車のトリセツ Vol.7
2020.02.22
CAR

“悪魔からエンジンを調達した”フィアットが、世界の巨人に至るまで

車のトリセツ●走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。

トリノの小さな自動車メーカーからイタリアの巨人へ

フィアットというとパンダや500(チンクエチェント)など、イタリアの小型車メーカー、というイメージしかない人もいるだろう。

今でも世界中に多くのファンを持つ「NUOVA 500」。

しかし実は、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)というグループを主導する企業で、傘下にはクライスラーのほかにアルファロメオ、ランチア、マセラティ、ジープ、ダッチなどを持つ。さらにグループ内には電車や航空機、金融、新聞・出版、原子力や宇宙開発企業もあるという、一大コングロマリットでもあるのだ。

そのイタリアを代表する超巨大企業グループの第一歩は、ジョヴァンニ・アニェッリら9名が1899年に興した自動車メーカー、フィアットから始まっている。

フィアットの創業者であるジョヴァンニ・アニェッリ。

社名のFIAT(フィアット)はFabbrica Italiana Automobili Torinoの略で「トリノのイタリア自動車製造所」という意味だ。その後アニェッリの率いるフィアットは瞬く間にイタリアを代表するメーカーに成長し、今やアニェッリ家はイタリア随一の財閥家と言われ、大きな影響力を持つ。

ちなみに同家が実質所有しているサッカーの名門ユベントスFCの現在のユニホームの胸には「JEEP」のロゴが入っている。

1924年、速度挑戦用に航空機エンジン(2万1706cc直列6気筒)を載せて開発されたモデル。当時の世界最高速234.98 km/hを記録した。「悪魔からエンジンを調達した」という意味でメフィストフェレスのあだ名が付けられた。
NEXT PAGE /

初代チンクエチェントは「はつかねずみ」

創業以降フィアットは次々とニューモデルを開発、またアメリカへの輸入やオーストリアでの販売拠点開設など、当初から積極的に海外展開も進めた。さらに船舶や航空機用エンジン開発にも取り組んだ結果、1914年に第一世界大戦が始まった頃には、自社製品を陸・海・空軍すべてに提供できるほどの大企業に成長していた。

戦争特需で得た利益をもとに戦後も積極的に新型車を投入。なかでも1936年に登場した、2人乗りのミニマムカー「500」は大成功を収めた。イタリア語で500は「チンクエチェント」と読むが、初代はそれとは別に「トポリーノ(はつかねずみ)」の愛称で呼ばれていた。

500(チンクエチェント)
全長3215mmで569ccエンジンを搭載した初代500(トポリーノ)。エンジンを前に積んで後輪を駆動させる、オーソドックスなFR方式を採用。

第二次世界大戦では敗戦国となったイタリアだが、フィアットは終戦後急速に業績を回復していく。戦後間もないイタリアで人気だったのはヴェスパなどのスクーターだ。そこで同社は1957年にスクーターから乗り替えてもらえるような安価な小型車、2代目「500」をデビューさせる。

戦前のモデルと区別するため「ヌオーバ・チンクエチェント(NUOVA 500)」、つまり“新500”と呼ばれたこちらは、世界中で大ヒットし、フィアットの知名度を一気に上げたロングセラーモデルとなった。

「NUOVA 500」。日本ではアニメ『ルパン三世』でルパンが乗る愛車として、また映画『グラン・ブルー』でジャン・レノが演じたエンゾが体を屈めながら乗っていて知ったという方は多いのではないだろうか。

簡素な空冷2気筒エンジンをリアに積み、後輪を駆動させるRR方式を採用して広い空間を確保。2人乗りのトポリーノよりも短い、3mを切る全長にも関わらず、4人乗りを実現した。また室内にエンジン音が籠もらないよう、ルーフにキャンバストップを設けた。「エンジン音がうるさいと感じたら、屋根を開けて走れば気になりませんよ」というわけだ。

スクーターほどではないにせよ、3mに届かないコンパクトカーだから狭い道を駆け抜けやすく、駐車もしやすい。しかもこの愛くるしいデザイン。NUOVA 500はスクーターを抑えイタリアの国民車として大人気となり、1977年まで約20年間生産された。

