乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.111
2020.06.27
CAR

軽以上&ミドルサイズ未満のちょうど良さ。3台の国産SUVのススメ

「SUV大国ニッポン」とは……

2000年代初頭のSUVは、輸入車の全幅が1900mmを超えるビッグサイズが中心だった。

一方で道幅が狭い日本では、裏路地に迷い込むと大型SUVでは立ち往生してしまいがちで、駐車場探しに苦労することも。

そこで日本ではコンパクトなトヨタ「CH-R」やホンダ「ヴェゼル」が開発され人気を集めたのだが、最近ではこれらよりさらに小さな、軽自動車規格よりちょっとだけ大きい程度のSUVも現れ始めた。

スモールSUVなら日本の道でも取り回しに困ることはほぼないし、小さくて軽いから燃費がいい。家族や仲間との旅行、普段の買い物なぐらいなら難なくこなせるだろう。

そんな全長4m以内+全幅1700mm以下の、スモールSUV3台を紹介しよう。

 

■スズキ「ジムニー シエラ」
最強軽SUVの兄貴分

サイズは全長3550×全幅1645×全高1730mm。

軽自動車である「ジムニー」は1970年にデビュー。

軽自動車ならではの軽さと、屈強なラダーフレーム構造、副変速機付きパートタイム4WDやリジッドアクスル式サスペンションなど伝統の機構を武器に、今も山岳エリアや豪雪地帯などで働くプロの道具として絶大な信頼を集めている。

そんなジムニーには1977年から、海外向けとして軽自動車規格よりも大きなエンジンを積んだモデルが設定されるようになった。これが現行型「ジムニー シエラ」の祖にあたる。

現行型の「ジムニー シエラ」は、軽自動車の「ジムニー」が660ccエンジンなのに対し、1.5L エンジンを搭載。ボディは「ジムニー」と共通だが、前後にオーバーフェンダーを備えて全幅を拡大。全幅が広がった分、前後輪のトレッド(左右タイヤ設置面の中心間の距離)も広く、高速道路やコーナリング時の安定性が向上。

エンジンパワーの余裕やトレッド拡大のメリットからも、ロングドライブの機会が多い人にはこのシエラがおすすめだ。

街中の狭い小道でも、どんなにドロドロの山道でも行けちゃうのは、「ジムニー」「ジムニー シエラ」の最大の魅力(逆にこの2車が行けないような場所は、どの車でもほぼ行けないと思っていいだろう)。

現行型「ジムニー シエラ」(「ジムニー」も)はデビューと同時にオーダーが殺到したため長期の納車待ちが発生。この状況は今も続いており、しかもシエラは輸出分がある分、日本への割り当てが少なめ。納車は1年半近く待ちそうという人気ぶりだ。

NEXT PAGE /

■スズキ「クロスビー」
ハスラーとは似て非なる街乗りSUV

サイズは全長3760×全幅1670×全高1705mm。

2014年、先代「ワゴンR」をベースに開発された軽自動車の「ハスラー」が大ヒット。その3年後の2017年にデビューした「クロスビー」は、ヘッドライトなどの雰囲気が「ハスラー」に似ていることから“デカハスラー”と呼ばれた。

しかしよく見るとデザインはかなり異なり、愛らしい表情の中の上質な雰囲気、ひと回り大きいサイズなど、ハスラーとは別物なのだ。

パワートレインは最高出力73kW(99ps)、最大トルク150N•m(15.3kg-m)を発生する1L直噴ターボにISG(モーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッド。トランスミッションは6ATになる。

駆動方式はFFと4WDが用意されている。もちろん4WD機能は、よくある「前輪が滑ったら後輪も駆動」する、いわゆる生活四駆の機能に加え、ぬかるみなどで走りやすいグリップコントロールや、急な下り坂でスピードが上がるのを抑えるヒルディセントコントロールが備わる。その辺も、やっぱりアクティブユースに沿ったSUVなのだ。

NEXT PAGE /

■ダイハツ「ロッキー」/トヨタ「ライズ」
新開発プラットフォームで上質な乗り味に

こちらはダイハツ 「ロッキー」。サイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm。

ダイハツは2019年7月にデビューした「タント」から、新しい車作りとして“DNGA”と呼ばれる新プラットフォーム戦略を導入。「ロッキー」はこのDNGA第2弾モデルとして2019年11月に登場した。ちなみにロッキーはトヨタにOEM供給され、「ライズ」としても販売されている。

全長4mを切るサイズ的には「クロスビー」がライバルとなるが、力強さを強調して小ささを感じさせないデザインなど、クロスビーとは違う、「今風のSUV」テイストだ。

アクティブ派向けの「クロスビー」に対して、「ロッキー」は「見た目はSUVで、小さいけど軽じゃない車が欲しい」という人に向けたSUVと言える。

圧巻なのは車内だ。運転席に座ると、助手席の人との距離やドアまでの距離に意外とゆとりがあることに驚く。後部座席も大人が窮屈さを感じずに座ることができる。さらに荷室も幅1000mm、奥行き755mmというスペースが確保されている。

搭載エンジンは最高出力72kW(98ps)、最大トルク140Nm(14.3kg-m)を発生する1L直3ターボ。エンジンに対して車両重量が970kgとずば抜けて軽く、また低速からパワーを効率よく伝達するスプリットギアを用いたD-CVTにより、鋭い走りを味わえる。街乗りから遠出までこれ一台で足りそうだ。

「ロッキー」のトヨタ版である、トヨタ「ライズ」。

発売直後の2019年11月の新車販売台数では、「ロッキー」+「ライズ」合わせると1位のトヨタ「カローラ」を抜くほど売れている。

「SUV大国ニッポン」とは……
武骨で大型。輸入車のイメージが先行することも多いSUVだが、実は日本はSUV大国と言っても過言ではないほど、国産メーカーのSUVが充実している。日本の日本による、日本のためのSUV。今、知っておきたい国産SUVたちよ、集まれ!上に戻る

高橋 満=文

# SUV# スモールサイズ# 国産
更に読み込む