みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.90
2020.03.01
CAR

「アウディA1 vs BMW 1シリーズ」ドイツ車プレミアムコンパクトカー対決!

少なくなるほど豊かになる。と言ったのはミニマリズムの権化にしてバウハウス3代目校長のミース・ファン・デル・ローエ。必要最小限の装飾、無駄を省くことで見えてくる、そのもの本来の魅力。その言葉は車にも当てはまるだろう。

大は小を兼ねる時代は終わったのだ。取り回しのしやすいコンパクトなボディに詰まった、魅力的な数々の最先端機能。小さいだけでもないし、過剰なわけでもない。自分のライフスタイルにフィットしていることが何より重要なのだ。家族や仲間と、もしくはひとりでも、安心・安全で楽しいドライブフィール。豊かなカーライフは、そういったところに感じられるはずだ。

デル・ローエの生誕の地、ドイツが誇るアウディとBMWの最スモールカー、A1と1シリーズ。フルモデルチェンジが果たされた、この2台はその好例なのだ。

 

AUDI A1 Sportback アウディ A1 スポーツバック

AUDI A1 Sportback アウディ A1 スポーツバック

ボディサイズ:全長4040×全幅1740×全高1435mm
総排気量:1494cc
燃費:15.6km/L(WLTCモード) 乗車定員:5名
価格:365万円〜

フォルクスワーゲンのスモールカー、ポロとプラットフォームを共有し、2010年に初代が登場。2代目となるこちらも最新型のポロとプラットフォームを共有。デザインは1984年に登場したアウディの名車、スポーツクワトロのディテールが取り入れられている。導入モデルは、35 TFSI アドバンスド(365万円)と35 TFSI Sライン(391万円)の2つだが、今回は限定のオプションを装備したファースト エディションモデルを試乗。

2003-196
2003196_02_IMG_4715
レザーのスリースポークスのステアリングホイールにはマルチファンクションボタンが備わり、さまざまな機能をここで操作することができる。センターの10.1インチのタッチスクリーンを備えたカーナビゲーションは運転席のほうへ向いていて、視認しやすい。シフトノブ前にはワイヤレス充電器がある。
2003196_03_IMG_4726
ステアリング正面に設けられた10.25インチのカラー液晶フルデジタルディスプレイは、スピードメーター、タコメーター、マップ表示、ラジオなどメディア情報をフレキシブルに表示する。
2003196_04_IMG_4733
先代に比べホイールベースが90mm延びたことで、室内空間が広くなり、特に後席の足元に余裕ができた。手動調整式のシートは、アドバンスドはファブリックのみ。サイドサポートがついたSラインは布×革のコンビとなる。オールレザーの設定は今のところない。
2003196_05_IMG_4708
ラゲッジスペースは先代に比べて65L増量した。6:4分割可倒式のリアシートを倒せば最大で1090Lの収納スペースが生まれる。
2003196_02_IMG_4715
2003196_03_IMG_4726
2003196_04_IMG_4733
2003196_05_IMG_4708

「神は細部に宿る」を徹底した新型A1が車の価値観を変える

2019年11月に日本で販売が開始された2代目アウディ A1。筆者はこの車の初代3ドアモデルに乗っていた。

私の初代A1は全長3.9mのコンパクトなボディに、内装はシックなブラックレザー、当時のA8同等の最新技術を備えた、小さな高級車として、今もって欲しいと思える車である。残念ながら、第二子の誕生によって(3ドアでチャイルドシートに子供2人を乗せるのがひと苦労だった)、ひと回り大きなA3へと買い替えるにいたったのだが。

さて、今回のモデルチェンジで大きく変わったのは車の根幹を成すプラットフォームが刷新されたことにより、ボディが4mを少し超え、またタイヤを車体のできるだけ隅に置くことで車内が広くなった点にある。5ドアのみの設定だから以前の私のような思いをせずに、家族4人の幸せが得られるのはうれしいポイントだ。

エクステリアデザインで目を惹くのはフロント中央ボンネット下のスリット。実際に通気はさせないが、何とも凝った形状だ。フロントグリルの3分割のデザインは往年の名車、アウディ スポーツクワトロへのオマージュだという。こんな小さな車にここまでやるか!? と驚かされる細工が随所に見受けられる。

「神は細部に宿る」を徹底した新型A1がクルマの価値観を変える/アウディ A1 スポーツバック  

ところで、初代のキャッチコピーは自分の価値観を大切にする、高い審美眼を持つユーザーを想定した「アーバンエゴイスト」だった。一方、新型は「この世のすべてを楽しみつくせ」。さらに「仕事とか遊びとか、分けてる暇なんかない。まあまあとか、こんなもんでしょとかじゃ終われない。だれのものでもない。この私、最高の自分でいないと意味なんかない」と続く。

本当に価値観が多様化しているように思う今日この頃。そんな時代だからこそ、公序良俗に反しない範囲で自分らしさを見つめ続けることが大事だと思う。トレンドに左右されず、でも意固地にならず。時代の流れにしなやかに身を踊らせることができれば、と願う。車の大小でヒエラルキーを語る時代はとうに終わっている。小さくなるほど繊細にそのものを感じようとする心の動きに、このアウディA1は気付かせてくれるのだ。