NEXT PAGE /

ジウジアーロの最高傑作、パンダ

NUOVA 500の後継モデルとして1976年に126が登場。その126の後継モデルが1980年にデビューした「パンダ」だ。エンジンを前に置き前輪を駆動させるFF方式で室内の広さを確保したこの車をデザインしたのは、プロダクトデザイン界の巨匠ジウジアーロ。

初代パンダ
初代パンダ。その名の由来はボディの下半分がグレーで、白いボディだと動物のパンダに似ているからと言われている。

RRのNUOVA 500や126とは異なり、エンジンを前に置き前輪を駆動させるFF方式を採用して広々とした室内空間を確保。

手が届きやすい価格の大衆車は、得てしてチープに見えがちだ。ところがジウジアーロは「コスト削減」の方法を工夫することで、斬新なデザインや快適性を実現したのだ。例えばフロントウインドウを含むすべての窓ガラスを平面で構成した。曲面のガラスよりもコストを削減できるだけでなく、唯一無二のスッキリとしたスクエアデザインを作りあげた。

インテリアでは一般的なダッシュボードではなく、ハンドルから左右にパイプを伸ばしてそこに布を張り、大きなポケット状とした。そのほうがコストを抑えられるのはもちろん、車内の左右に伸びる大きなポケットはデザイン的にシンプルだし、荷物のカタチを問わずガンガン投げ込みやすくて実用的。

フロントシートはフレームに布を貼ったハンモック状に。当然クッションがないからコストを抑えられるが、座り心地は十分快適。このようにコスト削減を逆手にとって、ほかの車にはない工夫で、パンダを大衆車として一気に人気者へと仕立て上げた。

また、オーストリアの軍用車メーカーであるシュタイヤ・プフ社と共同開発した4WDモデルの「4×4」もラインナップした。

 

映画『フォードvsフェラーリ』で描かれた、フェラーリとの関係

同じイタリアの自動車メーカーであるフェラーリとの関係にも少し触れておきたい。経営困難に陥ったフェラーリは、フォードによる買収騒動(映画『フォードvsフェラーリ』でも描かれた)を経たあと、フィアットと提携してV型6気筒エンジンを開発。このエンジンをフィアットは「フィアット・ディーノ」に、フェラーリは「ディーノ・206/246(フェラーリ・ディーノ)」に載せて販売した。

フェラーリ・ディーノがシート後ろにエンジンを置くMR方式なのに対して、写真のフィアット・ディーノはフロントに置くFR方式。スパイダー(オープンカー)のデザインは名門カロッツェリアのピニンファリーナが担当。

これは当時フォーミュラ2レースのレギュレーションで、レース車に搭載するエンジンは年間500台以上生産された市販車のものを使うことが義務付けられていたからだ。フェラーリだけでこの台数をさばくのは難しく、フィアットに提携を持ちかけたというわけだ。ちなみにディーノとは夭折したフェラーリの創業者エンツォ・フェラーリの息子の名前だ。

その後さらに提携が進み、1968年にフェラーリはフィアット傘下に入った。2016年にフェラーリはグループから離脱独立するが、独立してもアニェッリ家が所有する投資会社が大株主となっている。

NEXT PAGE /

[現在の主な車種]

・500(チンクエチェント)

トポリーノから数えて3代目は2007年に登場。4人乗りでハッチバックとカブリオレがある。1.2Lと0.9Lエンジンがあり、AT免許でも乗れる2ペダルの5速MTが組み合わされる。

さまざまブランドや企業のファンも多く、たびたび特別仕様車が発売され、かつてはディーゼルやグッチとのコラボモデルもあった。2020年2月に本国でマイルドハイブリッドモデルが登場するなどまだまだ現役だ。

 

・パンダ

現在は3代目。日本デビューは2013年だ。0.9Lエンジンに2ペダルの5速MTが組み合わされる。4WDでMTを積む「4×4」もたびたび特別仕様車として販売されている。

500よりほんのわずかに大きい5人乗りだが、それでも全長3665mmしかないコンパクトサイズで、衝突被害軽減ブレーキを標準装備。現在オーシャンズでも2代目パンダを世界一遊べるToy carとしてカスタム中だ。

 

籠島康弘=文

# トリセツ# フィアット#
更に読み込む