乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.108
2020.06.22
CAR

ランクル、ジムニー、エスクード。“3分でわかる”日本のSUV史

「SUV大国ニッポン」とは……

SUVという言葉が日本でまだ一般的になる以前、1990年頃まではRVやクロカン四駆などと呼ばれていた。

しかし1997年に登場したトヨタ「ハリアー」の世界的ヒットから、多くのメーカーがプレミアムなクロスオーバーSUVを市場に投入。2010年代に入るとコンパクトタイプも増えていった。

SUV→RV・クロカン四駆と遡っていくと、もともとは山間部や泥地などを走行するために開発された車に辿り着く。悪路を走破する軍用車として開発されたモデルもある。

長きにわたり愛される国産SUVの3つのロングセラーモデルから、戦後75年の日本SUVの歴史を紐解いていこう。

 

■トヨタ ランドクルーザー/ランドクルーザープラド

69年の歴史を誇る、陸の巡洋艦

第二次世界大戦中、トヨタは日本軍用の四輪駆動車を生産。戦後になると警察予備隊(現・自衛隊)への納入を目指した。それが1951年に開発された「ジープBJ」(写真上)だ。

残念ながら警察予備隊への納入は、アメリカ・ウイリス社のライセンス生産である三菱ジープが決まったが、これを機にトヨタは「ジープBJ」を民生用として開発。1953年から生産を開始した。しかしジープという名称はウイリスオーバーランド社が所有していたため、翌1954年に名称を変更。「ランドクルーザー(陸の巡洋艦)」と名付けた。

初代「ジープBJ」に搭載されたのは3.4L直6ガソリンエンジンで、最高出力は82ps。ボディサイズは全長3793×全幅1575×全高1900mmと、かなり小さかった。

1955年に2代目となる20系が、そして1960年には40系が登場。ここからランドクルーザーは以下の3つの系譜に分かれていく。

■ヘビーデューティー系
初代BJの直系で機動力を追求した系譜。BJ(1951年〜)、20系(1955年〜)、40系(1960年〜)、70系(1984年〜)

■ステーションワゴン系
ランドクルーザーならではの走破性に乗り心地の良さや高級感などを加えた系譜。55系(1967年〜)、60系(1980年〜)、80系(1989年〜)、100系(1998年〜)、200系(2007年〜)

■ライトデューティー系
レジャーユースの増加に対応し、居住性やデザイン性を高めた系譜。70系ワゴン(1985年〜)、70系プラド(1990年〜)、90系プラド(1996年〜)、120系プラド(2002年〜)、150系プラド(2009年〜)

ヘビーデューティー系は2004年に国内での販売を終了したが、2014年に70系発売30周年を記念して期間限定で再発売された。

現行の「ランドクルーザー」。

現在販売されている「ランドクルーザー」は2種類。そのうちのひとつがステーションワゴン系の系譜にある200系(写真上)だ。ボディサイズは全長4950×全幅1980×全高1880mmで、威風堂々としたスタイリング。搭載される4.6L V8ガソリンエンジンは最高出力234kW(318ps)、最大トルク460N•m(46.9kg-m)を発生する。

インテリアには高級な革が用いられ、シートベンチレーションや前後左右独立調整式のフルオートエアコンなどの快適装備が備わるりラグジュアリーなイメージだが、一方で初代BJから続く「ランクルは地球上最後に残る車である」という思想が受け継がれている。そのため世界中の過酷な環境での人気が高い。

現行の「ランドクルーザー プラド」。

もうひとつのランクルが、ライトデューティー系の「ランドクルーザー プラド」(写真上)。1990年にプラドというサブネームが与えられ、ランクルの弟分的な存在として独自の進化を遂げてきた。2009年7月に「ハイラックス サーフ」が日本市場での販売を終了してからは、同車のユーザーを取り込む役割も担っている。

系譜には“ライト”という言葉がつくが、ラダーフレーム構造のボディは悪路でも安定感のある走りを可能にし、さらに5つのモードから路面状況に適した走行支援を行うマルチテレインセレクトを搭載。雪道から岩場まで、道を選ばず走ることができる。

現代的ラグジュアリーSUVでありながら、地球上のあらゆる道の走破を目指す姿勢が、変わらぬ魅力なのだ。

NEXT PAGE /

■スズキ ジムニー

初代「ジムニー」。

軽さを武器にどんな道でも進んでいく最強SUV

現在も軽SUVとして確固たる地位を築いている「ジムニー」。初代の「LJ10」がデビューしたのは1970年だが、実はそこへ至るまでの歴史がある。

かつて軽オート三輪を製造していたホープ自動車という会社があった。1967年に当時存在した軽免許で運転できる 「ON型4WD」という“四輪駆動不整地用万能車”を開発した。いわば当時の軽自動車規格のジープである。しかしこの製造・販売はうまくいかず、ホープは自社製造を諦めて製造権を譲渡することに。最初は三菱に話を持ちかけるものの、三菱はこれを断る。

