すという声があるのも知っている。でもその分、街中や高速道路で扱いやすくなったのは手放しに喜んでいいはずだ。けれども、やっぱりこの車が似合うのは自然。だからこそ、ソコへ行きやすくなった新型を素直に喜びたい。

自然の中で纏いたいのが汚れだ。イマドキのSUVには似合わない汚れ、つまり砂や泥を纏いながら走りたくなる。デニムやブーツと同様、汚れが味となり、さらに格好良く見えるのがディフェンダーなのだ。

さて、車を走らせ自然をたっぷりと目に焼きつけ、四角いボディに汚れを纏ったら、ブレーキを踏み、白いTシャツの袖から出た(ずいぶん細くなった)二の腕をアームレストに置き、(決して真っ白とはいえなくなった)歯をむき出しにして助手席の家族に向かってニカーッとしてみようゼ。車の威を借りてもいい、「オトーチャン、かっこいい」と少しでも思ってもらえたら本望だよ。

この車が納車される頃には、自粛ムードが収まっていることを願うばかりだが、それまでの間は、自宅の庭かベランダでプチアウトドア遊びでもしながら、子供と一緒にディフェンダーで大冒険へ出かける妄想話に花を咲かすのも楽しそうだ。

編集者/執筆者 荻山 尚
「カー・マガジン」や「ENGINE」など自動車専門誌に在籍後、ファッション畑に。「SENSE」編集長などを経て、現在はフリーの編集者・執筆者に。愛機はアウディのA3。

 

# ランドローバー#
更に読み込む