車のトリセツ Vol.9
2020.03.26
CAR

自称「バイエルンのエンジン屋」。世界のSUVブームを牽引するBMW

車のトリセツとは?

バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ(Bayerische Motoren Werke)。これがBMW社の正式名称だ。

社名は今も「バイエルンのエンジン屋」

日本語に訳すなら、バイエルンにあるエンジンを作る会社、といったところ。

ドイツで最も南のバイエルン州で、車ではなく、航空機のエンジンを作る会社として始まった。だからBMWのエンブレムには今も青い「空」と白い「雲」の中で「プロペラ」が回っているのだ。

写真の303が初めての完全オリジナルの車となる。搭載したエンジンは直列6気筒、また現在も続くキドニー(肝臓という意味)グリルもこの頃から備えられている

航空機時代に得意としたエンジンが直列6気筒だ。第一次世界大戦時にドイツの戦闘機もこのエンジンを載せていたが、敗戦国となり、一時家具を作るなど苦汁を飲む。その後バイクを作るようになると次第に車も手掛けるようになった。

1926年に再び航空機のエンジン製作が許されたが、第二次世界大戦で再び敗戦国に。しかも工場のあったアイゼナハ市が東ドイツに編入されてしまう。

工場も資金もない中、最初は戦前の直列6気筒を載せた大型車を販売するが、商業的に失敗。一時は倒産寸前まで追い込まれる。

資金の乏しかった頃、イタリアのイソ社と提携して同社のイセッタを改良して販売し、糊口を凌いだ時期もあった。

そんな苦境を打破したのが、大型車と小型車の中間クラス、同社が「ニュー クラス(ドイツ語でノイエ・クラッセ)」と呼んでいた、4ドアセダンの1500シリーズだ。

これが人気を集めると、同シリーズよりコンパクトな2ドアクーペ、今も人気のある「02(マルニ)」こと2002シリーズも開発。2002はレースにも参戦したことで一気に人気車に上り詰めていった。

戦後同社の再建に大きく貢献したのが1500シリーズ。搭載したのは直列6気筒ではなく、同じく昔から作っていて同社としては得意だった直列4気筒だ。

その後1500シリーズは、後継モデルで直列6気筒を復活させ、現在の5シリーズや7シリーズへと繋がっていく。また2002シリーズは現在の3シリーズの祖となった。今ではイギリスのロールス・ロイスとミニを傘下に置く企業グループへと成長している。

同社のキャッチコピーは「駆け抜ける歓び」だ。

正確なハンドリングを実現する足回りなど、世界中の車好きを唸らせる幾多の技術が「駆け抜ける歓び」を支えているわけだが、まるで絹のように滑らかに回るさまが「シルキーシックス」と評された直列6気筒をはじめ、気筒数を問わず滑らかに回る同社のエンジンが、その歩みの根底にあるといっても過言ではないだろう。

2002シリーズは、初登場のレースで当時の絶対王者だったポルシェ911を破り、さらに翌年は航空機の技術をフィードバックしたターボを搭載した車でレースを席捲した。そのターボエンジンを積んだ市販バージョンが2002ターボだ。
NEXT PAGE /

BMWが牽引した!? 現在のSUVブーム

北米でSUV人気に火が付き始めた2000年頃に、BMWがアメリカ市場向けに投入したのが、同社初のSUVであるX5だ。

ただし同社では最初から現在に至るまで、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)ではなくSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と呼んでいる。

初代X5。乗用車ベースのSUVとして人気を得て、現在に至るSUVブームを牽引したと言われる。

ジープ・チェロキーをはじめ、ピックアップトラックベースのSUVが当たり前だった当時、ピックアップトラックを持たないBMWは必然的に乗用車(X5は5シリーズ)をベースにSUVを開発する。

そのため、まさにセダン同様の乗り心地や操作性を実現。ほかにはないその魅力から一気に人気車となり、その後他社も慌てて乗用車ベースのSUVを開発を行った。

先駆者としての矜持か、その後も同社はライバルたちの先を行くかのように、クーペスタイルのX6やX4、さらに高性能スポーツモデルであるMモデル(X5Mほか)も投入するなど、今もSUVの最先端を駆け抜けている。

NEXT PAGE /

[現在の主な車種]

・1シリーズ

2019年のフルモデルチェンジで、セダンと同じFRからFF化された1シリーズ。FFになってもBMWらしさを十分表現している。現在のラインナップはFFの1.5Lターボ(7速AT)と4WDの2Lターボ(8速AT)。

ボトムレンジながら、細い行き止まり迷い込んだときに便利な、直近50mの軌跡通りに自動で後退できる機能や、AIアシスタント機能を全車に装備する。

 

・3シリーズ

名車2002を祖に持つスポーツセダン。2019年登場の現行型のパワートレインは、チューニングの異なる2種類の2Lターボと2Lディーゼルターボ、プラグインハイブリッド、3Lターボがある。

トランスミッションはいずれも8速ATで、2Lディーゼルターボと3Lターボは4WD車だ。「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」や、先進安全機能で使うカメラがドライブレコーダー機能も備えている。

 

・X5

5シリーズセダンをベースに高い視線と、タテに広い居室空間を実現したX5現在も同社の人気車種。現行型は2019年に日本デビュー。全長は4935mmで全幅は2mを超えた(2005mm)。

3Lディーゼルターボ車とプラグインハイブリッド、4.4LのV8ツインターボ車があり、V8モデルは0-100km/hが4.3秒とスポーツカー並みの加速性能だ。またプラグインハイブリッドは140km/hまでの範囲でEV走行が可能。3シリーズ同様、ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能が備わる。

 

・8シリーズ

14年ぶりに復活した同社の最高峰ラグジュアリークーペ。日本デビューは2018年。構造部にカーボン素材を、ボディパネルにアルミを用いて軽量&高剛性化が図られている。

4.4LのV8ツインターボ、または3Lディーゼルターボに8速ATと4WDが組み合わされる。電子制御化された足回りは、正確なハンドリングと胸のすくコーナリング、高速道路での心地良いクルージング性能を提供してくれる。クーペのほかにカブリオレと、4ドアのグランクーペもある。

 

・i3

“エンジン屋”が作った電気自動車がi3。欧米のライバル勢よりも早く、2013年に日本デビューした。後輪近くに配置されたモーターが後輪を回すRRレイアウトとなる。

観音開きのドアが特徴的で、バッテリーはキャビン下に敷きつめられた。2019年にバッテリーを一新し、満充電での走行距離では360km、電池切れの際に2気筒エンジンが働くレンジエクステンダー仕様は466km。アクセルを踏み込めば味わえる強烈な加速感は、「駆け抜ける歓び」も十分だ。

車のトリセツとは?
走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。
上に戻る

籠島康弘=文

# BMW# トリセツ#
更に読み込む