この話に目をつけたのが現・スズキ会長の鈴木 修氏だ。社内では反対の声が大きかったが、鈴木氏はそれらを振り切り、「ON型4WD」の製造権を獲得。そこに大幅な変更を加え、1970年に「ジムニー」として世に送り出した。

悪路走破性を高めるラダーフレームの骨格に、前後リーフリジット式サスペンション、低速と高速を切り替えるトランスファーの採用など、軽自動車とは思えない本格的な機能が与えられ、最大登坂能力を27.5度とした。

4代目となる現行型は2018年に登場。2代目の途中でリーフスプリングからコイルスプリングへと変わったほか、現行型も急な坂道を一定速度で降りられるヒルディセントコントロール、衝突被害軽減ブレーキなど先進機能が備えられるようになったが、他社が2WD/4WDを自動で切り替えられるフルタイム4WDへ次々と移行する中、初代同様、手動で切り替えるパートタイム式4WDを採用している。

現行の4代目「ジムニー」。

そもそも初代ジムニーは土木や建設業、林業などの過酷な現場で活躍するプロの道具というポジショニングを念頭に開発された。このコンセプトは現在もブレることなく受け継がれているというわけだ。現行型も山間部や豪雪地帯での仕事、災害救助等のレスキュー活動などの現場で使用されている。

また、ジムニーならではの小回りの良さと走破性は、渓流釣りや林道走行を楽しむユーザーなどからも支持された。プロからモノにこだわるユーザーまで獲得していることも、初代から続くジムニーならではの伝統だ。

NEXT PAGE /

■スズキ エスクード

初代「エスクード」。

気軽に運転できる都市型SUVの元祖

1970年代のオイルショックのあと、1980年代に入るとアメリカの景気が回復。それに伴い日本にも好景気が訪れ、人々のレジャー志向が高まっていく。いすゞ「ビッグホーン」(1981年)、三菱「パジェロ」(1982年)、トヨタ「ハイラックスサーフ」(1983年)、日産「テラノ」(1986年)と、相次いでレジャー志向のクロカン4WDが登場した。

ただ、これらは当時の車の中ではどれも大型で(サーフとテラノは5ナンバーサイズで、今見ると小型だが)、街中で乗ることに抵抗を持つ人も多かった。

1984年にはダイハツが1Lエンジンを搭載するクロカンSUVの「タフト」をフルモデルチェンジし、「ラガー」として発売。「ラガー」はクロカンっぽい武骨なスタイルではなく、洗練された雰囲気を纏ったモデルとして登場。そこにぶつける形で、スズキは1.6Lという小型エンジンを搭載した「エスクード」を投入する。

3ドアで全長が3560mm、5ドアモデルでも全長3975mmと非常にコンパクトだったので「運転しやすい」と大ヒット。もちろん、デザイン性も高く評価された。

レジャーシーンはもちろん、街中でも扱いやすかったことから“ライトクロカン”と呼ばれるように。’90年代に入るとトヨタ「RAV4」やホンダ「CR-V」が登場し、ライトクロカンブームが沸き起こる。この流れがのちのクロスオーバーSUV、コンパクトSUV人気へと繋がっていった。

現在販売されている「エスクード」は通算4代目となるモデル。製造はハンガリーにあるマジャールスズキが担当し、日本に輸入されている。

初代はラダーフレーム構造+FRベースの4WDだったが、4代目からは乗用車と同様モノコック構造でFFベースの4WDに変わったことで、現在の主流であるクロスオーバーSUVらしい乗り味に。搭載エンジンは1.4Lターボで、「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4つのドライビングモードを設定できる4輪制御システム「オールグリップ」など最新機能が搭載されている。

 

「ランドクルーザー」「ジムニー」「エスクード」と、名作3モデルから日本のSUVの歴史を遡ってみた。

今やどの国内メーカーも力を入れ、選択肢が多すぎるぐらいのSUV。自分の好みはより源流に近い本格オフローダーか、’80年代以降に興隆したライトなクロスオーバー系か、SUV選びの一助になれば幸いである。

 
「SUV大国ニッポン」とは……
武骨で大型。輸入車のイメージが先行することも多いSUVだが、実は日本はSUV大国と言っても過言ではないほど、国産メーカーのSUVが充実している。日本の日本による、日本のためのSUV。今、知っておきたい国産SUVたちよ、集まれ!上に戻る

高橋 満=文

# SUV# エスクード# ジムニー# ランドクルーザー# 国産
更に読み込む