A1はアウディのエントリーモデルに位置するが決して安い買い物ではない。そこにどんな価値観を見いだせるかが、貴兄の個性を証明する。眺めて、触って、走らせれば、この小さな車の価値や貴兄の至福がどこにあるかがわかるはずだ。

NEXT PAGE /

BMW 1 Series BMW 1シリーズ

BMW 1 Series BMW 1シリーズ

ボディサイズ:全長4335×全幅1800×全高1465mm
総排気量:1499cc
燃費:13.7km/L(WLTCモード) 乗車定員:5名
価格:334万円〜

初代は2004年、2代目は’11年に登場し、今回3代目へとバトンタッチ。BMWグループに属するMINIのプラットフォームを進化させたものを採用し、FRからFF仕様に変貌を遂げた。現在のラインナップは、ベーシックな118i(334万円)、装備を豪華にした118i Play(375万円)、スポーティな118i M Sports(413万円)、四輪駆動で306PSを誇るハイパフォーマンスのM135i xDrive(630万円)がある。

2003-196
2003196_10_IMG_4659
ステアリング正面には5.1インチの液晶型メーターパネル、センターコンソール上部には8.8インチのコントロールディスプレイを標準装備。オプションのiDriveナビゲーション・パッケージ(24万9000円)を加えると10.25インチのディスプレイとなり、さらにAI音声会話システムなどが使用可能となる。
2003196_11_IMG_4674
トランスミッションは7速DCTで、スポーツ/コンフォート/エコプロのモード切り替えができる。それぞれのモードで好みの仕様に調整も可能だ。
2003196_12_IMG_4686
前輪駆動の恩恵で車内は広くなった。オプションのハイライン・パッケージ(25万円)をオーダーすれば電動&ヒーティング機能(前席のみ)がついたレザーのシートとなる。
2003196_13_IMG_4684
トランク容量は380Lで、リアシートを倒せば最大1200Lとなる。4:2:4分割で倒せる後席の、中央部分のみを倒せば長尺物を収納しやすく、また車内から荷室へのエントリーもしやすい。テールゲートのオートマティック開閉機能はオプションとなる(6万8000円)。
2003196_10_IMG_4659
2003196_11_IMG_4674
2003196_12_IMG_4686
2003196_13_IMG_4684

エレガンスなデザインとハイテク搭載で街の景色に灯りを照らす

3代目となるBMW 1シリーズの白眉は駆動方式の変更によりもたらされた実用性の高さにある。前モデルまでは、後輪駆動だったが、前輪駆動に変わって室内が広くなったのである。

BMWといえば後輪駆動がもたらす“駆け抜ける歓び”が真骨頂であるけれど、新型の1シリーズは前輪駆動となり、ブランドが掲げる“歓び”のスローガンを捨ててしまったのか?と“ビーエムファン”ならずとも思うことだろう。しかし答えは「NO」だ。やっぱり走って楽しい。数m走らせただけでわかる重厚なステアリングの気持ちのいい感触、狙いとおりにアクセルとステアリングの操作でレーンをトレースできる。いい機械を動かしているゼ、と思える感触がそこにはちゃんとあった。

「うちの車は天才なのだ」と日本における1シリーズの広告は謳う。35km/h以下の走行時に、直近50mのドライビングルートを自動的に記憶し、そのルートをそのまま後進する手助けをしてくれる「リバース・アシスト」や、縦列駐車をサポートする「パーキング・アシスト」、上級モデルである8や3シリーズに搭載されている音声による呼びかけで車両の操作や情報へのアクセスが可能な「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」などが天才と謳う所以だ。

エレガンスなデザインとハイテク搭載で街の景色に灯りを照らす/BMW 1シリーズ

これらハイテクを盛りだくさんに搭載した理由に、BMWはフォルクスワーゲン ゴルフやメルセデス・ベンツ Aクラスなど、群雄割拠なプレミアムコンパクトカー市場で、絶対に負けられない戦いを挑んでいるからというのがある。それが前輪駆動の採用というドラスティックな変更に始まり、微に入り細をうがったテクノロジーを投入し、しまいにはCMに「天才バカボン」までを引っ張り出してアピールする。

ところで、私事で恐縮だが、プライベートではひと世代古いアウディ A3に乗っている。だから比べる隙もなく、新しい1シリーズがいい、と乗ってすぐにわかった。「悲しいけどこれ事実なのよね」とアニメ「機動戦士ガンダム」のスレッガー・ロウのごとく呟いてしまった。

このクラスのベンチマークであるフォルクスワーゲン ゴルフの8世代目が日本上陸間近だ。この超優等生に対し、新型1シリーズはハイテク武装をし、さらにはスリムなヘッドライト、グリルやサイドウインドーなど数々のフレームを光沢仕上げにし、エレガンスなデザインで街の景色に灯りを照らす。新たなる駆け抜ける歓びを体現する、快作だ。

 

平井敬治=写真 荻山 尚=編集・文

# BMW# アウディ# コンパクトカー#
更に読み込む